●インドの旅8・アグラ「ジャイピーパレスホテル」で夕食

DSC02819_1.jpg



ジャイプールを後にし、ツアーバスにて一路 アグラ へ



(今回のインド旅行記の記事は全て こちら )



DSC02771_1_20131214230452ae4.jpg



去りゆくジャイプールの街並みなどをバスの車窓から..



私たちツーリストに対して、インドの方方、子供たちは
明るく手をふってくださいます


DSC02775_1_20131214230455851.jpg


ピンクシティの商店街 
タンドールでナンを焼いているのかな?
「レストラン・ピンクシティ」でインド人向けのお料理を食べる
という「プチ冒険」をしましたが、こういったお店のお料理を頂くには
きっと3回くらいは「お腹を壊す」という修行を経ないと無理だろうな
もっと若かったら....すぐ渡印して、チャレンジしたいところですが...




DSC02770_1.jpg


クルフィ(インドのアイスクリーム)
残念なことに今回の旅行ではクルフィをいただくことができなかった
バスを降りて、この出店でクルフィを求めたい衝動に駆られました
インドでいただいたデザートは普通のアイスクリーム、残念。


DSC02773_1_20131214230454161.jpg



たくましいご家族。
前に二人、後ろに二人のこども...
私はただただ、事故がおこらないかと、心配になってしまうのですが
この国では、杞憂というか、そんな根性では生きて行けないのかも...



バスは5時間ひた走り、 日が暮れた頃アグラの街へ到着..


宿泊したのは ジェイピーパレスホテル


481583_29_y_1.jpg
トリップアドバイザー掲載プロの方の写真です


非常に大きなきれいなホテルです


DSC02808_1.jpg



私たちは



DSC02806_1.jpg


マリーゴールドのレイを掛けてもらい、
ミント味の甘いウェルカムドリンクで朗らかに出迎えていただき
観光と移動での疲れも吹っ飛ぶ思い



DSC02812_1_1.jpg


同行の母も嬉しそう...




バスの車窓から観る、「生のインド」は
カースト制度による極端なヒエラルキーの世界であり
ヒンズー教による「無殺生」の世界であることを間のあたりにし
巡った世界遺産以上の衝撃を受けたのですが
その世界で生きているインドの方々のエネルギーに圧倒されました


もうホント、頭の奥の方が、衝撃でしびれそうな所へ
この「別世界」のようなホテル!!
で、でも、文化ボケしている私のようなものは
やっぱりホッとしてしまったりします


とにかく、お腹ペコペコ。夕食食べましょっ



荷物を部屋に置き




DSC02805_1.jpg



長い廊下を経て



DSC02816_1.jpg




ブッヘレストランへ




DSC02818_1.jpg



メイン惣菜コーナー


向って正面が チーズと野菜
向って右側が インド料理
向った左側が イタリアン


でした



私はもちろんインド料理を真っ先にえらびました
ツアーの方方はさすがにインド料理はもう沢山というお人も
多かった...(笑)



DSC02820_1.jpg


お皿はこんなかんじです


カレーは..


バターパニール
中華風肉団子カレー
ラムカレー



の三種



うーーん、どれもピンとこなかったなーー
中華風とかって「なぜ?」だったし
ラムカレーはジャイプールのITCホテルの絶品ラムカレーで
すっかり克服した気でいた「羊」に撃沈でした(好みで書いてスミマセン)



でも写真にうつっていない ナンはおいしかった


DSC02819_1.jpg



そういうことで、この夜は
こっちのイタリアンの チキンカチャトーラ が
一番おいしく感じました



DSC02821_1.jpg



インドのレストランで、ツーリストにはほとんど提供されない
生野菜のサラダも、このホテルでは安心していただけました



DSC02822_1.jpg



もちろん、お水代わりの キングフィッシャービールも...



ジャイポーパレスさんには 2泊しました
初日のこの日は、旅の疲れでバタンキュー
次回はジェイビーホテルさんごはんの第2弾を....



●インド旅行記にお付き合いいただきありがとうございます
 今回のインド旅行記の記事はすべて こちら です


シート状コラーゲンでお肌しっとり、今年限りの超特価!




23:39 | インド | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
●最近のうちのごはん | top | ●インドの旅7ジャイプールの「ジャンタル・マンタル(天文台)」と「シティパレス」

comments

#
人間も建物も食べ物も
すべてパワーがありすぎて思考停止に陥りそうな国ですね~

>文化ボケしている私
同じくです
ねずみおやじさん | 2013/12/15 08:01 | URL [編集] | page top↑
#
スケールが大きいですね。
素敵なホテル!お母さんうれしそうです。
カレーがもっとおいしかったら最高ね。
ママンさん | 2013/12/15 09:53 | URL [編集] | page top↑
#
お疲れさまでした。
結局、1週間ぐらいいたのかな。
でも、十分満足できなかったでしょう?
多少、無理なことかもしれませんが、
薬を持ち込んで、本当の外食をやらかしたいですね。
インドツア企画してくださいよ。
モッチーさん | 2013/12/15 21:24 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんはぁ。

すごいホテルですね~!
お食事、まずはカレーが美味しいと嬉しかったですね。
旅の途中で生野菜がいただけるとほっとしますね。

街の様子は圧倒されるばかりです。
インドに行ったら気持ちが疲れちゃいそうです。
ぺるしゃんさん | 2013/12/15 23:41 | URL [編集] | page top↑
#
すごいホテル!!
お母さん、美人よね。Kyokoちゃん似てるわ

色々な国で驚く事が多いけれど
それは自分の尺度で見てるだけで
そこでは日常の何でも無い光景なのよね
色々あっても、幸せで子供たちの笑顔は世界共通に輝いてる
John.Johnさん | 2013/12/16 11:33 | URL [編集] | page top↑
#
一気にインドがUPされてる!!
すごく素敵なホテルだねー!ゴージャス♪
この生野菜は大丈夫だったのね。食べれて良かった。
お母さん 美人だし若いわー
エミリオさん | 2013/12/16 18:58 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sany007.blog106.fc2.com/tb.php/1769-9eb8ba17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)