スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

●大宮氷川参道「BIS」のチキンカレー

bis201409 (2)


ひとつの喫茶店が、記憶の彼方の自分を
映し出す鏡のように存在してくれている


そんなお店が、いつの時代も変わらずに
並木道の、木漏れ日あふれる参道沿いにひっそりと
たたずみ、いつの時でも、私を迎えてくれる


これって、幸せです



大宮氷川参道にたたずむ、喫茶店 BIS


は、そんなお店、あえて喫茶店と呼ばせてください
なにしろ27年前からうかがっていて、その頃は、やっぱり喫茶店って呼んでたからね


bis201409 (13)



前回の記事を読んでも、すでになつかしい...


BISの扉をあけると、かわらない、今は白髪のマスターが


いらっしゃいませ 


と迎えてくれる


ほっとするなーー


ほとんどひとりでうかがうので、いつもの大テーブルの一角に腰かけ
店内をながめる


bis201409 (4)


左手のショップ


bis201409 (3)


正面のカウンター
私の座った席には、何人のお客さんが腰かけたのだろう
背もたれのペイントはちょっと剥げているけど、古さは感じないんだよね



bis201409 (5)



知らないすてきな本や雑誌にも出会える.......のも楽しみのひとつ



だから、ひとりで来るのが好き



注文はきまっています。



チキンカレー 



「いつものですね」なんて聞かない距離感っていうのも、
BISだからですね。妙に幅を利かせてる常連さんがいないのも
お店が永く続いている、理由のひとつだとおもいます



bis201409 (8)



適切量と新鮮サラダ
改めてちゃんとしてるとおもった


bis201409 (7)


そして チキンカレー がくる


あ、お皿が変わった!


bis201409 (6)


お皿はかわっても、27年かわらないチキンカレー


一口目、もうちょっと塩気が欲しいかも? って思うんだけど
絶妙な辛さと酸味、スパイス感が食べすすむにつれ
ストンといい感じにおなかに収まるの
で、スパイスの力で午後からの元気がもらえるような、さわやかな
チキンカレーであります


しみじみ おいしいなー


ほとんど、余計な会話をせず、帰るのですが
お客さんがいらっしゃらなかったので、思い切ってお声かけしました



「ごちそうさまです、おいしかった
    開店して、もう30年くらいになりますか?」



30年は経っておらず、27.8年だそうです
私が、BISさんに最初にうかがったのが、27年前です。というと
それではOPEN直後だと思います。とのお答え


この所、そんなお客さんが多いんだそうです
「学生時代、付き合っていた彼女と良く来ていました
      その彼女と結婚して、今は家庭をもってるんです」


とか...


実は私もその一人ですねー
当時おつきあいしていたカレと良く来ておりました
その後結婚し、娘をつれて訪れたことも数度。
パートナーは変わりましたけど.....(笑)



bis201409 (11)


手つくりカボチャプリンと、マスターが入れてくれた
大変おいしいアイスコーヒーをいただきながら


27年間、ほとんど会話をしたことがなかった
マスターとそんなお話をしました



bis201409 (12)


カレーのお皿の他に変わったことは
このキーボードの存在


「昔からほとんどかわっていません
 かわったことといえば、ジャズライブをやるようになったことです」


だそうです


こんどライブにいこう...


マスターと、厨房でおいしいカレーをつくっている奥様に
あらためて感謝です


BISの前回の記事 からすでに5年が経っているんですが
「コンディションが悪いときは、うかがえない」って書いてるんです
ほー、若かったんだね。たぶん、今だったら、ちょっと落ち込んだりした
ときでも、BISさんの空間にひたれば癒されそうだもの


過去の自分の書いた文章を読むのも、おもしろいな。
このブログも8年目。
偶然ですがこの記事が丁度、2000記事目でした。
私も、時代がかわっても、こつこつ、「日記」のように記事を残していきたいな....


ひさしぶりに覗いたら 「あ、この人、まだブログやってるよ!」


みたいな....


ビス




関連ランキング:バー | 大宮駅



05:10 | さいたま・大宮区3 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑
●京都・宇治市「三よしや」の鶏なんば | top | ●桔梗屋の信玄棒 

comments

#
いいお店ですね。
カフェと呼んでも違和感がない、シンプルなオサレさがあります。
ワタシの中の喫茶店は、昭和臭がただようお店(笑)よくも、悪くもねぇ
27年かぁ~昭和の終わり頃~
人との距離の取り方がうまい方なんだろうなぁ
Mumちゃんさん | 2014/10/03 12:43 | URL [編集] | page top↑
#
いいね、そんなお店
この頃ブログをやってて良かったと思うことが多くて
食べる事の思い出ってつきないね
としみじみ
John.Johnさん | 2014/10/03 14:16 | URL [編集] | page top↑
#
3年ほど前から、kyokoさんのブログを楽しみに読んでます
初めてコメントします

私も、四半世紀ぶりに訪ねたお店があります。練馬のキリーというフレンチレストランです
年を重ねても変わらない空間、いいですよね

すてきな記事に癒されました
抹茶さん | 2014/10/03 18:20 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんはぁ。

BISさん、Kyokoさんのブログで拝見してとっても行きたくなって伺いました。
その記事が5年前なんですね〜。

落ち着いたいいお店ですよね。
新都心から周りを眺めながら歩いて行きました。
ぺるしゃんさん | 2014/10/03 22:07 | URL [編集] | page top↑
#
●まむちゃん
 まー、まちがいなく今ならカフェといいますよね
 当時はカフェバーはあったが、カフェって言葉
 あんまりつかわなかった(笑)

●JJちゃん
 ブログやっていてよかったよね、
 なにより、みんなに逢えたし。
 食べ物の思い出はつきない(笑)

●ぺるちゃんn
 行かれたのねーー5年前
 えー、前行ったのが5年前ってまじあせる。
 ほんとにマスターと奥様には元気でいていただき
 ずっとおいしいカレーを食べさせてほしいです
Kyoko007さん | 2014/10/04 08:02 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sany007.blog106.fc2.com/tb.php/2000-c7c113c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。