●映画「ミツバチの羽音と地球の回転」について...




BJK(爆女会)を解散した足で、どうしても見たかった映画



ミツバチの羽音と地球の回転



を観てきました。
日が経つにつれ、現在の日本の状況を目の当たりにするにつれ
よりこの映画のことを、多くの人に知って欲しいという気持ちが強くなります



このドキュメンタリー映画は昨年公開されたものですが
鎌仲ひとみ監督は、今回の震災と現在の原発事故を予言していたのでは
ないかと思うような内容に驚きます


28年間にわたって、山口県上関原発の建設反対運動をしている
瀬戸内海の美しい❤の形をした「祝島」の村民の姿と、
対比するように、自然エネルギー国家にシフトしているスウェーデンの姿
が淡々と描かれています


もう、みんなわかっている。今こそ、日本は自然エネルギーにシフト
するべきだということを....
だから是非、機会があったらこの映画を、一人でも多くの人に観てほしいと
思います







予告編は、
「何故、日本は環境認証されたエネルギーを選ぶことができないの?」と
始まります。関東であれば、東京電力の電気エネルギーを使うことが当然である
という社会自体がおかしかったんだね...


映画の後、鎌仲ひとみ監督のお話も伺うことが出来ました
祝島は日本で初めて、自然エネルギー100%プロジェクトが始まっているそうです
こちらまた、今でも政府やマスコミからの情報を信じ切っていて日本は安全だと思って
いる人々と、インターネット等の情報収集にて現在の危険極まりない状況を理解
している人々の格差が広がりすぎている、というコメントが印象に残りました。


政治家は自分が、福島のほうれん草なんて食べなくていいから、
自分の孫を福島の自主避難地域の砂場で遊ばせるパフォーマンスをやったらいい。
そしたら、この人本気で、子供の被爆の上限が年間20ミリシーベルトで安全
だって信じてるんだって、あきれてあげるのにね...


質疑応答で、小さいお子さんをもつ、お母さんが、
「学校が子供たちの給食に、福島や茨城産の食べ物を食べさせることを
 推進している。困っている。」
と悲痛に訴えていた。
「お母さんたちが、結束して立ち上がってください」と鎌仲監督は答えていました
このままでは、こどもたちの未来が本当に危ない..



●ミツバチの羽音と地球の回転 公式サイト はこちら 

●自主上映会をしてくれた、ゆきえっとちゃんのブログはこちら

●そして、なかなかレスもできずで、申し訳ありません。ぺこり



22:31 | おいしいおはなし | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑
●北浦和「自然洞 麺舗」の自然洞ラーメン白 | top | ●フランダースの犬の絵皿

comments

#
安全って何か?
何を持って安全って言うのか?
3mの津波なら安全なハズでした。
震度7なら安全でした。
自然は人智を超えるから自然なんです!!
Josh&Kai'sMumさん | 2011/06/01 07:51 | URL [編集] | page top↑
#
原発が無かった頃も人々は過ごせていたのよね
快適になりすぎて、忘れている事がお多すぎるのかも
まずは、足元を見なければと思ってる
自分を正さなければ、大きな事も言えないし
小さな流れは、必ず大きな流れに変わるでしょ

John.Johnさん | 2011/06/01 09:53 | URL [編集] | page top↑
#
風評被害ってさ、汚染されてないものをいうでしょ。汚染されてるんだもん、風評被害って言葉のひとり歩きにはつくづく呆れるばかり。
放射能の話も、結局危惧していた通り。。。
全部、事後報告。これが夫婦だったらとっくに離婚だよね。
モニさん | 2011/06/01 14:16 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは。

ゆきえっとさん、被災地に行かれたレポートを書かれていた方ですね。

今は誰しも自分の今までの生活について考えて、改めようとして、小さなことからでも変わっていっていますよね?
国全体もそうあってほしいし、そうなるべき時ですよね。

この映画、観てみたいです。
ぺるしゃんさん | 2011/06/01 20:59 | URL [編集] | page top↑
#
●まむちゃん
福島原発は震災前から震度6位の地震で
ダメージを受けることは指摘されていたのですよね。
そして、監督いわく....
原発の耐久性って3.40年なんだそうで、かつ
そこからが儲かるんだって、だから儲かる
危ない原発が日本中に....コワーΣ( ̄ロ ̄lll) 

●JJちゃん
エコに関しては、個人の小さな努力はもちろん
大切だけど、ともすると月収20万円のうちの
たったの200円についてを必死せ節約している
状況もあるようで
(ソース「環境問題は何故うそがまかりとおるのか?武田邦彦著)
もっと、社会全体のしくみから変えていく方がベターと 
いう考え方もあるようです。
もちろん、現在の節電は重要な個人の課題だよね
この映画をみたときに、小さな一人の思いが
大きな動き(島全体の反原発運動)に変るのを
みた思いだったわ~

●モニちゃん
風評被害と実害がごっちゃになっちゃって
テレビで主婦が
「何もできないから、せめて福島の野菜を買って
 食べます」
って散々流れてるけど、あれって
マスコミの操作だよね。
暫定規制値を超えた食品は流通していないから
お店に並んでいるものは安全。というなら
どうして測定値を明記しないのか?
と思うし...
今回の監督のお話で知ったのは
急場でやっつけ作っちゃった日本の食物の放射性物質の
暫定値は、子供では、ドイツの50倍だそう...
これじゃ、暫定規制値自体が疑問だらけなわけで...

もうひとつ重要なことは、実害を受けた第一次産業に
従事した人々に、国はしっかりとした
補償をしなくちゃいけないと思う

●ぺるちゃん
ゆきえっとちゃんのブログは刺激になることが
一杯だよ!よんでね。
私はね、原発のおかげで今まで良い思いしてたんだろー
みたいに思いすぎなくていいと思っている人間です
効率の良い節電のしくみを見出した方が良いように思うし
個人の努力を推進する団体は結構胡散臭いところも
多いからね
変わるときは変わればいいから、今までの日本人を
否定とか改めるって考えなくてもいいんじゃないかな?
って思ってます

kyoko007さん | 2011/06/02 00:56 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://sany007.blog106.fc2.com/tb.php/1154-d22eb5b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)