●山形赤湯温泉「龍上海本店」の赤湯からみそラーメン

yushanhai (14)


間が空いてしまいましたが..
5月山形最後のごはんは、この旅のメインイベント


龍上海赤湯本店に行く
今度こそ、行列に並んで赤湯辛みそラーメンを食べる


を実現させました (おおげさ)

私からしたらば、こどものころから数え、30年以上も龍上海本店でラーメン
を食べたかった。

でも、できなかったのです。

それは、ここにも書いた叔母の存在。
山形という地は、知る人ぞ知るラーメンを日本で一番食べる県民
山形へ帰省した折には、当然のごとく「ラーメンでも」ということになるの
ですが、赤,湯一有名な龍上海に行こう。と誰かが言うと、必ず


龍上海なんて、たいすて、
   おいすくねぇべすたーー



と、ズーズー弁にて断固拒否。


毎回帰省するとこのやりとりが繰り広げられるので
いつしか、私の頭の中に...


龍上海 = 赤湯で一番有名 = たいしておいしくない


という「すりこみ」が出来上がったのです


しかし、山形の片田舎、ひなびた温泉街である赤湯の龍上海は
2005年、新横浜ラーメン博物館に華々しく登場します
「たいしておいしくねーべすた」な、はずなのに...


実はこの年、私はラー博を訪れました。しかしながら、当時のラー博は
今よりずっと混雑していた上、新店龍上海は長蛇の列。
仕事仲間といっしょだったこともあり、断念。


そして、「たいしておいしくねーべすた」なはずの龍上海は
押しも押されぬラー博不動の人気店になるのを目の当たりにするに至り


叔母の言った、たいしておいしくねーべすた は 誤り であり


龍上海の赤湯からみそラーメンは
        一度は食べておくべき一杯であると



40数年の月日を経て、ようやく「子供時代のすりこみ」を捨てるに至ったのです

そして月日は流れ、このブログを始めてしばらくした09年11月、
私は初めて龍上海赤湯本店を訪れる機会を得ました。
しかし、またしても長蛇の列を前に、持ち前の「へたれ」な性格ゆえに断念
そのときの記事はこちらであります


そして、さらに3年後の平成12年、私は新横浜ラーメン博物館にて
初めて龍上海の赤湯辛みそラーメンを食するにいたりました
龍上海の名を知ったもの心つくかつかないかの幼児の時代以来
40年は経っているのではなかったでしょうか? 長かったーー。
その時の記事はこちらでございます


念願の赤湯辛みそラーメンは
    期待を裏切らないおいしさだったのです



以後、折に触れラー博に寄っては、龍上海の辛みそラーメンは食べており
必ずお土産の箱ラーメンも、最低3箱は購入!
そしてセブン&アイホールディングスに、龍上海のカップラーメンがあると
効けば、速攻ネットで箱買い!


こよなく龍上海の赤湯辛みそラーメンを愛する私の様子をみた父が.


そんなに龍上海が好きなら、
            こんど山形に食べに行こう!



と声を上げ、今回の旅行が実現したのです。
ですので私にとっては、喜多方ラーメンも、米沢牛も、あくまで前哨戦です


なんつったって、龍上海赤湯本店の行列はすんごいですからっ


IMG_3045_20120228010306_2014091316140397c.jpg


↑は09年、旧店舗時代の、私が最後尾に並んで1分でギブした行列


さてさて、前置きが異常に長くなりましたが、
    ここからが念願の龍上海赤湯本店実食編



今回は朝一番で並ぶ心つもりで、前日から店舗前を通っては行列具合を
チェック、日曜日の午後3時半で35人は並んでおりました。


そして、当日....
なつかしのこのお散歩の最中も、正直、行列のことが気になって気になって...


開店1時間半前にお店に....


yushanhai (1)


やった 一番乗り!!

って、結局一時間半待つんですけどね..

私以外の家族は当然のごとく、私を店前に残し、
土産の米や果物購入のために、JA(いわゆる農協)に行ってしまいました

さて、行列の先頭に並んですごしたこの一時間半。
実はとてもたのしいものでした。

ほどなく、二番手にやってきたのは、男性二人組、地元の人とそれに連れられた人
その次にやってきたのは、新潟からやってきた、今度2回目の人
次は地元の人、その次が富山県から来た人.............


yushanhai (2)


「どこから来たんですか?」のあいさつから始まり、龍上海談義を交わす...
まーー、和やか和やか、これ以上私ひとりで待っているとヒンシュクというあたりで
家族にも戻ってきてもらい、また、さらにラーメン談義


しかしながら、次から次へとお客さんやってきますねーー
開店30分前には40人ほどに行列は伸びていました


yushanhai (3)


行列に並ぶのは、嫌いです。あんまり並んだことありません。でも
これってかなり珍しいんではないでしょうか??


yushanhai (4)

行列さん専用トイレ !!


さて、いよいよ開店時間になりました。和やかに過ごした「行列」のみなさんともここでお別れ


yushanhai (6)


私たち5名は、一つの丸テーブルへ


yushanhai (7)


4名テーブルもあり座席は全部で32席です


yushanhai (11)


私たち家族の奥の丸テーブルは、行列を一緒に過ごした人たち
行列のまんまの和やかさで、なんだか楽しそうで、ほほえましかった


yushanhai (9)

メニューです。
赤湯からみそラーメンと、昔ながらの醤油味の赤湯ラーメンの二本立て


yushanhai (10)

7月から9月限定で冷やし中華もあります、
しかし餃子やライス、ビールなどはおいてありません


注文はもちろん 赤湯からみそラーメン....なのですが
醤油の赤湯ラーメンも一杯余分に注文しました、なぜなら行列に
並んでいた、地元の方が、「私は醤油ラーメンが好きでねー」と
目を細めて、うっとりとした表情でおっしゃっていたから...


yushanhai (12)


厨房を遠めに覗くと...



yushanhai (8)


ほっそりとした女性が、麺茹でをしております
20人前近くを一遍に作っている模様・・そんなんておいしくできるのかな?
ラー博はこの方式はとってないですねーー。


yushanhai (14)


赤湯からみそラーメン 着丼しました


このラーメンはまず観ておいしい


スープと麺の黄色
からみその
青のりの



おいしい色の三原色が、一つの丼の中に表現されています
私からすると、このテーブルの赤い色も、ちゃんと、おいしく見えるラーメンの
計算された演出だと思うのです


yushanhai (15)


山形のラーメンらしい
むにゅっとした食感のスープが良く絡む麺
煮干しのきいたスープを吸って旨い!!

普通においしい味噌ラーメンに「からみそ」をスープ溶くことで
パンチのきいたニンニク風味のピリ辛味噌ラーメンになる
「一杯で二度おいしい」たのしさ!!


もちろん、からみそ自体の味も秀逸です


ryushanhai.jpg


そして、龍上海(リュウシャンハイ) という 店名も繁盛の一ファクター
ではないでしょうか?

この店名をつけた人はマーケティングの天才だと思う



リュウシャンハイ....

音に聞いて、鈴を鳴らすような楽しい響き


龍上海


文字で読んだ時の、エスニックな異国情緒漂う響き....

新横浜ラーメン博物館を訪れたひとは、龍上海が、
さびれた赤湯温泉の一角にたたずむ、大きめではあるが古っちいお店
だとは想像できないでしょう(現在のリニュアルされたお店はきれいです)


と、やけに冷静な思いで、このからみそラーメンを食べました
横浜ラー博と赤湯本店、私は、そんなに変わらずどちらもおいしいと
思いました


でも、

実は、


言葉もないほど、おいしい!と思ったのは
そう、あの、地元のおじさんが目を細めて、「好きなんですよねー」と言った


醤油味の  


yushanhai (13)


赤湯ラーメン だったのです

赤湯からみそラーメンの陰に隠れて、全く存在感のない このラーメン


むっちゃくちゃ、旨い!!

地元のおじちゃんが、一時間かけても食べたい!
といったのは、本当だ!!


煮干しのきいたスープの深み、スープの表面を覆う脂の甘み
小麦の味も深いむにゅっとした麺と極上スープがからんだおいしさは極上!!


あれ?こっちのほうがおいしく感じちゃったりして.....
40年念願の龍上海の赤湯辛みそラーメンなのにね...

ブログ書いてる現在、醤油味赤湯ラーメンは私的に旨い醤油ラーメンの
ベスト2にはいる存在。


赤湯からみそラーメンは、この醤油味の赤湯ラーメンを作れる懐の深さ
があってこそのものだ!!と、ひとり分析して悦にはいっております


ついに尋ねることができた、龍上海赤湯本店,
長年の夢がかなったとともに、新たな発見があったのも良かったー


次回、ラー博で、醤油味赤湯ラーメンを食べるのを楽しみにしてます


2014年5月山形旅行.....何十年ぶりかの実家家族は楽しいものでした
最後!! お土産で購入した「お肉屋」さんの記事でさらっと〆ます


龍上海 赤湯本店




関連ランキング:ラーメン | 赤湯駅南陽市役所駅





22:33 | 山形 | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
●赤湯温泉「星精肉店」の米沢牛 | top | ●旭川「loop(ループ)」さんのパン

comments

#
一杯のラーメンにこの大作記事!!
kyokoさんの愛の深さを感じわぁ(^∇^)
地元の方が一時間並ぶのって間違いない!!証拠ですね
Mumちゃんさん | 2014/09/15 10:54 | URL [編集] | page top↑
#
>龍上海赤湯本店の行列はすんごいです
確かにすんごい!
こんな行列が山形のラーメン屋で!?
場所的にもかなりアクセス悪るそうだし・・・

でも観光客というより地元の方が多そうな感じ

1杯のラーメンでここまで記事が書けるkyokoさん
さすがです!!!

辛さマシにはしなかったのですか(笑)
ねずみおやじさん | 2014/09/15 18:43 | URL [編集] | page top↑
#
●まむちゃん
私は今後この龍上海赤湯本店を訪れることは
たぶんないと思うんです。
だって、もう家族は私に付き合って行列に
並んではくれないだろうし、
ひとりで当地を訪れることもないだろうし...
そうおもい、思い切り「しつこい記事」に
なりました
京都のラーメンもおいしいよね

●ねずみおやじさん
この記事を書いて知った事ですが
この赤湯本店は、新横浜ラーメン博物館に仕様
を合わせた「こってりタイプ」に味を買えたみたいですね
だから、あまり味の差を感じなかったようです
本家ホントの龍上の味を継承をしているのは
実は龍上海米沢店だとか...次回はそっちいくわ!

あ、辛さましなんて、対応してませーん

でもって、やっぱり、ラーメン好きの
ねずみおやじさんや旋風さんに
龍上や、喜多方などの東北の醤油ラーメンを
是非召上ってもらいたいなー

なんて思ってます
Kyoko007さん | 2014/09/15 19:10 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sany007.blog106.fc2.com/tb.php/1982-229465b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)