スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

●本日仔猫を迎えました

IMG_0001_2_20151108000731849.jpg



力丸が荼毘に付されたから丁度一週間の本日、
写真の仔猫ちゃんをさいたま市の
動物愛護ふれあいセンターから譲渡していただきました



力丸が亡くなる、ひと月ほど前から
お願いをしておりました



超長文ですが、犬猫の殺処分などに反対する方は
是非お読みいただければ幸いです



5月にサリーを医療ミスで亡くし...その悲しみが
癒えてきたころから、徐々に去年のように
仔猫の里親さがしボランティアをしたいとおもって
おりまして.....。何件か依頼をいただいたのですが
張り切って、哺乳瓶やミルクを準備し、お迎えに行く直前に、
なぜか別の里親さんが決まるということが つづきまして.....



ならば、自分としては、中々扉を開けられなかった
動物愛護ふれあいセンターで保護されている
猫ちゃんの、「預かりさん」になって「里親さん」を
さがそうと、決めたのです。
一匹しか救ってあげられないのは、心苦しいですが...



そのひと月前当時、私は、
ふれあいセンターで保護ざれ、インターネットで
公示されている犬や猫は、公示期限が切れると
すぐに殺処分されるものと、思いこんでいました



なので、一番小さいく、ひとりぼっちで保護された
ねこちゃんを預からせてもらおうと、もう、公示期限が
明日にせまっていたので、あわてて電話をしました
(ちなみに、公示といっても、小さな捨て猫は
写真の掲載はなく、「茶白♀生後三週間くらい」 というような記述しかありません)



そこで、私ははじめて、ふれあいセンターから
犬や猫を譲渡する仕組みを知りました



まず、安堵したのは、
公示日が過ぎても、さいたま市では
すぐ殺処分はしないということです。



ふれあいセンターで公示中に引き取り手や
飼い主が現れない場合は、引き続き保護し
病気や怪我をしている動物は治療をし
また、生後まもない仔猫はしっかりと育てられます



そして、ふれあいセンターで譲渡会をひらき
里親さん探しをしてもらうことができます



でも残念ながら、攻撃的な性格の犬猫や
病気のある子は「殺処分」という運命をたどることには
かわらないのですが....本当に悲しいことです


IMG_0002_1_2015110800072996d.jpg


そして、私のように譲渡を希望する場合...

まず、小さな仔猫は生後一か月以上体重が400gになり
病気に対するワクチン接種をしてから初めて
譲渡希望者に譲渡されます


IMG_0003_20151108000730b12.jpg


譲渡希望者の方も、ふれあいセンターの
「ねこ(犬)の譲渡講習会」を受講し
ふれあいセンターからの数々の条件の
譲渡誓約書にサインしてはじめて里親になること
ができます


こんな、しっかりしたシステムがあることと に感心しました。


そして力丸の葬儀がおわって三日後にご連絡を
いただき、今日のお迎えの日を迎えました


ふれあいセンターに行くのは初めての経験でした
やはり、薄暗いところに不幸なワンちゃんやネコちゃん
が収容されていたら....と思うと明るい気持ちには なれませんでした


実際は非常に明るく、清潔な施設で、驚いたのは
大変若くかわいらしい女性が、猫ちゃんたちの お世話をされていたこと....


最初の電話からずっと担当してくださった
女性獣医師さんは、本日急用がありお休みだったの
ですが、なんとも心温まるお手紙を添えてくださいました
そこには、この猫ちゃんの、センターにやってきた経緯
とても痩せてノミだからけだったことなと書かれており
最後に、私への、仔猫預かりのお礼で しめくくられておりました


IMG_0001_3_20151108000728fbd.jpg


正直、ぐーーっと来てしまいました

様々な手続きが終了し、いよいよ
引き取るとき...私が、こんなに大事にしていただき
ありがとう、やっぱり手放すのは寂しいでしょう?
と伺うと....
「手塩にかけて育てた子ですから...」
とおっしゃいました

あーー、ほんとに動物愛護ふれあいセンターの
認識を間違っていました。
ここに収容される犬猫はとても悲しい運命にある
ことは違いないけれど、動物をいつくしみあいする
職員さんに大切にされていたことが、身に染みて
わかりました

そんな職員さんたちにとって、
お世話をしてきた動物たちを「殺処分」しなければ
ならないことは、どんなにつらいことでしょう

私は、今回、この猫ちゃんを飼うためではなくて
里親を探す目的でお預かりしましたが、本当に大切にして
役目を果たそうと決めました

というわけで、まだ名のない彼女(生後1~2ケ月♀)
里親さん募集いたします。
11月15日には、大きな譲渡会にも参加します
また徐々にこの猫ちゃんの写真等ご紹介させてくださいませ

00:10 | おいしいおはなし | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
●リリーちゃんについて..... | top | ●力丸をお見送りしました

comments

#
むちゃくちゃ別嬪さんのニャンコちゃん!!
きっと、きっと、ステキな飼い主さんに巡り合えますね!!
動物センターで働く職員さん、ほんとに頭が下がります。人並み以上に動物好きでありながら、殺処分されるコを見送らなければならないなんて・・・
その精神力に、心から敬意を表します。
今なお、殺処分数が万の単位だなんて・・・
Mumちゃんさん | 2015/11/08 22:05 | URL [編集] | page top↑
# リスペクトでし
本当にもぉ~
涙が出るくらいkyokoさんはすごい
気持ちはあってもなかなかできないだよ
おじさんも
何か出来ることを行動しなくちゃ

殺処分が0とか0に近い自治体
熊本市や神奈川県や札幌市のように
頑張れば出来るんだよね

ネットでは
可愛いワンニャンの写真や動画がアップされて
ファンは増えてると思うんだ
だから
殺処分のことにも目を向けて欲しいよ
田舎うどんさん | 2015/11/09 20:52 | URL [編集] | page top↑
#
●まむちゃん
●いなかうどんさん

実は、こんなえらそうなこと書いて
おきながら、どうしても手放すことができなくて
我が家の猫ちゃんとなりましたーー
ぽりぽりぽりぽり...

おへんじおくれてごめんね( ;∀;)
Kyoko007さん | 2015/11/19 15:57 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sany007.blog106.fc2.com/tb.php/2209-6580b333
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。