2010年 06月
--日(--)
30日(水)
30日(水)
30日(水)
29日(火)
28日(月)
26日(土)
25日(金)
25日(金)
25日(金)
23日(水)
22日(火)
20日(日)
20日(日)
19日(土)
17日(木)
16日(水)
15日(火)
15日(火)
13日(日)
12日(土)
09日(水)
08日(火)
06日(日)
03日(木)
01日(火)
05 | 2010/06 | 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

【閉店】新大久保「ジュンイネ」でオフ会

IMG_5908.jpg



週末はとても楽しみにしていたオフ会でした。



いつもの東京オフにの仲間に、今回も遠方からスペシャルゲストが..

お一人は 北海道は旭川からJhonJhonちゃん
ハンサムウーマンってこういう人のこというのねぇ、美人だしさばさばして素敵なの!
 
お一人は、 大阪から参戦のしょこらちゃん 
おやじと呼ばれていたのに、箱入りお嬢様的きれいな人、毎日ケーキ作ってたべてるのに細いの、


そして、もうお一人は 
オーストラリアのブルーマウンテンからかおりちゃん
かおりちゃんは、天使のように可愛い愛娘せーちゃん&妹さんも連れてきてくれました
私は、せーちゃんの隣に座って擦り擦りしてたんで、写真がないの...。
かおちゃんはブログのまんまのノーブルな雰囲気のすてきなマダム、
せーちゃんはブログの32倍くらい可愛いの、ほんとに天使、連れて帰りたいっっ!


一次会はごまやさんっていう、ごま料理満載のお店に行きました。
せーちゃんや一次会の様子はレギュラーのみんなのブログをみてね


レギュラーメンバーはこちら..
モニちゃんママンちゃんルナコちゃんエミリオちゃん
にたまごんちゃん・ マロンちゃん


でもって一次会は例のごとくあっという間に終わって、みんな歌舞伎町をぬけて新大久保へ、



折しもこの日は、W杯決勝トーナメント韓国戦の日であり、
まもなくキックオフの時間。お目当ての店が満席で..



ga6j100pm1_b.jpg



韓国家庭料理ジュンイネさん に飛び込みで入店


ここ は...
ぐるなびのジュンイネさんのページなんだけど、このページの下ぁの方にある。



 テーブル席 予約はお早めに



って個室に通されてたの



ここってさーーー



ga6j100rc_1_1.jpg


1Fの大フロアーのテーブル席でもなく


ga6j100rc_1_2.jpg


2Fの少人数の対応のテーブル&テラス席でもない..




IMG_5914_1.jpg





ほぼ事務所でない?

ヒモでTV釣ってるし...


でもね~全然気にしないっっ。っていうより大正解!!



IMG_5910_1.jpg


だって大いに盛り上がっても誰にも迷惑かけないし、
ほれ、、このみんなの満足そうな顔!



IMG_5911k.jpg



だいたい、TVの韓国戦こんなに盛り上がってるのに...
あたしたち全然見てないし..
同じフロアにーこんな、すさまじく盛り上がっていて
試合中大騒ぎしている日本人グループがいたら...



あーた。



これ、逆だったら、殺意を覚えるよっっ。



しかも韓国、負けちゃったんだから...



階下から聞こえてくる


テーハミング!! 

コールも全く聞こえない位、みんな盛り上がってたよぉ~


それに、ここのおねいさん太っ腹で、
「あたしにまかせないさいっっ!!」
って言って出てきた料理が


STB_5936.jpg


こんなに続々と...


STA_5938.jpg


加えてお刺身や..



STA_5940.jpg



チゲ鍋..



STA_5941.jpg


生マッコリの飲み放題まで..


いやぁ~~、この店でのひとときは盛り上がった
盛り上がりすぎて、全然覚えてません


お料理はね..


IMG_5928.jpg


この韓国風茶碗蒸しがおいしかったなーーー♡
以前、私がブログで紹介した、
サッポロ一番かるぼな塩ラーメン 」の残りのスープで
つくった茶碗蒸しにそっくりな味なの。


このお店のあともう一軒行って、あっという間に夜が明けてました
ほぼ12時間マラソンオフなんですけど、感覚的には4時間くらいしか
たっているように感じない不思議なオフ会。
最近、お料理ブログ関係では「伝説のオフ会」ともよばれてるんだって、、
すごいねーーーっっ。


私、みんながテンション高くて、ちっともついていけないわ~


201006282259548d9.jpg
早朝「韓国広場」でお買い物 Phot by JJ




えへっっっ!




みんなに殴られそうなので、これにて退散~ 




●韓国家庭料理 大久保刺身 ジュンイネ ぐるなび

韓国家庭料理 大久保刺身 ジュンイネ 新大久保




関連ランキング:韓国料理 | 新大久保駅東新宿駅西武新宿駅



スポンサーサイト
23:31 | 東京・新宿区 | comments (21) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●W杯2010決勝トーナメントパラグアイ戦②

scr1006292303067-p10.jpg



夕べは試合後、うぇ~ん。だったり、しくしくだったり、ぐだぐだしたり
しながらいつの間に寝ていて、早朝、寝ぼけながら夫の弁当をつくり
雨が降っているので、娘を大宮駅まで送っていかなくちゃなっっ


と、思い。ふと、



まだ自分



バリバリ日本代表のTシャツ姿だった



images0630.jpg



と気が付いた瞬間・・
また、無性に淋しさがこみ上げてきたKyoko007です
            (ちょっとemiちゃん風です)


ただ、だらしがないっってだけの話しなんですけどね...笑


本当におわっちゃいましたね。...日本のW杯


ずばらいしいチームだった。最高のサムライブルーだった。



ありがとう。
  ありがとう。




もう、彼らの試合は見られないんだと思うと、さみしいなっっ
でも、気持ち切り替えよ。わたしにゃ、帰る場所があるしさ
そうオレンジのところよっっ。




そう言うわけで、日本が負けたと同時にアジアのW杯も終わりましたね
やはり涙を呑んだ韓国戦。私はこんな所にいましたよ~。



IMG_5912.jpg


はい、前置きのみのUPでした、つづきは夜で..


●レスがおそくなっててすみません。ぺこり。



10:22 | 未分類 | comments (9) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●W杯2010決勝トーナメントパラグアイ戦

すばらしい戦いでした
感動をありがとう~♥
01:56 | 未分類 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●ブラジルのサッカー&スタジアムごはん





本場ブラジルのサッカー観戦の模様を...



滞在していたミナスジェライス州のクルゼイロECのホームゲームを
ミネイロンというスタジアムの観にいきました


対戦相手はポタフォゴFC。 このときはリーグ戦の終盤で順位はもう確定していて
クルゼイロは4位、ポタフォゴは16位で格下相手のいわば消化試合だったそうです



わくわくでしたが、やはり日本とは違うところが沢山



まずはナイターの開始時間が、夜10時から..と遅く、子どもは全くいませんでした。



CIMG3714.jpg



そしてこちらは、入場ゲートの厳重なボディチェック。
入国審査よりもサッカースタジアムに入る方がずっと厳しいの。
この位入念に調べるので、女性は女性の警備員がチェックするんですよ。



クルゼイロのチームカラーは青で、このお兄さんの胸にあるように
南十字星がシンボルなのですが...



CIMG3712.jpg



この日は黄色いユニを来ている人も多数。
W杯を記念した、特別ユニフォームなんですって、



へーーー 



日本じゃJリーグのユニホームをW杯前にサムライブルーに変える
なんて考えられないですよね。もしかしたらブラジルリーグのチームに
ナショナルカラーの黄色のチームはないのかな?とおもって調べたら
セリエAにはやはりありませんでした。



CIMG3715.jpg



トイレの前にたたずむお姉さんは、入る人にひとり分ずつ
トイレットペーパーを配る人です。よくみると持ってるでしょ。



CIMG3716.jpg



消化試合ということで、75.000人はいるスタアムには2万も入ってなかったかな?
でも、サポーターの応援は半端じゃありません。大迫力。
ひとりひとりのテンションが高いんですね。




日本の応援って、太鼓にしても唄にしても統制とれていますが
ブラジルは、あっちでもこっちでも勝手に応援してるって印象...笑




CIMG3718.jpg



正直、メインスタンドはガラガラですが、ゴール裏は凄い声援で..



CIMG3723.jpg


向かいのアウェイ・ポタフォゴサポの声は全く聞こえません


CIMG3719.jpg


選手も今日はW杯ユニ

試合はクルゼーロが先制、1-0で試合は硬直状態、しかも格下のポタフォゴに攻められまくり、
だけど、再三攻めるポタフォゴの方も決めきれず...



(はぁ~。どっかのチームみたいだ..)



ポタフォゴはゴール前のファールでPKをとり決定的なチャンスにも
クルゼーロのゴールキーパーに阻まれてしまいます



(はぁ~。ほんと、どっかのチームみたいだわ...)



PKを阻止したときの歓喜のクルゼーロサポーターの動画








ど迫力~~ つーか、うるさーーーっっ!



と、いうことで1-0でハーフタイム



CIMG3738_20100629012050.jpg



ハーフタイムにマスコットがPK合戦。なんか、妙に和むな~~
      
 


そうそう、ごはんね。
ハーフタイムにジェニーのお兄ちゃんが買ってきてくれました



CIMG3737.jpg



うわ~。なんでしょう?これ?
ご飯の上に、野菜、豆、目玉焼き、豚肉のソテーが豪快に..
というかごちゃごちゃに乗っかったどんぶり。って感じ



でもね、意外や、おいしかったですよ。
特に豚肉は、多分ブラジルで初めて食べましたが、柔らかく最高においしかった~



さて、後半もさすがブラジルのサッカー、スピード感は抜群なんですが
やっぱり決めきれないポタフォゴと、ぱっとしないクルゼーロ


だんだん、クルゼーロサポのホストパパもイライラしてきて..



心情的にはどっかのチームみたいなポタフォゴを応援したかったけど
私はひたすらクルゼーロの勝利を祈りましたよ。
だって、これで負けたら、ホストパパがどんだけ怒りまくるかと思うと..


結局、1-0のままホイッスルが鳴り


クルゼーロ勝利!!



やったぁ~~ 



でわなく...


超ブーイング 




こっ。。こっっ  怖い 



ひょっとして、これは試合内容が悪かったから?


ひえぇ~勝ったのに.. 


やっぱ、 ブラジルのサポーターは厳しいっっ!



それにね、日本だったら、まず、ゴール裏に選手達がやってきて
サポーターに挨拶してピッチを一周するでしょ。


そんなの全然ありませんから..



てか


こんな恐ろしいサポーターの前に、選手は登場できなかろうっっ


って感じ



あ~、こわかった。ホント勝って良かった。




しかしね、今回さすがに、思っちゃいましたよ。
私と同じ、どっかのチームのサポーターだったらわかると思いますが
いつまでも、なんでもかんでも、温かい拍手を送っていては、チームは強くならないかも?って...。



クルゼーロのシンボルマークは南十字星



クルゼーロ



このおにいちゃんの背中には、クルゼーロの文字と
南十字星の入れ墨が..



CIMG3743.jpg




この体はってるサポーターのお兄ちゃんの背中を見ながら
ブラジルのサッカーと、遥か遠いおらが村のどっかチームを想いを馳せ、
いろーーいろ考えながら、帰ってきた私でした。




それはさておきれは、いよいよ今日はW杯パラグアイ戦ですね
ベスト8進出を信じましょう



■2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です


Estádio Governador Magalhães Pinto




関連ランキング:その他 | リオデジャネイロ



08:29 | ブラジル | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●ブラジルのスナック②「パステル(Pastel)」

IMG_5212_20100628173817.jpg



ブラジルにはランショーネ(Lanchonete)と呼ばれる、
気楽なスナックを食べられるお店が沢山あります。


100625_20100628173155.jpg


先日ご紹介したのは、コッシーニャ(Coxinha)


今回はやはり大人気の パステル(Pastel)



IMG_5218_20100628173817.jpg


残念ながら、UP写真を取り忘れちゃったんですが
掌以上の大きさの、ミートパイ。これ一つで充分食べ応えがあるスナック。
とってもおいしいです。


IMG_5477.jpg


パステルとガラナを毎日食べて、留学生はぷくぷく太っちゃうんだそう..笑


TOPの写真は、マンジョカ(タロイモ)というお芋のコロッケと
サトウキビのジュース



IMG_5207_20100628173155.jpg



サトウキビのジュースはこんな風に作っています
お味は、素朴な甘さの初めての味


IMG_5216.jpg


コロッケはちょっと「ねっとり」した食感でおいしい
具はパステルと同じ、トマト風味のそぼろ肉です



●いつもご愛読ありがとうございます。
 週末は、楽しいオフ会でした!北海道や海外からやって来た
 ブロともちゃんとお会いでき、楽しかった~♥
 今日はコメ欄失礼します。ぺこり


■2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です


17:46 | ブラジル | trackbacks (0) | edit | page top↑

●ブラジル・コンタージェン「静岡(SHIZUOKA)」のSushi

【追記】2010年当時の記事です。現在は移転してずっと大きく立派な
    お店になられています
    HP http://shizuokarestaurante.com.br/




ブラジル の 静岡 です....笑


Shizuoka Restaurante Japones
トリップアドバイザーのレビューに飛びます。
                   なんとコンタージェンで第1位!




IMG_5531_20100626081248.jpg




静岡で生活したことのあるオーナーが開いたジャパニーズ・レストラン




ブラジルでSushiのといえばまぐろとサーモン  










DSC08241s_20100626081248.jpg




苺とパイナップル...笑



IMG_5519.jpg



揚げ物に、嬉しいカレーもありました
カレーは ハウス S&Bのゴールデンカレーでした。
(追記:ご指摘ありがとうございました))
フェイジョンのように、サラサラタイプに仕上げるのがブラジル流..



お寿司の食べ方が、わさびに醤油・・・ではなく、
最近、回転寿司においてある、穴子などに使う甘いタレを
「テリヤキソース」と呼んいて、それを塗って食べるのが流行中




「てりやきソース」を日本のお土産でリクエストされたので、
スーパーで普通の「てりやきのたれ」の瓶詰めを持っていったけど
この甘いタレのことだったんだなぁ~、日本に普通には売ってないよね..



1006252.jpg




春巻き、サーモンのおしゃれフライ




IMG_5529_20100626082814.jpg



オーナーはイケメン




●SHIZUOKA Restaurante Japones のデリバリーメニュー
 
 img042-1.jpg img041-1.jpg

 画像をクリックで大きく見られます。なかなか楽しい♡





●週末は、プライベート&お仕事で出かけており、予約投稿です


■2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です


Shizuoka Restaurante Japones




関連ランキング:寿司 | リオデジャネイロ



21:13 | ブラジル | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●北本市「ダンデライオン」でパーティー

DSC08886a.jpg




昨日のW杯は最高でしたねぇ~~。
これだけW杯が盛り上がると、日本のサッカー全体が盛り上がって
Jリーグも人気が復活するといいなぁ~



さて、ブラジルからの留学生ジェニーが昨夜帰国
成田まで見送りに行きました。まだ空の上ですね..


今日は、その少し前に行われた、ジェニーと、日本に帰国した娘の
フェアウェル&ホームカミングパーティの模様を...



北本市ダンデライオンさん



を借り切って行われました。大変人気の一軒家フレンチです。
ありがたいことですね。



g626100v.jpg
                    ぐるなびさんからお借りした画像



行ってみたかったお店、木立に囲まれて良い雰囲気でした。



IMG_5806_1_1.jpg




主役の3人、娘とジェニーと、もうひとりのMさんは昨年のブラジル留学生。
この10ヶ月、ジュニアカウンセラーとしてジェニーをサポートしてくれました。
従って、娘は今後の一年間は8月に来日するブラジルからの留学生の
ジュニアカウンセラーとなるシステム。これが、この留学制度のすばらしい
ところですね。



さて早速お料理です..



DSC08886a.jpg
TOPはアミューズ



DSC08900.jpg
前菜はポテトとチーズのパイのような一皿



DSC08918.jpg
本日のスープ


DSC08933.jpg
お魚料理


DSC08936.jpg
お肉料理


DSC08945.jpg
デザート



以上。こちらで通常は3.500円位のコースだそうです。
なんておいしくて、コスパがよろしいんでしょう。



ただ、私は、パーティー中は忙しく、写真を撮るので精一杯。



1006253s_11.jpg



パーティの間には、各自スピーチ。
こういう会合では必ずスピーチがあります。良い勉強になりますね。
が、突然親にもマイクがまわってくるので、油断できません...笑



で、このスピーチの手伝いとか..



1006255.jpg



別の個室をお借りし、ジェニーが準備してきた、
カイビリーニャとブラジル風プディングのサービスをしたり..


ということでお料理を味わう余裕がありませんでした。
今度はリピートして、ゆっくりこちらのお料理をたのしみたいなー。


お店は暖かみのあるインテリアで、かつサービスの方は親切。
最後に誠実そうなシェフもごあいさつされて、さすが人気の素敵な
レストランという印象をもちました。



ジェニーも帰国し、「娘の留学」という我が家の一大イベントも一段落。
親も子どもも、良い体験をさせて頂きました。
お世話になった留学機関の皆さまには本当に感謝です。


ダンデライオン






17:19 | 埼玉・北本市 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●W杯2010対デンマーク戦

3-2

うれしい~ 泣


(追記:うははは、寝ぼけてる3-2だって
         eriちゃんご指摘サンキューー)
05:26 | おいしいおはなし | comments (9) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●W杯2010対デンマーク戦


2-0

最高の形で、
さて、後半戦
04:31 | おいしいおはなし | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●ミナス州ベロオリゾンチのおうちのごはん その2






初日のパーティーで
「ブラジルの家庭の普通の食事が食べたい」とリクエストしましたら
Mさんの友人さんご夫妻が、自宅に招待してくれました



こちらのお宅は、日本に近い感じのマンションで
玄関あけると、キッチンでした。




DSC08435_20100624085044.jpg





ガス台にはお料理のお鍋。



100621.jpg



ブラジルの主食はお米ですが、お鍋にオイルをいれて炊くんですね
右手手前は、まさにブラジル日常食である、カリオカ豆だけのシンプルなスープ、


フェイジョン


フェイジョンは日本でいったらみそ汁のような存在。
奥は牛肉の煮込みです。




IMG_5624_20100622174554.jpg




リビングには次々、友人や親類がやって来ました
背中を向けてベラちゃんと話しているのはジェニーのお兄ちゃんです




DSC08438.jpg




出来上がったお料理は、お鍋ごとテーブルへ...

手前から
・にんじんとチーズのサラダ
・牛肉の煮込み
・フェイジョン
・ごはん(Arroz)



コーラやオレンジジュースのような甘いソフトドリンクと一緒に
ごはんを食べるのはブラジルならでは(?)かな




DSC08441.jpg


TOPの写真のように、一皿に盛って、
好きなように混ぜて頂きます。


私のリクエスト通りのごくごく普通の夕食風景...
ジェニーと一緒に住んでいたときも、こんな一皿を良く作りました


レストランに行って、お鍋の数は多くなっても
一皿に自分の好きなように盛って、好きに混ぜて頂くスタイルは
かわりません。(レストランについては後ほど...)


好きなだけ好きなように一皿に盛る
  好きなようにまぜまぜして食べる




これがブラジル料理のスタイルなんだね~



個人的には、動物性タンパク質の入らないシンプルなフェイジョン
とごはんは大好き。牛肉の煮込みは私にはちょっと重かったです



DSC08436.jpg



にんじんのサラダには、ミナス・ジェライス州特産のチーズが
たっぷりです。



IMG_5625.jpg



そして、食後は、やはりたっぷりのフルーツ



ブラジルの女性は、日本ほどお酒を飲まないようで...
男性陣はカイピリーニャをぐびぐびやっていましたが
私はノンアルコールでした。ヘルシーでしょっっ。


この晩のホストは...



DSC08728.jpg




新婚さんで、奥さんは妊娠中~♥...まさに、



ごちそうさま



でした

■2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です



●お読み頂きありがとうございます。
 昨日の記事のコメント、ありがとう~~、すごく嬉しかったです。
 ゆっくりレスさせてくださいね。
 えーーー、いよいよ、あすはジェニーがブラジルに帰ります
 ちょっとバタバタしているので、コメ欄失礼しますね。ぺこり。



23:30 | ブラジル | trackbacks (0) | edit | page top↑

●ミナス州ベロオリゾンチのおうちのごはん





いい加減引っ張りすぎブラジルですが、後少しおつきあいを..
リオから国内線にのってミナスジェライス州



ベロオリゾンチ



そして、10ヶ月振りに、娘と再会!!



涙・涙~。なんていうのはなくて、やぁ~、やぁ~元気だった?って感じ。
ほんと久しぶりの娘...見た目はほとんどかわってないんだけど
ポルトガル語をフツーに喋っている娘は、不思議で、随分たくましく感じました



ミナスで滞在したのは、留学期間の大部分お世話になったMさん宅・・



DSC08306.jpg


ご夫妻&9歳のベラちゃんの3人家族です。


IMG_0014_20140730170355a8f.jpg



リビングの赤い壁が素敵!(もっと写真を撮ってくれば良かった...)



1006212.jpg




奥様がしつらえたインテリはシックで、すっきりと素敵に暮らしていました。
ブラジルでは右下のように大きなお盆とかお皿に
なにかを3つ飾るのが人気のようで他のお宅で度々目にしました。
そして、メルセデスのキャンピングカー。豪華~、初めて見た!
左上は娘がお借りしていたお部屋です



さて、今回はブラジルのおうちのごはんを...



初日は到着が夕方すぎだったので簡単なパーティーを



DSC08307.jpg


一番手前がクリームチーズと鶏肉を和えたみたいなクリーミーな一皿で
お手製のケーキが2種(プリンとチョコレート)←日本の5倍位あまいよっ!
次々親戚やお友だちがやって来て、welcomeしていただきました



CIMG1219.jpg



留学中に娘が送ってくれた親戚のお子ちゃまの写真、この写真が可愛くて
ずっと携帯の待ち受けにしていたのですけど、この二人もやって来た。
背中におもちゃの刀さして...最高!
たくさん遊んだのですが、このときなぜか写真をとらなかったの..



パーティーが終わり、夜は娘の部屋で久々母娘で眠りました
ブラジルでの生活について語りに語る娘。



ブラジル留学が終わるこのときになって、一番私に伝えたかったのは、
ブラジルに来て、4ヶ月ほどは帰りたくて帰りたくて仕方がなかったということ、
学校に馴染めない、食事がたべられない、言葉が全然わからない..
だけど、日本で病気と闘っている私には、泣き言を言うことは出来なかったと...



そうか..



そんなにつらかったのか...だから最初に6kgも痩せちゃったんだね
私の病気でもそんな負担をかけてしまっていたんだね。ごめんね。
よく頑張ったよ。



でも、今はブラジルの生活が楽しくて仕方ないし、
自分に子どもが生まれたら、子どもにも留学をさせたい、と言う。
やっぱりブラジルに来て良かったんだね



DSC08312.jpg



翌朝は新鮮なフルーツがいっぱいの朝食


これは、私たちがいるから..というのではなくて
常に朝食はこのくらいのフルーツがあるのだそう
こうなっていないとパパが不機嫌なんだって


そして、ママが作ってくれた焼きたての



ポン・ジ・ケージョ



DSC08308.jpg





チーズの香りがすばらしく、もっちもっちでホントに美味しいの



学校の先生であるママはベラちゃんと一緒に
朝6時過ぎには家を出てしまいます。
それでも毎日こうやってボン・ジ・ケージョを焼いてくれるのです



このママの手つくりポン・ジ・ケージョの香りで迎える朝は、
ブラジル滞在中の大きなおいしい思い出でです


続きは別のお宅での夕食を...


■2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です



18:12 | ブラジル | comments (15) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●魅惑のチミチュリソース♡




リオデジャネイロから、国内線にのって
ミナスジェライス州へ...


実は私、飛行機は実に苦手なタイプ....笑


でも機内食はたのしみ!



チミチュリソース


今回の飛行機ではなく国際線デルタ航空での機内食ではまっちゃったお料理



DSC08842.jpg



↑が実際のデルタ航空、機内食のチキンのチミチュリソースです


さわやかな酸味があってスパイシーで、特筆は
ふわ~んとコリアンダーリーフの香りがあとから追いかけてくる
とってもおいしいソースなんです。


私、コリアンダーリーフは得意なほうではないのですが
これは、すごくおいしくて...感動!


で、、


飛行機の中で、
「確か、このソースはブログ友ちゃんが紹介してたはず..」
って思ったのですが、やっぱりそうでした。
帰国後真っ先に探したら、ママンちゃんのブログにレシピを発見!(こちらがレシピ)
元々はロスのロッキンちゃんが紹介したソースでした(こちらがレシピ)。
やっったーー。あの味を再現できる!


さらに調べると、アルゼンチンのお肉料理に欠かせないソースなのだそう...


おふたりのレシピを基本に、自分が食べた味の記憶と家にあった材料(笑)で
アレンジし、さっそく作ってみました。
出来上がったソースは目にも楽しい、鮮やかな緑色のソースでしたよ。


でわ、チミチュリソース....Kyoko007レシピです


◆材料◆
コリアンダーリーフ一束 イタリアンパセリ一握りくらい(庭にあった)
EXオリーブオイル50cc(しかなかった) 白ワインビネガー20cc 
クミン小さじ半分
コリアンダーパウダー小さじ半分 
ジンジャーパウダー小さじ半分
にんにくすり下ろし半かけ 塩コショー適宜
太字はレシピブログさんから頂いたモニタースパイスです)


◆つくりかた◆
塩コショー以外の材料をフードプロセッサーでガーして
塩コショーで味を整え出来上がり


出来上がったチミチュリソースで...


DSC08984.jpg



チキン胸肉と海老のソテーを和えてみました



う~~ん、おいしい~~。
なかなかの出来です。これは白ワインが似合いますねぇ~
今回は和えたけですが、このソースでマリネして焼いてもおいしそう..
さわやかな味だから夏にぴったりのソースですよ。
個性のある海老より、淡泊なチキン胸肉のほうがあうかな?



なにより驚いたのは、コリアンダーリーフなんて絶対無理と思っていた
夫が「おいしいっ」って言って沢山食べてくれたこと...
普通のコリアンダーは口に含んだ途端「ぺっ」って出しちゃうような人なのに....
これだったらきっと、ルナコちゃんでもOKだとおもうよっ(てか、ダメだったよね?)
 

今回はタイムリーにレシピブログさんから、ワインのモニタリングをして
いただいたので「宿題」としても掲載しちゃいます。
レシピブログさん、いつもありがとうございます

おいしいレシピに出会えて幸せ。
ママンちゃん、ロッキンちゃんありがとう~♥



サントネージュ『酸化防止剤無添加有機ワイン』レシピコンテスト参加中



自分ブレンドのカレーパウダーでつくるスパイスレシピモニター参加中!


今日のおまけ...


DSC08977.jpg


Qooが焼いた、父の日のプレゼントケーキです




22:15 | おうちのごはん10’ | comments (14) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●W杯2010対オランダ戦

DSC09013.jpg





負けてしまいました



善戦していただけに、残念。
あの1ゴールはオランダがすばらしすぎるとしても
得点のチャンスは何度もあっただけに...


と、悶々とさっきまでガスレンジ磨いてました...笑


2006年W杯に「日本が勝ったら乾杯しよう」と、買ったこのワイン、
前試合のカメルーン戦の勝利を受けて、4年越しの乾杯ができました



DSC09022.jpg




あれ?アルコール飛んでる?仕方ないか?...笑




DSC09005.jpg



最近はまっている「食べるラー油&花椒の冷や奴 今夜はキムチも添えて」です



うまいよっっ!



デンマーク戦は勝つぞ~~!



差し込みW杯記事、またブラジルにもどらせてくださいませ...






00:26 | おうちのごはん10’ | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●ニテロイ海外で「ココナッツミルク」と私の見たリオデジャネイロ





このココナッツミルクは



ブラジルを代表する建築家オスカーニーマイヤーが建てた
ニテロイ現代美術館の横でいただきました。


さぁ~、ここから一気に私の見て感じたリオデジャネイロを..




DSC08211.jpg




ニテロイの海。コパカバーナ海岸の対岸に位置します
見えているのはポン・ジ・アスーカルではなく双子岩といわれる
イパネマ・レブロン海岸のシンボル岩
ちなみに、現地ではコパカバーナ海岸は子連れファミリーや中高年(笑)
が多くて、それにつづくイパネマ・レブロン海岸のほうがおしゃれって言われています
いずれにしてもトップレス美女はいなかったなぁ~。


DSC08210.jpg



おじいちゃんと釣りを楽しんでいた少年。
ブラジルの子どもってホントに可愛いの..。



私の父は建築家なのでオスカーニーマイヤーの建築物は沢山見学しました



IMG_5422.jpg


こちらがニテロイ現代美術館


DSC08206s


これは何の建物だろう...笑


DSC08078_20100619002139.jpg




リオデジャネイロのセントロ地区(旧市街地)にあるブラジル旧教育保健省庁舍の
空中庭園もすばらしい物でした..



IMG_5278.jpg




リオのセントロ地区といえば


18世紀に大金鉱が発掘された頃に建てられたコロニアルな建築物や
オスカーニーマイヤーを初めとする現代的な建物が混在するエネルギッシュ
な街でした


IMG_5250.jpg


こちらは旧大聖堂


250px-Catedral1.jpg



現在の近代的な大聖堂
どちらも建築物としは素敵ですが..



IMG_5282.jpg



大聖堂の中は外観の現代的な印象をくつがえす、
ステンドグラスが美しい荘厳な雰囲気


DSC08147.jpg


時代や建物はちがっても


DSC08157.jpg



祈りを捧げる人はかわりません



そしてブラジルといえば、やはりサッカー



16_big.jpg
                   お借りした画像




マラカナンスタジアム の見学ははずせません



世界最大規模のこのサッカース専用タジアムは
以前は20万人もの収容人員を誇っていたが、1992年ブラジル全国選手権決勝に
発生したスタンド落下事故を機に大幅に削減。
現在は、全席椅子席で約99万5千人となっているそう



日本に「ドーハの悲劇」があれば..
ブラジルには「マラカナンの悲劇」があり
1950年W杯に優勝を逃したときには、2人がその場で自殺し、2人がショック死、
20人以上が失神し、ブラジルサッカー史上最大の事件となったんだって
ドーハの悲劇でショック死した日本人いないでしょうから
ブラジルのサッカー熱ってやっぱりすごいですよね
それは、この後、実際サッカー観戦をして感じたことでもあります



さて、こちら試合がない日は見学ができます


IMG_5300_20100619002301.jpg


壁面にはこういう、ポートレートがいっぱい


1006182.jpg


50周年を記念した選手の足形
(ぼけちゃいましたが、ロナウドとカカです)


意外なところも見学できます



100618_1.jpg


選手のシャワールーム、浴槽もあるのねぇ~


IMG_5320.jpg


選手はこの通路を通ってピッチに出ます



IMG_5330_20100619143051.jpg


ピッチからの眺め


IMG_5337.jpg



そしてこちら、観客席からのピッチを見たところ
どうでもいいようで、サッカー好きにはこういうところが重要なのよね(笑)


4年後はここでW杯の熱い試合が繰り広げられます




IMG_5335.jpg



地元の小学生が沢山見学に来ていて、
私たちをみると「ジャポネ、ジャポネ!」と大騒ぎになって
スターになったみたいに写真をバチバチ。すっかり人気者になってみんなで
記念撮影...爆



以上ブラジルサッカー・スタジアム見学編でした
ブラジルサッカー・観戦編も近いうちにUPしますので、おつきあいを...




今回のブラジルサッカー観戦やW杯ではいろいろ思うところがあるなぁ~



ということで駆け足のリオデジャネイロ



最後に..リオはいろんな見所があってまだまだ周り切れませんが



DSC08221.jpg





随所に点在する「スラム」の存在を忘れることはできません。
この貧困層のパワーが、ブラジルサッカーの強さであり
(↑この発言はあたしじゃなくて、このイベントでのドゥドゥのもの)
美しく熱狂的なカルナバル(カーニバル)のパワーであるのだなぁ~と実感、
それほど「スラム」は至る所にあり、リオの街に存在感を示していました


そしてリオを発ち、ミナスジェライス州のベロオリゾンチへ
いよいよ、10ヶ月ぶりの娘との再会です


■2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です


13:37 | ブラジル | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●コパカバーナ海岸「La Maison」のアンティパスト




イパネマの夜②のつづきです


感激だったVinicius Bar (ヴィニシウス・バー)でのボサノバライブの
終了後はタクシーに乗ってコパカバーナ海岸沿いのホテルにもどりました



で、ライブの余韻で眠れない私たちは、ホテルすぐそばのオープンエアのPIZZERIA
(ちなみにホテルはちょっと残念なカンジデシタ...)



La Maison(ラ・メゾン)



P1270862-10.jpg
お借りした画像です。ソースさんがわかりませんがありがとう。
よくまぁ~このお店の画像があったものです。
オープンエアーの店舗は右側のテントです。




良く食べ良く飲む、父娘でしょう。
私がこんな食べ物ブログをやっているのも、父のくいしんぼうの遺伝なんです..笑



イパネマのイタリアンに習って、アンティパストを頼むと出てきたのが↑の写真



DSC08291.jpg



この内容で9ヘアイス。Pizzaの半額位、だいたい550円位なんですよ。
安いでしょう~。やっぱりオリーブがおいしくて、またワインがすすんでしまう..


どうってことないお店なんですが、なにしろホテルに近いもんですから、
ブラジル滞在中一番利用したお店でした。



IMG_5395.jpg
最初は、ポルトガル語がわからず、やっと赤ワインとフライドポテトを頼んだのも良い思い出(笑)
初めから、このアンティパストの存在を知っていたらなぁ~(笑)



100617-02.jpg


こちらはある時のPizza&サラダ・・特別おいしくありませんが^^



コパカバーナ海岸は


08-rio-160.jpg
                        お借りした画像




海岸沿いにホテルが立ち並び、その前にLa Maisonのような
オープンエア(テント形式)のレストランが沢山あって...


ホテル近く便利で4回来店しましたが、残念ながら、何度通っても東洋人は
海岸沿いの席には案内してくれませんでした、空いていてもむさいホテル側の席での食事。
(私達以外の東洋人もしかり)。
ブラジルは人種差別のない国だよ。と、聞いていたので(こちら)残念。
イパネマのイタリアンのお店では、そんな対応はなかったのでなおさら....



それはおいても、リオ最後の夜は楽しく更けて行きました



DSC08293.jpg


リオを発つ朝は、雲一つない快晴...


●2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です


●リオで引っ張っごねんねー。次回はおまけで食べ物以外のオを...
4年後のW杯やオリンピックでブラジルに渡航する(したい)人が、
多いと思うので参考になったらいいなぁ~っておもって書いてます。
と、いうか、4年後のW杯にブラジルに私自身が行きたいきもちでいっぱい...^^


La Maison




関連ランキング:イタリアン | リオデジャネイロ





01:39 | ブラジル | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●イパネマの夜②「Vinicius Bar」でボサノバ

DSC08287B_20100616093303.jpg



イパネマの夜①からの続きです



イタリアンレストランを出て、危ないと言われるイパネマの街を
早足でライブハウスへ..といっても距離は30m位でしたが....笑
週末のにぎわいであぶない雰囲気は無かったです



Qooにも「リオは危ないんだからね。」と言われ
ジェニーにも「リオでホテルから出るタクシー以外は絶対乗っちゃダメ」と釘をさされ、
娘二人にやたら心配されていたんですけど、じじとママは若干弾け気味です^^



Vinicius Bar (ヴィニシウス・バー)



ほんとに行ってよかったです。
本場のボサノバはすばらしい♪



この日夜12時からMaria Creuzaさんという
実力シンガーのライブが目玉で、50名ほど入れるお店はほぼ満席。



まずは前座のおじさま...



私たちが、ボサノバといわれて思い浮かべる通りのボサノバの弾き語りでした
南国の空気感ただよう、独特なゆるさに癒やされます。
カイビリーニャをすすりながら聴いている、音楽音痴の父もすっかり
ボサノバの癒やし感に満足している様子。




私はコカコーラ・ゼロをすすりながら..
        (危ないといわれるリオで親子で酔っぱらうわけには..笑)



前座のおじさまのパートでは、耳馴染みのある曲もかかり
ラストはやっぱり「イパネマの娘」で終了。



いやぁ~、いいねぇ~ ボサノバ最高!



そしていよいよMariaさまの登場!のまえの


DSC08288.jpg



おやじバンドの演奏。これが渋くてしびれたっっ!
           「やられた~~っ」て感じです。



そして、真打ちMariaさん は...



す..



す...


すっ....





DSC08289m.jpg





すごいど迫力です。



この迫力のボディから発せられる声がまたすごいっ
ぐんぐん、観客を引き込んでいきます。
円熟ってこういうことなのね..


ぎゅうぎゅう詰めの会場も盛り上がって



最後はやはり有名な Mas Que Nada Bossa Nova(マ・シュケ・ナダ)



で最高の盛り上がりをみせ、Live終了。



いやぁ~音楽ってやっぱりすばらしい。Liveって最高。
ずっっと音楽とダンスを楽しんで年取って行きたいなぁ~
って改めて思いました。



この夜のボサノバとの出会いには感謝でいっぱいです


最後は観客も大合唱でした。観客層が、だいたい40代後半から夫婦が、
その友人とともに..って構成、大人が楽しめるライブハウスでした。
良いですね。近所にあったら通いたい。


あんなに「オレは行かないよ」と言っていた父が一番たのしかったようで..




DSC08290.jpg



Mariaさんとも握手して別れました



ライブのすばらしさで余韻が残って、とてもまっすぐホテルに帰って寝る気にもならず..
この夜はまだちょっと続きます。


●Vinicius Bar(ヴィニシウス・バー) ブラジルの公式サイト


●2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です


Vinicius Bar 




関連ランキング:バー | リオデジャネイロ




21:11 | ブラジル | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●イパネマの夜①「Osteria Dell Angolo」の前菜セット






ガイドのKURALAさんによればイパネマ地区というのは
大人が遊ぶおしゃれな地区だそうです
この晩はイパネマの街を案内、といっても、もう契約外の時間に
わざわざ来てくれて、ホントにありがたいガイドさんでした



イパネマといえばボサノバ



イパネマの娘はあまりにも有名ですね..
ホテル前でおちあって、タクシーに乗り込みKURALAさんの案内でイパネマの街へ..




DSC08276i.jpg




↑こちら「ガロータ・ヂ・イパネマ」は作曲家アントニオ・カルロス・ジョビン
が即興でイパネマの娘を作ったお店として有名
その席が今も保存されています。入店して見せていただきましたが写真はとらず..



このお店を見学したあと、ワインが豊富なイタリアンで食事をして、
本場のボサノバを聴きに行くと良い。というのがKURALAさんの提案で、
KURALAさんはこの後、別のクライアントのガイドをしなければならないので
先にボサノバを聴けるライブハウスに案内してくれました。


まだライブハウスは準備状態でしたが、KURALAさんが
「この日本人たちが後で立ち寄るからよろしくね」
とお店の方に声をかけてくれて..


でも、そう言うことにぜーーんぜん興味のない父は乗り気ゼロ..笑


私はとても行きたかったのですが、ここで「絶対行く!」などといえば
父は死んでも行かないだろうとにらんだ私は..



「ごめんなさ、KURALAさん。音楽に全く興味のない父は、このお店に
 来ることはないと思う、せっかく紹介してくれたのにごめんね」



とあやまりました。すごく残念そうなKURALAさん。私も同じく...



気を取り直して、イタリアンレストランへ..

osteria-dell-angolo.jpg




Osteria Dell Angolo(オステリア・デランゴロ)

おしゃれなセンスのよいお店でした。



DSC08278.jpg



まずはワインセラーを見学。
すごーーい!こういうお部屋が2部屋ありましたよ。



DSC08286.jpg




適当な赤ワインを選んでもらいましたが、
昼はシェハスコで満腹、しかも出がけにホテル前のPIZZLIAで
Pizzaをつまんじゃった私たちは全然お腹が空いていず..
そのあたりをお話し、前菜セットみたいなのがメニューのTOPにあったので
それとパスタのみの注文をしました
KURALAさんは帰ってしまったので、これがまた四苦八苦...笑



DSC08280.jpg


この前菜の数々が、ホントに美味しかったんです。

オリーブ、野菜のマリネ、サラミソーセージ、バターとリエット
フォカッチャって所だったのですけど


とくにオリーブと野菜のマリネが絶品でした


このお店でイタリアンを楽しむためにまたリオに行きたい位です


DSC08283.jpg



パスタのお味も良く..



DSC08285.jpg



最初からひと皿を2人前にシェアしてくれました
父はチーズをたぁ~っぷり


赤ワインも申し分なくおいしくて( でも高かった..笑 )



ワイン好きの父は、すっかり、ごきげん♪



「せっかくだから、お店すぐそばだし、
           ボサノバ聴きに行かない?」




と そそのかすと 誘うと..



せっかくブラジルまできたしなっっ!!
          じゃっ、行くかっっっ!!






ふふふ..




いくつになっても娘は父親の操縦はうまいのですよ..




●Osteria Dell Angolo  トリップアドバイザーのページはこちら

●2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です


Osteria Dell'Angolo  




関連ランキング:イタリアン | リオデジャネイロ



22:32 | ブラジル | comments (9) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●W杯2010 対 カメルーン戦

DSC08996.jpg






ただ、ただ嬉しいです





8年振りの勝利!



4年待った乾杯はオランダ戦の前にする予定です♥ (過去記事参照







01:26 | おいしいおはなし | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●リオデジャネイロ「POROCAO」のシュハスコ

DSC08225.jpg




おいしいおひるごはんも大好きですが
イケメンも大好きなKyoko007です....




さて、ブラジルを代表するお料理といえばシュラスコ
ブラジルではシュハスコと発音していました
現地でも何度となくいただきましたが、今回はリオデジャネイロの



DSC08270.jpg



POROCAO さんをご紹介します



DSC08273.jpg



ブラジルにはシュハスカリアといわれる気楽なシュハスコ専門の
レストランが沢山あるそうですが、こちらは高級なお店になるそうです
でも、日本よりはずっとお安く、勿論食べ放題でひとり4.000-位です



DSC08244.jpg




天井が高く広々とした店内



DSC08243.jpg



窓際の席からは、リオの海岸が気持ちよく広がっています
と、いってもイベント前なのか?テントをを貼る作業中^^



DSC08232.jpg  DSC08235.jpg

DSC08236.jpg  DSC08226_1.jpg
 



シュハスコ以外の前菜やお魚料理はブッヘ形式になっておりましたが
これが大変充実した内容





DSC08230.jpg



チーズや..



DSC08241.jpg



お寿司まで..



DSC08229.jpg




そして盛りつけが芸術的に美しい。




DSC08224.jpg



メインのお肉。


・牛肉
 Picanha(ピカーニャ、ランプ肉
 Alcatra(アルカトラ、サーロイン
 Cupim(クッピン、コブ肉)
 Picanha no Alho(ピカーニャ・ノ・アーリョ、ガーリックステーキ
 Costela(コステーラ、リブ・あばら骨周辺)
・豚肉
 Lombo(ロンボ、ロイン)
 Costela(コステーラ、リブ)
 Linguica(リングィッサ、ソーセージ)
・鶏肉
 Frango(フランゴ、手羽元
 Coraçoes(コラソン、ハツ・心臓
その他
 Abacaxi(アバカシ、パイナップル)
 Camarao(カマラォン、エビ)

太字が実際いただいたものです。


IMG_5445.jpg
                           肉もギャルソンも迫力満点





ガーリックステーキ以外はシンブルに岩塩と胡椒で味付けをした肉を炭火でじっくり
焼いています
日本ではちょっと苦手だったハツが、新鮮でおいしくて好物になりました。
ピッカーニャというランプ肉はシェラスコの代表的部位。



DSC08223.jpg




こちらでも書きましたが、ブラジルはこういうスナックがおいしいの
これはもっともポピュラーなパステルというスナック、勿論Beerと良く合います

ランショーネで気楽にたべられるスナックが高級レストランに登場するのに
フェイジョンやフェイジョアーダなどの豆料理は出てこないので
同席のガイドKURALAさんに訪ねると


リオなどの都市部ではだんだん食べなくなっているのだそう
ちょっと残念ですね...


DSC08247.jpg


赤ワインとおいしそうなデザートもいただき、充実しすぎるほどの
おいしいおひるごはんでした



さて、最初に登場したイケメンさん


シュハスコというのは元々ブラジル南部のカウボーイ
ガウチョとよばれる白人(但し調べてみると、スペインと原住民の混血)の
お料理なので、このお店ではシュハスケイロとよばれるギャルソンもみな
彼のような白人のみで運営されていたそう・・最近はゆるんでシュハスケイロ
は様々な肌の色の人が登場するようになったそう..



DSC08256.jpg




そういえば、サンバショーのプラタフォルマは逆に以前は人種はとわず
白人ダンサーもいたのだけど、今はムラタ以外は登用しないんだそう



多民族国家ならでわですねぇ~



KURALAさんは、リオが公認のガイドなので「顔」で厨房ものぞかせて
いただきました。



DSC08257_20100614002409.jpg



こんな風に焼いておりました



DSC08258.jpg



舞台裏のフレンドリーな表情
お肉もイケメンもお好み次第よぉ~




私はねぇ..










IMG_5449.jpg


へへへ... ( *´艸`)



●POROCAO   ブラジルのサイトはこちら

●2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です


Porcao Rio's




関連ランキング:ブラジル料理 | リオデジャネイロ




23:21 | ブラジル | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●大宮駅東口「グレージングバー愛花夢」でウォッカトニック

DSC08973.jpg




ワールドカップが始まりましたね~♥




もうワクワクです。




DSC08971.jpg
                       酔っていて気の利かない写真ですが....^^




夕べはこちらのお店のモニターで観戦しましたよ!
仲良しブロガー3人集まってのミニオフ会でした。
3件目ですっかり出来上がった感じの私たちでしたが....^^



地元で飲むと安心感か、つい、飲み過ぎちゃいますね~
ちょっと酔ってしまいました^^



なんか起きたら、頬がすりむけてるんですけど...



どうしたのかしら?....( *´艸`)




DSC03685_1_20100612122933.jpg




2006年から開けられない我が家のワイン(過去記事



今年は開けられると良いなぁ~


愛花夢





愛花夢さんってよく前はとおるのですが、ネーミングから
ちょっと前のスナックとかバーってイメージでした^^
意外(失礼!)とおしゃれなお店で良い雰囲気です。
モニターがあるし、大宮アルディージャのフラッグが沢山飾ってあったので
試合の放映もあるのかな?だったら是非また伺いなーと思っています。


●と、言うわけでまたブラジルにもどります...笑

12:26 | さいたま・大宮区2 | comments (11) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●ブラジルのスナック①「コッシーニャ(Coxinha) 」

DSC08304.jpg




ブラジルの街にはファストフード以上に
ランショーネといわれる、気軽なスナックを売っている
お店が至るところにあって、このスナックが実においしかったです
写真はコッシーニャ(Coxinha)
ランショーネのスナックの代表的なもので、さいた鶏肉をクリームにつつんで揚げた物



561902.jpg
                                  お借りした画像です

コルコバードのキリスト像が残念ながら改装中だったので
やはりリオの名所である


ポン・ジ・アスーカル


という山...というか巨大な岩に登ってきました
直訳すると「お砂糖のパン」っていう意味なんだそうですけど
コッシーニャにも似てますよねぇ



ロープウェーを乗り継いで登ります。



DSC08181.jpg



ひとつ目のロープウェーからポン・ジ・アスーカルを見たところです



DSC08184.jpg

ポン・ジ・アスーカルから撮影したコパカバーナ海岸。まさに絶景。


ロッククライミングのメッカでもあり


DSC08182.jpg


人が....笑



すごいですねぇ~



ポン・ジ・アスーカルに最初に登ったのはイギリスの女性登山家
なんだそうです。で、山頂にイギリスの国旗であるユニオンジャックを
かかげたそうな。で、それに続いてブラジル人たちもこの巨大岩に登るに
いたったのだそうす。



そう、ユニオンジャックを取り去るためにね...


ははははは..


ガイドKURALAさんに聞いたこの笑い話、結構ツボ...( *´艸`)




DSC08200m.jpg


自然のサルも可愛いかった


●2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です




17:25 | ブラジル | comments (11) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●リオデジャネイロ「Plataforma」でカイピリーニャ

DSC08160.jpg




リオデジャネイロの夜は熱いです。
だいたい9時過ぎから街に繰り出し深夜まで遊べます。
といっても治安が悪いのでご注意。リオでの旅行はKURALAさん
という日本語がOKな日系女性がガイドをしてくださったので
夜も安心して遊ぶことが出来ました、と、言っても父とですが...^^



リオ観光、夜の目玉であり定番、有名なサンバのショーが楽しめる



Plataforma1 (ブラタフォルマ1)へ繰り出しました。



DSC08158.jpg



カイビリーニャはカッサーシャというサトウキビの蒸留酒とライム
で作られた強いカクテル。こちらをいただきながら、ショーを楽しみました



カイビリーニャは私の写真では分かりにくいので....



060720pinin-thumb.jpg


こんな感じ。沢山のライムがさわやかでおいしい..
カッサーシャはお土産で買ってきたので、飲んでみたい方は
ライム持参で我が家へどうぞ..


ちなみに作り方は こちら


いよいよショーが始まります



IMG_5361_20100607235855.jpg



ブラジルの歴史をダンスで綴る構成


IMG_5365h.jpg



ダンサーのお尻が可愛いです。
リオのカーニバル会場のもモニュメントがお尻の形になっている
というのも納得(こちら...踊りがちがうけど)



IMG_5375.jpg



圧巻のダンスは徐々に盛り上がり..
カイピリーニャの酔いで、良い気分になったころ



IMG_5376.jpg



司会者のおじさま登場!



このショーには欠かすことの出来ない名司会者だそうで
観客にむかって、どの国から来たの~?と呼びかけます



「ヘーイ!インドの方います~?」




みたいな感じですね。で、



「ジャポネ?」って勿論きかれましたので




はい。はい。はーーい、、と手をあげて、ステージにあがり




「上を向いて歩こう」....笑




を、日本代表で熱唱してきましたわよっっ (証拠)





いろーーんな国の人が、いろーーんなお国の唄をうたって
なんだか、とってもハッピーな感じになり





IMG_5389.jpg



ダンスも SAMBAぁぁ~っっ



って感じになって、この美しいお姉様とサンバを踊ってきました(証拠2)




父は実は20年振り、2度目のブラジルで「Plataforma1」のショーも
2度目、20年前と司会のおじちゃんも構成も「上も向いて歩こう」も(笑)
全くかわらないんだって...笑


しかしラテン系の黒人と白人のハーフであるムラタ(男性はムラト)と呼ばれる女性たちは、本当にきれいですね~。
でっかいのよねぇ~。これで青かったらアバターのネティエリみたい...
ショーがすべて終わって、ガイドのKURALAさんが待っている
ロビーに戻ると、美しいムラタたちがオーディションに来ていました
KURALAさんは「がんばってね」と声をかけて別れていました



IMG_5344h.jpg



こちらは日中のリオのカーニバル会場。
あの熱狂が繰り広げられる場所とは思えない程静かでした。
真ん中にあたりにちっちゃく子ども達が写っているのですけど
その子たちがサンバを踊っていました。
「上手~!もう一回踊ってっっ」と声をかけると恥ずかしそうに
行っちゃいました。KURALAさんによれば「スラムに住んでいる子たち」
だそうです。先のオーディション会場にいたムラタにしてもそうですが
カーニバルやショーで踊るダンサーになるのは、ひとつの成功の形なのでしょうねぇ~。
空港を降り立ってすぐに、スラム街が目に飛び込んでくるので、美しいコパカバーナ
海岸などにうっとりしつつ、ブラジルが貧富の差の激しい国であることを肌で感じる旅でもありました


●2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です

Plataforma




関連ランキング:ブラジル料理 | リオデジャネイロ




00:09 | ブラジル | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●リオデジャネイロ「コロンボ(Confeitaria Colombo)」のブッフェ





アトランタからリオへ..


リオデジャネイロといえば、コパカバーナ海岸



IMG_5330.jpg



2014年にはワールドカップが行われるマラカナンスタジアム



images_20100606202619.jpg



現在改装中のコルコバードのキリスト像




DSC08194.jpg



ダンスはカポエイラ..
(↑はポン・デ・アスーカルの子ども達
 貧困層の青少年がが麻薬に走らないよう国をあげて推奨しているそうです)



いやいや、やっぱり




IMG_5389.jpg


サンバでしょう~♪ (Plataformaというリオの老舗ショースペース)



と、リオにはみどころが沢山。



初日のお昼はリオのセントロ(旧市街地)に佇む



Confeitaria Colombo (コロンボ)





DSC08127.jpg



入り口からはわかりませんが、お店に一歩足を踏み入れると
素敵な雰囲気にうっとりしてしまいます
ツアーなどには組み込まれないけれど、現地の方もお茶をするお勧めスポットだそう
詳細はこちらのサイトにありました。



一回は気楽なカフェ、二階ではブッフェ形式のレストランになっています。
↑の写真は2階から撮影、一階のカフェから撮影した写真はこちら



DSC08096.jpg




2階のレストランで食事を..
ブラジルのレストランはブッフェ形式か、ブッフェタイプの食事コーナー
から好きな料理を盛り付けて、お皿の重さで料金を支払うタイプがほとんどでした


DSC08097.jpg DSC08099.jpg

DSC08100.jpg DSC08098.jpg




メインの銀鍋には、ブラジル料理らしい肉や豆料理が沢山




DSC08106.jpg



ジェニーが我が家に滞在中、教えてもらったお料理の本格版だーー。
と思うとちょっと感激。
私にとっては、肉料理は迫力がありすぎで、お米&豆料理がやっぱりおいしく感じました。




DSC08094_20100606213404.jpg



充実のデザート類は




DSC08124.jpg




ほぼ全部盛り付けてしまったりして...^^


欲ばってしまいましたが、この日からほぼ毎日ブッフェ



今でも体重がもどりませんよ、はい。.....笑


今日からブラジルごはんが続きます。おつきあいを...


●2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です


Confeitaria Colombo




関連ランキング:ブラジル料理 | リオデジャネイロ




●のろのろ更新です。でも土曜日に仕事が一段落したので、
 今日からはちょっとつづでも毎日更新したいなぁ~~と思っています
 コメ欄いましばらく、失礼します。ぺこり。


20:41 | ブラジル | trackbacks (0) | edit | page top↑

●アトランタ空港「Samuel Adams」でBeer

*追記:このブログもこんなに長くつづくとおもってなかったのですが、長い目でみて乗り継ぎ空港の記事だけどアメリカカテゴリーつくっちゃいました(笑)

DSC08043.jpg




今回のブラジルへの旅行はちょっと観光&娘の留学関係への
訪問で、帰国は留学を終えた娘と共に帰ってくるというもの..



同行したのはお馴染みKyoko007父...笑
夫は直前に仕事の都合でいけなくなってしまい残念ながら留守番でした。



10ヶ月前...



成田空港をひとりぼっちで泣きながら旅立て行った娘(過去記事はこちら



ブラジルへの渡航はその足跡をたどる旅でもあり、
ポルトガル語は勿論、英語もおぼつかない娘がひとりでどんなに心細く、
勇気を振り絞って前にすすんで行ったことだろうと思うと
アトランタへ到着してからの入国審査、空港での待ち時間..
そこここで、胸が熱くなる思いでした



ま、



それはそれで、11時間のフライトのあとは
リフレッシュしたい..^^




アトランタ空港は世界一大きな空港




DSC08030.jpg



各出国のターミナルへは地下鉄で移動します



DSC08033.jpg




お店は果てしなく沢山あって飽きません。フードコートではPianomanも..



DSC08036.jpg




Samuel Adams と言うお店で一息つきました 
      Beerがおいしかった~♥
(追記:ママンちゃん情報~ 
  サミュエル・アダムスはボストンの地ビールなんだそうです。
  本当においしいBeerだったんですよ、納得です) 




DSC08045.jpg



大型モニターでスポーツ観戦もできる気軽なBARというかんじ



DSC08054.jpg


フライドチキンとサラダで乾杯
サラダのラズベリーソースってめずらしい..



食後もひとり空港をうろうろ..



DSC08070.jpg



広い~
   楽しい~




と。気が付いたら出国ゲートから外に出ちゃってて..
戻るのが大変..




どんだけおのぼりさんなんだか..




DSC08023.jpg



出発20分前にやっと戻れました。
父もどんだけ心配したか....



次回、ようやくブラジルに到着です。




●時差ボケのKyoko007です。コメントありがとうございます。
 なかなかレスやご訪問ももおっつかないので、しばらくコメ欄失礼します。
 ぺこり


07:45 | アメリカ | trackbacks (0) | edit | page top↑

●見沼区「甲子屋(きのえねや)」の鰻






昨夜、ブラジルから娘(Qoo)と共に帰ってきました



えっ。ブラジル料理じゃないの?って感じですが
すみません。和食が恋しくて成田から直行してしまいました。
和食のお店。家から一番近い鰻やさん



甲子屋 (きのえねや)さんです



え~、ブラジル料理も勿論よかったんですけどね....^^ それは後ほどたぁ~っぷり..




帰国を祝って乾杯!


ブラジルだと、chinchi~n♪


って言います。なんか可愛いでしょ。


でも日本でchinchi~n♪


はちょっとためらわれるので小声で..


chinchi~n♪




DSC08845.jpg




小さなお通しの煮物がうれしい..あ~魚の煮物がこんなに旨いとはっ!



DSC08849.jpg



もろきゅう



DSC08847.jpg


おつけものなどをこんなに気合いをいれて食べたのは初めてかも?....笑



DSC08854.jpg



まぐろのお刺身
......泣けるっっ!醤油とわさびっていいなぁ~





DSC08858.jpg



Qooはトリカラに感激。



甲子屋さんって近所では、鰻の評判も良いのですが、
メニューも意外と豊富で使えるお店だわ~♥



DSC08856.jpg


きも焼き ときたらば..



DSC08860.jpg




日本酒もいただきたいですよね。
ブラジルのカイビリーニャもおいしいけど、やっぱり日本酒は最高!



DSC08862.jpg



白焼き
このお店、いいわぁ~、ちゃ~んと器が温められております。
私、家でもステーキなどは冷たいお皿には絶対盛りたくないタイプなので
器の温度はおさえ処なんです。
肝心の白焼き、脂ののりがちょうど良く、脂も軽くておいしい。
驚くほど臭みがなく、とてもおいしい白焼きです




DSC08866.jpg



こちらは蒲焼き
タレが大変ライトテイスト!あっさりしております。
こってりと甘辛いタレが好きな方には物足りないかも知れません
個人的には二重丸です。ヘビーな食事が多かった海外旅行帰りという
ことを引いても好みのタイプ。鰻そのもののおいしさが際だつ感じに思いました。
(山椒かけすぎですよね...笑)



DSC08869.jpg



うな重
先のライトな蒲焼きに、固めにぱりっっと炊かれたごはんが良く合います
醤油味の絡んだごはんって、久しぶりに食べるとむっちゃおいしいわぁ~~♡
けして脂がのっていないわけではなく、身もふっくらみっちりしてるんですが
とても軽い感じで食べられるうな重です。上品なうな重。とも言えるかな?



近所なのに、以前ランチで一回利用しただけでしたが、
恋しかった日本食もいただけて、ブラジルから二日かけての長旅の疲れも
いやされました。近所だからまたちょくちょく利用したいお店でした!



というわけで..娘Qooが帰国して、今日からまた親子3人の暮らしが
もどってきました。とたんににぎやかになった我が家です



おまけ..



今日はお留守番だった夫の誕生会をしました♥



DSC08879.jpg



ケーキの横に写っているのは、娘がブラジル留学中、夢にまで見た豚キムチです...笑



次回からブラジル食紀行、読んでくださいね!



甲子屋







●いつもお立ち寄りくださりありがとうございます。
 旅行中もコメントありがとう!
 ブログ友ちゃんのところにはちょくちょく覗いているのですが
 コメント残せずごめんねぇ~、マイペースで伺わせてくださいね


11:28 | さいたま・見沼区1 | comments (16) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。