スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

●島根・出雲市駅「和食居酒屋 神門」で夜ごはんと寝台列車サンライズ出雲

PhotoGrid_1377490761872.jpg




出雲大社の「出雲の案内人」さのんツアーを終えると、
お腹は空いているものの、もう帰る時間が近づいていました
お土産も見たいし、とにかく駅に行かなくちゃっということで駅へ、
駅でお土産を調達すると、もう食事をする時間は
1時間くらい...



駅の中には、良くある駅そば屋さんのような出雲そば店しかなく
南口をちょっと見渡すと、雰囲気のある居酒屋さんがあり
そこで夕食を取ることにしました



20130730_174108.jpg


和食居酒屋 神門 さん


予約がいっぱいで、カウンターしか空いてなかったのですが
それだけ人気の店なのか、食事はみなとてもおいしく
旅の最後の食事としては、よかったです


島根らしさ ゼロ ですが...


このお店は同じ建物に「らんぷの湯」という天然かけ流しの
安くて有名ば温泉があって、当初の予定では立ち寄りたかったのですが時間切れ...









最後のお楽しみは...



DSCF3365.jpg


夜行列車 サンライズ出雲


この旅は、実は「夜行列車サンライズ出雲に乗って出雲大社にいきたい」
というところから始まったのです、しかし出雲は今大人気!
予約がとれなかったのですが、旅の行程を全く逆にするプランならばとれます
ということで、最初に広島、最後に夜行列車に乗って
東京に帰ることになりました



午後7時8分出雲市駅発



当然ながらベッド!



section-2pic2.jpg
写真はこちらからお借りしました


様々なタイプのお部屋がありますが、一番多いタイプの
シンプルなシングルルームのB寝台
ここを選んだ、というよりここしか空いてませんでした
ツインがいいな、とは思いましたが夫婦で二泊三日ずーーっと一緒
だったから、かえってひとりになれて良かったかも(笑)
これ、オットもそう思っているはず(笑)




20130730_220513_1.jpg



ランプの湯に行きそびれてしまったので、
電車が動き始めるとすぐに、列車内のコインシャワーを浴びてすっきり!



20130730_224510_1.jpg



車窓から...
岡山あたり?? 旅先の窓から仕事帰りの人々で賑わう
日常の駅の光景を観るのはちょっと不思議




サンライズ出雲はコンパクトな寝台車で、食堂車などはなく
移動販売もなく、簡単なジュースの自動販売機のみ




section-3pic2.jpg




少し休んだ夜半に、
ミニロビーとよばれる、簡単なカウンターとイスある車両で



20130730_220827_1.jpg 20130730_234559_1.jpg



缶コーヒー買って、出雲市駅で買ったもの持ってきて
オットと夜ですから静かに飲み会し...



あとはそれぞれのお部屋にこもって
ぐっすり眠って帰ってきました



朝7時半頃、東京駅着  




本当に駆け足だった、今回の旅行
二泊三日で2県はちょっときつかった、それぞれの場所で
もっと行きたかったところが沢山あったけど、
本当に代表的なスポットに絞っての旅でした
それにしても島根で「らしい」食事ができなかったのは残念~



パワースポットとお城を巡る旅は、今後も行きたいところがいっぱい
また、寝台車っていいな。カシオペアにのって北海道にいってみたいなー


●サンライズ出雲紹介ページは こちら 



●●● お城とパワースポットめぐりの旅2013 ●●●
 1.お城とパワースポット巡りの旅
 2.広島駅「尾道ラーメン三公」のラーメンと広島城
 3.世界遺産「安芸の宮島」でいろいろ.....
 4.広島・宮島口駅「うえの・他人吉」の穴子めしご膳
 5.島根「玉造温泉」でいろいろ.....
 6.島根「松江 地ビール館」で地ビールと松江城
 7.島根「神います空 神集いし社、古代と現代が交わる場所」出雲大社
 8.島根・出雲市駅「和食居酒屋 神門」で夜ごはんと寝台列車サンライズ出雲


和食居酒屋 神門




関連ランキング:居酒屋 | 出雲市駅電鉄出雲市駅出雲科学館パークタウン前駅







関連ランキング:居酒屋 | 出雲市駅電鉄出雲市駅出雲科学館パークタウン前駅









スポンサーサイト
15:45 | 島根 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●島根「神います空 神集いし社、古代と現代が交わる場所」.出雲大社

DSCF3361.jpg



書かなくちゃ、書かなくちゃと思っていた
お城とパワースポっトを巡る旅、最終章
まさかの充電器忘れで、残絵なスマホ画像です<(_ _)>


松江の地ビール館で軽いおひるすませ、私たちは、


いちはたでんしゃ



一畑電車 いちはたでんしゃ


という可愛らしい電車にのり、宍道湖沿いと
延々と連なるのどかな田園風景を抜けて



出雲大社



今年、出雲大社を訪れたかったのです



20130730_150616.jpg



今年は60年に一度の 平成の大遷宮の年



私も今一つわかっていなかったのですが、
出雲大社の本殿を60年ぶりに平成20年から5年間修繕をして、
平成25年の今年がお披露目の年ということだそうです
その間、神様は本殿から別の社に仮住まいされていたのですが
この5月にめでたく、本殿にお戻りになられたそうです
良くわかっていないのに、なんとなく今年は出雲大社にいこうかと...おもったのです




安芸の宮島同様、地元観光協会のガイドツアーに参加しました



20130730_150724.jpg



出雲の案内人 は 意外にもイケメンボーイでした




20130730_150605.jpg



四つの鳥居を抜けて、出雲大社を目指します



DSCF3325.jpg



途中にある「竹野屋」さんという旅館は竹内まりあさんのご実家だそう...



20130730_152202.jpg


太古の松並木を超えると...


小さいころに話聴いた「いなばのしろうさぎ」のモニュメント
この「いたずらうさぎ」を助けたのが、大国主命(オオクニヌシノミコト)


その大国主命(オオクニヌシノミコト)を祭ったのがこの出雲大社であり



オオクニヌシノミコトのこどもである
「天照大御神(アマテラスオオミカミ)」が大国主三言が作った葦原中国(日本の国土)
を治める代わりに、立派な宮殿を建立したのが起源とされていうそうです


遠い遠い 「古事記」に描かれたお話がここに在りました



20130730_152846.jpg




最後の鳥居を超えると、見知った神社と大しめ縄...
でも、本殿はこの奥にあり、このしめ縄は、案内人さんによれば
そう大きなものでもないだそうです


それにしても 本殿を 真正面から拝むことはできないんですね



20130730_154726.jpg



案内人さん曰く、一番良く本殿が見えるところからの本殿


古事記 の世界だ....


さらに本殿の裏にまわると、



20130730_154955.jpg



素鵞社(そがのやしろ)といわれる
ヤマタノオロチ退治で有名な、素佐之男命(スサノオノミコト)が祭られた社があります
素佐之男命(スサノオノミコト)は大国主命(オオクニヌシノミコト)の父であり
素鵞社(そがのやしろ)は出雲大社の本殿よりも高い位置にあり 
この場所が最も神気を感じる場所といわれているそうです


素鷲社(そがのやしろ)から振り返ると
本殿の後ろ姿がありました


20130730_155423_1.jpg


ここ、周辺の空気感は観光案内にあるとおり
確かに神気を感じる場所でした




大国主命は沢山の女神と結婚したくさんの子供をつくったことから
出雲大社は縁結びの神社としても有名で、たくさんのおみくじや絵馬が
杉並木に掲げられてました



20130730_160250.jpg



たった一人の大好きな人と結婚
すてき家庭が築けますように....


なんと純粋で可愛いおねがいごとでしょう..



aerialphoto2013keidai.jpg


ここまでの、全体像はこんなかんじ...
右方向から、時計回りにぐるっと本殿をめぐりました


写真の本殿エリアを左方向に進むと、ここに出雲大社の象徴のような
大注連縄(大しめ縄)がある神楽殿という拝殿があります



DSCF3361.jpg



太さ3m、長さ8m、重さ1,500kgもあるそうです


20130730_161108.jpg


大きいっ 


このしめ縄に10円玉を放り投げて、うまく挟まると願い事がかなう..
という「いたずら」がかなりはやっていたそうすが、現在は禁止されていて
10円玉が入らないように、しめ縄フリンジ(とはいわないとおもが)には
網が張ってありました



20130510izumo_1_1.jpg



神楽殿の全体像 (こちらからお借りしました)



出雲大社のイメージって、パワースポット 大しめ縄 縁結び...
ってところでしたが、出雲の案内人Boysのお話を伺い
また、この備忘録記事を書くことで改めて「古代」を意識しました


神います空神集いし社、
     古代と現代が交わる場所...出雲大社




あらためて、また伺いたい



さて、旅もいよいよ終了!! 



島根のグルメ..... たべてないっ!^^
ということで何年ぶりかで、食べ物なし記事となりました 



●出雲観光ガイド 出雲大社のページ わかりやすいです こちら




●●● お城とパワースポットめぐりの旅2013 ●●●
 1.お城とパワースポット巡りの旅
 2.広島駅「尾道ラーメン三公」のラーメンと広島城
 3.世界遺産「安芸の宮島」でいろいろ.....
 4.広島・宮島口駅「うえの・他人吉」の穴子めしご膳
 5.島根「玉造温泉」でいろいろ.....
 6.島根「松江 地ビール館」で地ビールと松江城
 7.島根「神います空 神集いし社、古代と現代が交わる場所」出雲大社


18:40 | 島根 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●島根「松江 堀川地ビール館」で地ビール&松江城

1matue (11)



松江城鑑賞の後の、地ビール



おいしかったなーー。




続きを読む
02:44 | 島根 | trackbacks (0) | edit | page top↑

●島根「玉造温泉」でいろいろ....

DSCF3181.jpg



宮島口から広島カープの電車に乗って、また広島駅へ
そして、土地勘がないものでオットとあーでもないこーでもない
とやっとたどり着いた、高速バスの乗車口にたどりつき



DSC01496.jpg



松江ゆきのバスに乗り、中国自動車道をひた走り、


島根県 玉造温泉 の宿へ...


広島から島根って、車でも電車でも3時間もかかるんですねー
宿に到着したときには、夜も更けておりました


玉造りという名前の由来は、ここで瑪瑙(めのう)が採掘できたために、
この地の人々が玉造を生業としていたことに由来している...
とタクシーの運転手さんに教えてもらいました。へぇぇーーー。



名湯にさっとつかって、夕食




PhotoGrid_1376126016862.jpg



島根牛とあさりのごはんは美味しかった、
あさりは近くの宍道湖産かな?



食後は、毎晩やっているという 


1matue (1)


安来節&どじょうすくいショー


あはは、これが、玉造温泉では一番印象深かったです
ユーモラスな動作は、たいへんあっぱれな踊りのテクニックが!
詳しくありませんが、今時のアニメーションとかPoppinnに通じる
動作があり、感心しきりでした。



日中のつかれもあり、ぐっすり休んで
翌朝は、名湯にゆっくりつかってあさごはん


1matue (2)
(不明のシマシマ画像、スマホかいかえなくちゃかな?)



旅行も3日目となると 最初に
「低糖質生活に慣れたせいか炭水化物がちょっとしか入らない」
なーんて言っていたのは、どこへやら?パンもごはんもしっかり頂きました(笑)



1matue (3)


庭園の美しい、大きなホテルでしたが、あんまり印象良くありません


ツアーの案内には送迎あり、とあったのに
到着時は夜遅いから無料の送迎はできないといわれるし
(無料は7時まで、私たちがバスを降りたのはわずか7時10分でした)
帰るときにも、送迎の様子は全然ないのでホテルに頼みタクシーを頼んだ
んですが30分以上ロビーで待ちぼうけ、
なんと、私たちの名前を控えておらず、忘れられていたのです
平謝りに謝っていただきましたが、なんか、ホスピタリティの感じられない
ホテルだったなーー


ほんと、どじょうすくい が 救い って感じでした


さて、3泊3日の旅行最終日、まず向かったのは
      日本国内に現存する天守閣12城のうちの一つ




1matue (5)


松江城 です..



つづく


●●● お城とパワースポットめぐりの旅 ●●●
 1.お城とパワースポット巡りの旅
 2.広島駅「尾道ラーメン三公」のラーメンと広島城
 3.世界遺産「安芸の宮島」でいろいろ.....
 4.広島・宮島口駅「うえの・他人吉」の穴子めしご膳
 5.島根「玉造温泉」でいろいろ.....


曲水の庭 ホテル玉泉




関連ランキング:旅館 | 玉造温泉駅









続きを読む
13:53 | 島根 | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。