●リスボン最終日その2「Laurentina o rei do Bacalhau」でバカリャウとファド

リスボン17 (29)



おひるごはんの後は雨が強く、リスボン観光する気持ちにもなれず
また、エルコル テ イングレス(デパート)でお買いもの..(笑)



そしてポルトガル最後の夜は母の希望で再びファドを聴きにいくことに
しました。今度は滞在していたマリオットホテルお勧めのお店



Laurentina o rei do Bacalhau さん



今調べてみると、FADOハウスというよりは、
伝統的なバカリャウ料理を食べさせてくれるレストランで
曜日によってはファドも聴けるよ...というかんじみたいですね


ポルトガルのレストランはどのお店もみなさんフレンドリーで
感じがよいのですが、当店もまぎれもなく親切でサービスがよかった


でも、お料理はおひるのソラール・ドス・プレズンドスの方が
おしなべておいしかったなーー。
盛り付けや、パフォーマンスがとってもおしゃれなのですが
全体的に塩分が強く、非常にのどが渇きました


ファドもね....
なんか、正直あんまりぱっとしなかったんだよねーー(笑)


ファドってそうなのかな?
前のお店でも感じたんですが
ただただ歌ってる....って印象。
お客さんをたのしませたいって気持ちはあんまり伝わってこないのよね



リスボン17 (7)



でも、トリップアドバイザーの評判はすごく高いです

それに、ファド付きでこのおしゃれなお料理がコースで30ユーロ!
安いーーなんて良心的!
オプショナルツアーの「料理なし、お世辞にもうまいと言えないファドが9000円」
ですから1/3だよーん。
あ、そういえば、私たちが行かなかったシントラのオプショナルツアーは
13000円だったんですが、スト後のフリーで行った方たちは30ユーロくらい
でいけたよーっていってた、やはりオプショナルツアーは高いですね..^^
まーー、ツアーそのものがお安いですから、オプショナルツアーは旅行会社的
には儲けどころなのかもしれませんし。じゃ、勝手に行けよ!っていわれても
初めての国で言葉もできなければ、それも難しいですしねーー
今回はポル語OKの娘がいたので、本当に助かりました。
(ツアーでご一緒した人たちにも「通訳」として役立ってました^^)



さて、さて...ポルトガル最終日の夜もあけて




リスボン17 (2)リスボン17 (3)


すっかり慣れたマリオットの朝食と
ポルトガルの朝食には絶対登場したエッグタルトにもお別れ..


やーー、ストで2日も延泊できたのはうれしいハプニング
だったなー。なんて思いながら、リスボン空港へ..


しかし、やっちまいまいました 



私たちは母娘で娘が留学した際使用した巨大スーツケースに
2人分の荷物をいれて来たのです。二人だから23(?だっけ)×2人=46㎏まで
大丈夫ということで...
成田ではそれで全然だいじょうぶだったのです


ところがリスボンでは1スーツケースが23kgまでだから
10kg以上NGといわれ、(追加料金払えばよかったのかな?)
でも泣く泣くお土産で買った重いお酒類や液体の化粧品類を廃棄する羽目に
なっちゃいました



あーーあ
  最後の全く嬉しくない
   ハプニング!
 (←私)(←娘)



だけど、それを差し引いても今回のポルトガルは良かった
もともと凄く行きたいというよりは渡りに舟感覚で出かけた旅行でしたが
ポルトガルの街並み..お料理...サッカー
暖かい人々すべてが気に入ってしまいました


また、行きたいな


リスボン17 (5)



14時間のながーーい飛行時間
癒してくれたのは映画「BLACK&WHITE」のイケメンふたり..(笑)
往復で3回も観ちゃった (〃^艸^)♥



リスボン17 (6)


帰ってきました


今度機会あったら、リスボンで乗り損ねちゃった
サンタジェスタのエレベーターと


サンタ ジュスタのエレベーター
サンタ ジュスタのエレベーター (トリップアドバイザー提供)



ポサーダと呼ばれる、古城や修道院を改装した国営のホテル
に泊まりたいなーとおもっています


ポサーダ ドナ マリア 1世の写真
ポサーダ ドナ マリア 1世 (トリップアドバイザー提供)



ポサーダは昨日もちらご紹介したR923Eさんが来年の2月に
奥様とポサーダめぐりをするそうで、むっちゃうらやましいです(笑)



長い間のポルトガル旅行記におつきあいありがとうございました
もうクリスマスだ!!(笑)



●2012年11月 ポルトガル旅行記●
①ロンドン「ヒースロー空港」でハンバーガー
②トマール「Resutaurante Nabao」でバカリャウ料理
③ポルト「サンデマン」でポートワイン...いろいろ
④ポルトはずれ「REI DA SARDINHA ASSDA」でいわしの塩焼き
⑤コインブラと、お菓子カフェ「Pastelaria(パステラリア)」
⑥ファティマ「シスターズ(修道女)レストラン」で牛肉の煮込み
⑦ナザレ「PASTELARIA BATEL」で可愛いクッキー❤
⑧ポルトガルのマクドナルド
⑨オビドスでCarne de Porco a Alentej
⑩リスボンの夜「タコのリゾット」と「ファド」 
⑪リスボン最終日(?)カルデベルデとイカのソテー
⑫おまけのリスボン1「コロンボ」のフードコートLUNCH 
⑬たなぼたリスボン念願のサッカー観戦&マリオットバーガー
⑭おまけのリスボン2「マリオットホテルのバー」で生ハム盛り合わせ 
⑮リスボン最終日「ソラール・ドス・プレズンドス」のシーフード料理
⑯リスボン最終日その2「Laurentina o rei do Bacalhau」でバカリャウとファド





23:10 | ポルトガル | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●リスボン最終日「ソラール・ドス・プレズンドス」のシーフード料理

リスボン17 (11)


ポルトガル旅行最終日


ストのため、二日延泊、一日目は新しいリスボン
そして最終日はリスボン観光のスタンダードコースを堪能しよう!と
「地球の歩き方 ポルトガル」とにらめっこ..


まずはリスボン名物 市電28系統にのって
車窓からリスボンを楽しむことに...


この名物市電に乗るために、タクシーに乗って停留所へ、(←あれれ?)
りっぱなエストレーラ大聖堂がありました。ちょっと寄り道



リスボン17 (9) リスボン17 (10)



ポルトガルはタクシーがとても安いので、4人で行動していた私たちは
ほぼタクシーを利用しておりましたが、リスボンは地下鉄・市電・ケーブルカー
が全部使える一日チケットがあり、それを利用するツアー仲間も多かったです
今回は初公共交通機関使用でチケット買うのも一苦労(笑)



リスボン17 (8)



こんなレトロな市電です。かわいいでしょっ❤
観光客・地元の方雑多な方でぎゅうぎゅうの市電
東洋人のいかにも「観光客」な私たちに、同乗の地元の方から
何度も何度も....


スリに気をつけて!!


と、アドバイスをもらいました。親切ですよね。
実際すごーーくスリは多く、しかも複数でたくみにお財布をぬきとっちゃう
んだそうです。


で、この市電は、坂道と細い路地の多いリスボンの街を、
建物はもちろん、すれ違う市電 人々 車 はたまた洗濯物まで
すれっすれに結構なスピードで爆走するので、
「やるなーー!」と感心してしまいます


みどころいっぱいなので、こちらのサイトなど観ると楽しいです


リスボン市街を通過し、目的地の停留所で下車


PB154566.jpg


遠くに見えるのは海ではなく、テージョ河の上流です


ここでも下車するとすぐに「スリに気を付けて!!」と
カフェの人から注意されました。リスボンは本当にスリが多いんですね


むかったのは サンジョルジェ城


高台をのぼって、ちょっとつかれたのでカフェでお茶したんですが
そのカフェのWCの張り紙....


PB154567.jpg


さいたまダービーで某チームがばらまいてるチラシに良く似てるーー
(ってこれは大宮・浦和サポじゃないとわかんないね)


サンジョルジェ城の入口をはいり、お城のふもとの公園から
リスボン市街が見下ろせます


それがTOPの写真 絶景に感激しました



リスボン17 (13)



だけど、さっきまで晴天だったのに雲行きがあやしくなってきました



リスボン17 (14)



サンジョルジェ城です



リスボン17 (15)



この方のギターの音色が哀愁たっぷりで、旅情をもりあげてくれます



リスボン17 (16)


でも城壁歩きはデンジャラスでした・・高いところ苦手なので


リスボン17 (17)


猫はいたるところに.....、しかもバットマン猫率高し!



サンジョルジェ城からリスボンの街を見下ろした景観はすばらしく
いつまでも観ていたいくらいでしたが、お天気が限界!
ポツポツと雨が降ってきたので、大急ぎで下城(笑?)して
タクシーに飛び乗りました



リスボン17 (18)


初、雨のリスボン...


とりあえず、おひるごはんを食べましょう。
でもあてがないので、タクシーの運転手さんに
「おいしいお店につれていって」とおねがいし、到着したのが...


PB154671.jpg



市電同様リスボン名物 ケーブルカー(ラブラ線)乗り場すぐ脇にある..



PB154669.jpg



ソラール・ドス・プレズンドス です



リスボン17 (32)



お店外観写真は車が停まっていてわかりませんが
ショーケースに沢山の食材がラフにディスプレイされていて楽しい..


そして、当店の最大の特徴はこの店内



リスボン17 (21)


壁一面に貼られた著名人の写真
ふつう嫌味な感じを与えることもあるのですが、お店全部の壁が
写真で埋め尽くされているので、ここまで徹底されていると
もやは単なる壁紙です
メッシをはじめてとする有名サッカー選手の写真もあるそうです...
(ここまで沢山あると、一個一個みない...(笑))


そうそう...


ポルトガル訪問前...
くいしんぼうの私は、埼玉フレンチにして海外旅行通R923Eさんの
海外旅行食べ物ブログでポルトガル旅行記をチェックしておりました
「パンとかオリーブとかハムとかチーズといった小皿で最初にセット
 される料理は、手を付けた分だけ請求される」ということが書いてあった
のですが、ツアー旅行のツアー向けレストランは、そういう仕様ではなかった
ので、最終日にしてやっと


ポルトガルのスタンダードなレストランに巡り合えた...


思いでした



リスボン17 (19)


パン、オリーブ そして父の好きな生ハム(笑)..


リスボン17 (20)


とろとろに熟成されたチーズ..


これらは、着席するとなにも言わなくても登場し
手を付けた分だけ課金されるシステム


勿論、我が家はすべて手を付け完食しました!
生ハムは、マリオットで食べたものよりもはるかにおいしい..
前菜だけで、間違いなく今まで食べたうちで一番おいしいレストランに決定!


シーフードを中心に...


リスボン17 (22)


タコのオイルソテー




リスボン17 (27)



陽気な店員さんが運んできた



リスボン17 (23)


シーフードリゾット


リスボン17 (26)



魚介のうまみと風味が押し寄せてきます



リスボン17 (24)



ポルトガル料理といえば、やっぱりバカリャウ




リスボン17 (25)


取り分けていただきます


最高においしい...


だけどメニューの構成、良くわからないので
味付けがパプリカ系にかたよっちゃったかなーー?



リスボン17 (1)



デザートはマンゴーとチョコレートのケーキを...


おいしかったです❤


リスボン17 (28)



007実家一家大満足で、お店の方と記念撮影!!



リスボンで最高に おいしいおひるごはん に出会えました
このお店に連れてきてくれた、タクシードライバーさんに感謝!!
ポルトのいわしに引き続き、やはり地元の人が教えてくれた
人気店は本当においしいと実感しました


と、いうことで睡魔に襲われ、取り急ぎここでupします
次回こそ最後のポル記事でございます<(_ _)>

●Solar dos Presuntos HP

 トリップアドバイザーページは こちら



●2012年11月 ポルトガル旅行記●
①ロンドン「ヒースロー空港」でハンバーガー
②トマール「Resutaurante Nabao」でバカリャウ料理
③ポルト「サンデマン」でポートワイン...いろいろ
④ポルトはずれ「REI DA SARDINHA ASSDA」でいわしの塩焼き
⑤コインブラと、お菓子カフェ「Pastelaria(パステラリア)」
⑥ファティマ「シスターズ(修道女)レストラン」で牛肉の煮込み
⑦ナザレ「PASTELARIA BATEL」で可愛いクッキー❤
⑧ポルトガルのマクドナルド
⑨オビドスでCarne de Porco a Alentej
⑩リスボンの夜「タコのリゾット」と「ファド」 
⑪リスボン最終日(?)カルデベルデとイカのソテー
⑫おまけのリスボン1「コロンボ」のフードコートLUNCH 
⑬たなぼたリスボン念願のサッカー観戦&マリオットバーガー
⑭おまけのリスボン2「マリオットホテルのバー」で生ハム盛り合わせ 
⑮リスボン最終日「ソラール・ドス・プレズンドス」のシーフード料理
⑯リスボン最終日その2「Laurentina o rei do Bacalhau」でバカリャウとファド



23:35 | ポルトガル | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●おまけのリスボン2「マリオットホテルのバー」で生ハム盛り合わせ

PB154547.jpg


この旅行記の一番初めの記事で、ヒースロー空港のレストランでの食事時
父は生ハムが食べたかったんだけれど通じなくって
四苦八苦してオーダーをしたんだけど
出てきたのはエッグベネディクトがだった!Σ(゚д゚lll)


DSC00309.jpg
                    ( ↑ 生ハムを頼んだつもりが....Σ(゚д゚lll) )



ということを書いたのですが、


4日滞在中、ちょこちょとBeerやワインを飲んでいた
マリオットホテルのバーでもやっぱり父は生ハムが食べたくなり..



父にすりゃ、空港での大失敗がありますから
夫・父親そして祖父の沽券にかけても
今度こそ、ちゃんとした生ハム出てくるように
つたえないと..と、真剣にメニューとにらめっこ


わからん!!、生ハムってなんて言えばいいんだ??
おい!調べて!!


というので、ずっとロビーにいるガーナのカントク(?)ジョージさんにも


「ねーねー、生ハムってなんて頼めばいいの?」


と聞くと...


「..?
ハムでいいじゃないの?」



とのお答え、きっとガーナではハムでいいんだね


前菜に Hum という単語はみあたらないけれども


サンドイッチのところにHumを発見!(やな予感)

それはあたりまといえばあたりまえな
ハム&チーズサンドウィッチだったのですが
前菜に生ハムは存在しないと理解した父は
いつもにこやかに迎えてくれるおばさまウェイトレスさんにむかって


メニューのハム&チーズサンドの記載を指さし


あーー
 オンリーハム! 
   オンリーレアーハムっ!!



とジェスチャー交えながら必死で訴えました


おばさまウェイトレスさん


にこやかに....


オッケー!!


と答えるも、二度と失敗したくない父は、


リアリー??
ドゥーユーアンダスタァーン?
オンリー レア―ハム!!
オンリーっね



と何度もオンリー(レア)ハムを念押しします


大丈夫!!
私に任せておきなさいって..



と立ち去ったあと、しばーらく経って、
満面の笑みでおばさまは持ってきたお皿を



ハイ!オンリーハムよ!!



と置いた!!



そう、そのお皿の上には・・




PB144480.jpg


まさに


オンリーハム



すなわち、ハムだけの


チーズを抜いたハムサンドイッチ でありましたとさっ.. 


はっはっはっ 笑っちゃいましたよっ!


その後ね、ツアーの人に「旅の指さし会話帳ポルトガル編」
お借りして、調べましたところ...



namahamu.png


生ハム   プロシュート(prosciutto)


で、ありました


あーー、その一言が出てこなかったっ!!
言われてみればそうですよねーー


というわけで、サッカー観戦のあとマリオットバーガーと
ともに父は、プロシュートを注文


念願の生ハム



PB154545.jpg


をたべることができましたとさ...


と、いうおはなしです^^




次記事はいよいよ、リスボン最終日です




●2012年11月 ポルトガル旅行記●
①ロンドン「ヒースロー空港」でハンバーガー
②トマール「Resutaurante Nabao」でバカリャウ料理
③ポルト「サンデマン」でポートワイン...いろいろ
④ポルトはずれ「REI DA SARDINHA ASSDA」でいわしの塩焼き
⑤コインブラと、お菓子カフェ「Pastelaria(パステラリア)」
⑥ファティマ「シスターズ(修道女)レストラン」で牛肉の煮込み
⑦ナザレ「PASTELARIA BATEL」で可愛いクッキー❤
⑧ポルトガルのマクドナルド
⑨オビドスでCarne de Porco a Alentej
⑩リスボンの夜「タコのリゾット」と「ファド」 
⑪リスボン最終日(?)カルデベルデとイカのソテー
⑫おまけのリスボン1「コロンボ」のフードコートLUNCH 
⑬たなぼたリスボン念願のサッカー観戦&マリオットバーガー
⑭おまけのリスボン2「マリオットホテルのバー」で生ハム盛り合わせ 
⑮リスボン最終日「ソラール・ドス・プレズンドス」のシーフード料理
⑯リスボン最終日その2「Laurentina o rei do Bacalhau」でバカリャウとファド


14:57 | ポルトガル | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●たなぼたリスボン念願のサッカー観戦&マリオットバーガー

20121114.jpg



ポルトガルに滞在中、


ポルトガルでサッカーが観たいなー


と、ずっと思っていました。


でもツアーの予定にサッカー観戦は入っていないし
ストでおまけになった二日間も、ポルトガルのリーグ戦はありませんでした


「ま、しゃーないね」と思っておりましたが
ストライキで日本に帰れないことが決まった夜...



risboa2 (27)


スポーツ選手っぽい、黒人の方たちがロビーに...
でも、それどころではありません、日本に連絡とって仕事をお休みする
段取りを取らなくては...


おりしも滞在中にすっかりクリスマスモードに変っていった
                ホテルマリオット



risboa2 (1)




なんてことでしょう、今まで宿泊したホテルは全て、
無料のwifi環境を提供してくれていたのに、マリオットは有料!
しかも、しかも!!ロビーでしかwifiが使えない!
すなわち、スマホもモバイルPCもロビーでしか使えないんです


かなり不満でしたが...


それが、よかった...
      結果的にタナボタでした




翌朝、延泊一日目の朝食後、
ロビーでモバイルPCをたたく黒人男性。
胸にはサッカーボールが付いたエンブレムのブレザーを着用



lll.jpg



目があうとにこやかに笑ってくれたので



「ハーイ!
   あなたはフットボールプレイヤーですか?」

                  (それくらい英語でかきなよっ)


と尋ねたところ...


「ちがうよ!ボクはね!
       カントクだからっ!!」



と、なんと 日本語 で返事がかえってきたのです



夕べの、選手らしき人たちのカントクなのかーー!
それにしても、日本語が上手だなーと思いました


それからは、会話が日本語なのでコミュニケーションはスムーズ


日本にサッカーの仕事で滞在経験があり、日本語も勉強しているとのこと
今日はここポルトガルで試合があるんだよ!とのこと


へーー、その試合みたいなー


なんて言って、その場では別れて、前記事
コロンボショッピングセンターに行きました
だけど、コロンボで、今日サッカーの試合があるか尋ねると
ないとのこと...


ホテルに戻ると、やっぱり彼はロビーでPCにむかっていました


本当にフレンドリーに接してくれるので
「あなたのチームの今日の試合が観たいわー!!」というと


なんとっ!!


イイよ!是非!観においで!
チケットを用意するからね。




と言って、ほどなく家族分のチケットをくださったのです


20121114.jpg



立派なチケットにちょっと驚いて恐縮すると(←日本人ぽいでしょ)



「ダイジョブーー!
日本人はゼンブボクのトモダチナンダカラ―」



とにっこにこ! なんて良い人!



risboa2 (24)
              (私のとなりがジョージさんです)


このあたりから彼同様、ロビーでしかwifi使えない娘も加わって
たのしい語らい、彼はジョージさんというお名前だそう...
「まったくこのホテルはロビーでしかPCつながらないなんて最悪だよねー」
と言ってましたが。この状況はその最悪が運んでくれたともいえます..



ジョージ・ジョージ 所ジョージ だよーー



なんてベタな冗談を言ったり...


私は埼玉に住んでいて大宮アルディージャのサポーターだと告げると
ロバート監督の時代には何とかとかいう選手を紹介したんだよー
みたいな舞台裏な話もでて...、娘と共に


一体この人は何者だろう...


という状況...


「カントク」であるジョージさんは、今日は試合なわけで
ほどなく会場に行くと去って行ったので
部屋にもどってチケットを凝視すると、あらすごい!!
ガーナナショナルチーム
の試合でありました
良く見るとホテルにガーナのナショナルチームが宿泊している案内もあった


PB154544.jpg



すごっ! じゃあ、ジョージさんは
ガーナのナショナルチームのカントク!?


さらに調べると、ジョージさんがyoutubeで登場する
ページ(世界一蹴の旅)もあったりして
またまたびっくり!


旅の稀有なご縁に感謝しつつ..


私たち家族は夜19:00から始まる
アフリカカップの前哨戦 ガーナ対カーボベルデ戦にいそいそ出かけました


ホテルからタクシーに乗り、チケットをみせたら
オッケーといって走り出したドライバーに
本来の会場とは全然ちがう、スポルディングリスボンの
ホームスタジアムに連れて行かれちゃって、全然試合やってません状態に愕然
....なんてアクシデントもありましたが
間違いに気が付いて、次に載ったタクシードライバーは
ちゃんと会場に連れて行ってくれました


risboa2 (25)


スタジアムいうか、リスボン大学が持っているサッカー場でした
ここはポルトガルですから、さすがにお客さんんもまばらですが
対戦相手カーボベルデのサポーターはものすごく熱くてカッコイイし
(カーボベルデの超かっこいいアフリカンな応援動画は これだー
TV中継のカメラも入っていました



risboa2 (3)



私たち家族が到着すると
VIP席らしきところから、私たちをみつけて手を振ってくれた
ジョージさん!!(あれ?カントクがここに?!って感じですが)



risboa2 (26)



試合中はかなり寒かったけど..


risboa2 (4)



ポルトガルで念願のサッカーが観戦できてホントうれしいっ
しかもこんなに、滅多にないようなシチュエーションで!
ふつうにポルトガルのリーグ戦を観るよりレアでしょっ



結果は1-0で見事、ガーナの勝利!!


PB154529.jpg


引き上げる選手たち


risboa2 (15)


ヒーローズインタビュー 


もう少し早くわかってたら、ガーナのナショナルチームのことも
もっと調べてからでかけたのですが、なかなか迫力のある試合でした


帰り道はタクシーに乗る必要もないほどでもないと解り、徒歩でホテルへ..


試合が終わってから、サッカー場でジョージさんにバイバイをしたあとは
不思議とロビーでジョージさんに合うことはなく..
改めてお礼とByebyeを言えずに日本に帰る事になりましたが
帰国後ジョージさんとはFacebookで繋がっていて
私たち母娘はジョージさんの唯一の日本人FB友になっています
今度ガーナのナショナルチームが日本に来るときは絶対に応援にいくと
約束しております
(追記 2013.3.10 横浜で再会を果たしました! こちら


リスボン大学のサッカー場には、売店はなく...(笑)
おなかペコペコの私たち...


PB144478.jpg


ホテルのロビーにある、バーにて..


PB154548.jpg



マリオットバーガー
       と名付けられたチーズバーガーをいただきました



PB154550.jpg



写真よりもずっとボリュームがあります




PB154552.jpg



めっちゃおいしいっ!



パテの、レアな焼き加減もジューシーさも新鮮野菜も最高!
今まで食べてきたハンバーガーの中で一番おいしかったかもっ!



超おなかが空いていたのと
楽しい旅での巡り合いのおかげで、何倍もおいしく感じたのかもしれません




お読みいただきありがとう...
    いましばらくポル旅行記におつきあいを...



●2012年11月 ポルトガル旅行記●
①ロンドン「ヒースロー空港」でハンバーガー
②トマール「Resutaurante Nabao」でバカリャウ料理
③ポルト「サンデマン」でポートワイン...いろいろ
④ポルトはずれ「REI DA SARDINHA ASSDA」でいわしの塩焼き
⑤コインブラと、お菓子カフェ「Pastelaria(パステラリア)」
⑥ファティマ「シスターズ(修道女)レストラン」で牛肉の煮込み
⑦ナザレ「PASTELARIA BATEL」で可愛いクッキー❤
⑧ポルトガルのマクドナルド
⑨オビドスでCarne de Porco a Alentej
⑩リスボンの夜「タコのリゾット」と「ファド」 
⑪リスボン最終日(?)カルデベルデとイカのソテー
⑫おまけのリスボン1「コロンボ」のフードコートLUNCH 
⑬たなぼたリスボン念願のサッカー観戦&マリオットバーガー
⑭おまけのリスボン2「マリオットホテルのバー」で生ハム盛り合わせ 
⑮リスボン最終日「ソラール・ドス・プレズンドス」のシーフード料理
⑯リスボン最終日その2「Laurentina o rei do Bacalhau」でバカリャウとファド






22:20 | ポルトガル | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●おまけのリスボン1「コロンボ」のフードコートLUNCH

risboa2 (18)



衝撃の予定通り帰れない通告を受け、なんとか夜中まで日本にメールを
いれて、代講の手配を済ませました


そうなると...延長されたリスボン滞在はうれしい限り


二日間のオール自由行動!しかもリスボンの地理や交通事情もちょっと
はわかるようになってるし、ポルトガル語は娘まかせ...
延長料金はマリオットホテルに破格の2泊15.000円払うのみ...


急遽代講をお願いしたインストラクター
2週にわたってお休みしてしまいお客様にはホント申し訳ないけど..


ラッキーだったかも......(〃^艸^)♥


さて、まずは昨日もう帰るとおもって、すっかり使ってしまった
ユーロを調達すべく、ホテル近くのポルトガルで一番大きな
ショッピングセンター



コロンボショッピングセンター




赤くて近未来的な建物が、
古いリスボンの街並みと対照的です



risboa2 (17)


店内もステキです


連日ハードなバス移動がつづいていたので、のんびり出かけ
あまりに大きな店内に外貨両替所をみつけるのに一苦労
あっと言う間にお昼になったので、この日のおひるは
こちらのフードコートで食べることにしました


ずーっと、ポルトガル料理が続いていたし
家族それぞれ食べたいものがあるからフードコートは便利


risboa2 (20)



この吹き抜けの外周全部がフードコート
くいしんぼうの私は歩いてるだけで楽しかったです



risboa2 (28)



アイスクリーム片手にお店を物色..


risboa2 (6)


バーガーキング


おっと、ここで警備員さんから 写真はNO!のサイン
実はポルトガルって写真NOがすごく多いのです
なので、あとはこっそり撮った だめ?


まず、両親はきっとあんまり...と思いつつ
我慢できずに...



risboa2 (7)



回転寿司



とってもおしゃれな回転寿司店にちょっとびっくり!



risboa2 (30)



しかし、味はかなり厳しいものだったようで...
一口サーモンを食べた娘が 
「の、飲みこめない(鮮度が悪くて)」と言っていました
しかも3・4皿で17ユーロもしたんだそうです
なるほど、お客さんが一人もいないわけだっ!


思い切り言いたい!


ポルトガルのみなさーん
日本の回転寿司はもっとおいしいですよーー
しかも一皿1ユーロ位のスシローだってとってもおいしいでーす!



娘が選んだのは..やっぱり日本人だわ



risboa2 (31)


YAKISOBA(焼きそば)


これはね、娘は完食してましたが、
不思議な味だったなー。ソース味でもないし醤油味でもないし..


はい、そして私はといえば



PB144462.jpg



出たっ! カレーライス!!



ポルトガルでカレーライスがいただけるとは思いませんでした



risboa2 (19)



お店はこちら...


PB144464.jpg


チキンがおいしい~!
カレーソースはうーん、日本人にはいわゆるカレー粉味がうすめで
とらえどころがないかなーー。
お米はバスマティライス、インド料理ファンだったら嬉しいね
私は日本米がすきなのだけど...
スパイスの香りも弱いので...
はだみはなさず持ち歩いていた



PB144466.jpg


My 一味 投入でノープロブレムでした


ちなみに告白すると、小さなMyお醤油も持ち歩いてました...へたれ



risboa2 (29)



生地をフライングするパフォーマンスがたのしい
Pizzaも食べました、1カットの大きさにおののいていたら
半分にカットしてくれました。 薄めの記事にチーズたっぷり



risboa2 (21)



〆はやっぱりアイスクリーム


写真はそういうわけで撮れなかったのですが
人気のお店は普通のハンバーガー
あとは、やっぱりバカリャウなどのポルトガル料理の
お店に行列ができていました



お腹いっぱい、パンパンのお腹をさすりつつショッピング


risboa2 (12)


↑ のスーパーは超・超大型店でした



risboa2 (11)



果てしなく続くレジ...



risboa2 (10)



ショッピングカートが可愛いっ❤


海外の食事がいまいち苦手な娘、
しばしばマックなどに入ってしまうのですが、
日本からたった2個持っていったカップ麺も早々に食べてしまい
(ちなみに私はカレーうどんを持っていたのですけど、おいしかったー)
ここで、カップ麺を探しまくり!


ところがこれが見つからない!
店員さんにどうポルトガル語で説明しても理解不可能!!


私など、業を煮やしてしまい...


「あーー、ドライヌードル イン プラスティックカップぅー
 ホットウォーター イン..
 3ミニッツ ウエイト..アーンド
 ミキシング アーンド
    ちゅるちゅるちゅる...  」

などと渾身のジェスチャーゲームもどきで説明しても
店員さんはポカーン!


NISHIN(日清)! ヌードル! 
とか叫んでも通じず...


30分近くあーでもない、こーでもない。
果てしなく広い店内を徘徊したり店員さんとすったもんだして
やっと見つけましたよ。
大事にして日本にも持って帰ってきました



20121218.jpg



日清じゃなくて、ポルトガルはマルちゃんだったのです
でもって、店員さんに


「これはなに?」


と逆に聞かれました。
わからないよ、ポルトガル人はこんなの食べないからねー だって(笑) 


食べてみると日本のよりもずっと薄味...(笑)



risboa2 (2)



充実のチーズ売り場



risboa2 (9)



充実の惣菜売り場
豚の丸焼きが迫力、その他やっぱり
バカリャウ(鱈)料理がいっぱい
ポルトガル人は本当にバカリャウが好きです



risboa2 (8)


お醤油はアジア系食材の棚に...


あと印象深いのは..


risboa2 (5)


クリスチァーノ=ロナウドさん
やっぱり、いろんな企業の広告塔になっていました



買い物嫌いの父のおかげで早々に、ホテルに帰ります



risboa2 (22)


別角度からのコロンボショッピングセンター
やっぱり恰好いいっ!


そしてこの隣には...


risboa2 (23)



コロンボ同様赤が印象的に使われたCoolなスタジアム


ルス・スタジアム


リスボンの一部リーグベンフィガのホームスタジアムです
この日は残念ながら試合はないとの事..


あーー 


ポルトガルでサッカーが観たいなぁ~


ずーっと想っていると 願いはかなうのですね...
この日の夜、私たちはサッカー観戦することが出来たのです
しかも、すごーくレアな形で...



●2012年11月 ポルトガル旅行記●
①ロンドン「ヒースロー空港」でハンバーガー
②トマール「Resutaurante Nabao」でバカリャウ料理
③ポルト「サンデマン」でポートワイン...いろいろ
④ポルトはずれ「REI DA SARDINHA ASSDA」でいわしの塩焼き
⑤コインブラと、お菓子カフェ「Pastelaria(パステラリア)」
⑥ファティマ「シスターズ(修道女)レストラン」で牛肉の煮込み
⑦ナザレ「PASTELARIA BATEL」で可愛いクッキー❤
⑧ポルトガルのマクドナルド
⑨オビドスでCarne de Porco a Alentej
⑩リスボンの夜「タコのリゾット」と「ファド」 
⑪リスボン最終日(?)カルデベルデとイカのソテー
⑫おまけのリスボン1「コロンボ」のフードコートLUNCH 
⑬たなぼたリスボン念願のサッカー観戦&マリオットバーガー
⑭おまけのリスボン2「マリオットホテルのバー」で生ハム盛り合わせ 
⑮リスボン最終日「ソラール・ドス・プレズンドス」のシーフード料理
⑯リスボン最終日その2「Laurentina o rei do Bacalhau」でバカリャウとファド


19:58 | ポルトガル | comments (9) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●リスボン最終日(?)カルデベルデとイカのソテー

risboa (2)



いよいよツアーも最終日


リスボンはみどころがいっぱい!



まずは大航海時代の偉人たち大集合の発見のモニュメント



お馴染み我らがフランシスコ=ザビエルはうんと端っこ!
ちなみに前から3番目がバスコダ=ガマ氏です


risboa (3)



ベレンの塔


risboa (9)



圧巻の ジェロニモス修道院


risboa (12)



あまりにも大きくて全景写せず、内部ももーー本当にすごい!
略しちゃうけどね..



risboa (11)


バスコダ=ガマ氏の棺



いろいろすごいんですが、もう細かーいところまでいろんな
モチーフがちりばめられてるのがすごい
一番印象的だったのが


こんなドアの装飾のお顔たち、大航海時代に発見した
土地の人々が表現されています、日本人はどれだーー?



risboa (10)


答えは一番上の、手ぬぐいかぶったひょっとこみたいな顏の人
わらっちゃったっ!!


リスボン市街地へ...


risboa (14)




右の建物が1522年に建てられたちょっと有名なくちばしの家
バスの中から撮ったので半分だけ...
というか、くちばしの家以上に隣がボロすぎでしょうよ!
そう、ポルトガルってそんなに裕福な国じゃないんですよね
この2つの建物ってそれを象徴してるかんじ...


いやーー、さびれてるなーって印象が否めないところもずいぶん見かけます。
特に曇ってたり雨降ってたりすると特に..
それでも、やはり魅力のある街並みではあります


そんなポルトガルの街並み
しつこく書く...


時代を感じる建物、坂道、細い路地 洗濯物...



このツアーの最終地、ポルトガル市街アルファマ地区は、
そんなポルトガルの街並みの中でも最も古い場所。迷路のような路地は
白壁の建物はかつてのイスラムの影響を強く残しているのだそうです


risboa (13)



アルファマ地区のお土産屋さんでお買い物をして
ツアーバスはリスボンの市街を抜け、今日のおひるごはんのレストランへ



risboa (15)


ここでこのツアーバスをずっと運転してくれた運転手さんとお別れ..
この運転手さんはブラジル人だったので、娘とは仲良くなってずいぶん
楽しく過ごしたので娘はかなりさみしかったみたい..


こういう添乗員さんがいてバスで巡るツアーは初めてでしたが
こんな出会いは予想外の思い出、ツアーが進むにつれ皆さんと仲良くなったり
超美人ですてきな添乗員さんとは今もfacebuokで「いいね」
ボタンを押す仲だったりして、いいものです
何よりも効率よく観光地を見学できるのは良かったなーー





risboa (16)


ここが今日のおひるのレストラン


名物のスープ「カルデベルデ」と「イカのソテー」をいただくそう
で、あんまり期待していなかったのですが、このレストランが
ツアーの食事の中ではピカ一においしかったです



risboa (17)



まずはカルデベルデ(緑のスープ)
ケールを使ったスープです。
素朴でおいしい....


サラダ・イカのソテー・リゾット
各自のお皿にサービスしてくれます。おかわり自由!!



risboa (18)


実に庶民的な味わいながら、
にんにくの利かせ方や塩加減が絶妙なイカのソテー
小粒なお米は日本のお米とも違うけど、プリッとしていておいしい
リゾット、以下のソテーのオイルで食べるポテトもおいしくて
沢山おかわりしました



risboa (19)



そして滞在中、ホテルの朝のブッヘでは必ず出てきて何度も食べた
エッグタルト ポルトガルのエッグタルトは玉子がホントにいっぱい!




risboa (20)



ポートワインのサービスも感激!



risboa (21)


ポルトのサンデマンで試飲したときよりも
うん、やっぱり食後のデザートワインとして飲むのが
おいしいねっ!



食事が終わり、このツアーでの観光はここまでで、
午後からは希望者は「シントラ」にオプショナルツアーへ
シントラに行かなかった私たちは、自由行動。
リスボン市街を散策します。買い物もしたいしねーー。



risboa (6)


リスボン市街地一番のにぎわいを見せるバイシャ地区の入口にある


勝利の門


この門の向かいは大きなテージョ河があります


risboa (5)


勝利の門の下では、ストリートダンサーが踊ってました


ここではお買いものと ストリートのパフォーマンスが楽しかった



昨夜残念だったファド、街並みで歌っている若者に
「ファドは歌ってもらえる?」と聞いたら
この女の子が歌ってくれた、昨夜よりずっといいわっ!



risboa (24)


ちなみに左端は母です ご満悦



risboa (8)



ヨーロッパには良くいるそうなんですが、
こういった人間銅像もびっくり!
この人は特に人間に見えませんでした
お金をあげると動きます



risboa (4)


こちらの方は人間ぽいですが、脚力にびっくり!



risboa (23)


彼は....



risboa (7)


TVからインタビューを受けていました


場所をホテル近くの、リスボン唯一のデパート
エル・コルテ・イングレスにタクシーで移動し、またまたお買いもの
明日は日本に帰ります〜、大した金額ではありませんがユーロを使い切って
しまわないと....


そしてホテルに再びタクシーで戻り、部屋で休憩後
夕食に出かけるためにロビーに集合!


そこで超美人の添乗員さんから 驚愕の事実を告げられます


「明日はスペイン・ポルトガル全土で
ストライキが決行されることになったので、
飛行機は飛びません」




..............


えー聞いていました.
出発前にも帰国当日にストがあるかもしれないって...
旅行中も、超美人の添乗員さんがいろいろスト情報を調べていたことも...


でも、まさかホントに飛行機とばないなんてっ!...


この分だと二日後の飛行機で帰ることになるって...


仕事どうしよう.....



衝撃の状況を告げられて動揺するツアー客(私たち含む)
でも、そのままとりあえず夕食へ...



risboa (25) risboa (26)


この時の食事の記憶はありません
とにかく、ホテルに帰ったらwifi環境なんとかして
日本に連絡とって、仕事の代講をさがさなくちゃっ!!


というわけで、大波乱の旅行になっちゃっった


わけです...


そういうわけで、あと二日分ポルトガル旅行記つづきます


すいませーーーん <(_ _)> ぺこり



●2012年11月 ポルトガル旅行記●
①ロンドン「ヒースロー空港」でハンバーガー
②トマール「Resutaurante Nabao」でバカリャウ料理
③ポルト「サンデマン」でポートワイン...いろいろ
④ポルトはずれ「REI DA SARDINHA ASSDA」でいわしの塩焼き
⑤コインブラと、お菓子カフェ「Pastelaria(パステラリア)」
⑥ファティマ「シスターズ(修道女)レストラン」で牛肉の煮込み
⑦ナザレ「PASTELARIA BATEL」で可愛いクッキー❤
⑧ポルトガルのマクドナルド
⑨オビドスでCarne de Porco a Alentej
⑩リスボンの夜「タコのリゾット」と「ファド」 
⑪リスボン最終日(?)カルデベルデとイカのソテー
⑫おまけのリスボン1「コロンボ」のフードコートLUNCH 
⑬たなぼたリスボン念願のサッカー観戦&マリオットバーガー
⑭おまけのリスボン2「マリオットホテルのバー」で生ハム盛り合わせ 
⑮リスボン最終日「ソラール・ドス・プレズンドス」のシーフード料理
⑯リスボン最終日その2「Laurentina o rei do Bacalhau」でバカリャウとファド



●ブログ自体を放置状態ですが、超多忙ですんません<(_ _)>
 早くポルトガル終わらせて埼玉の記事をかかなくちゃなーーー!


23:07 | ポルトガル | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●リスボンの夜~タコのリゾットとファド






オビドスから80km 最終滞在地のリスボンに到着したときは
もう夕刻でした、ホテルに到着し、一息ついてレストランへ....



PB134252.jpg



暗くてよくわからなかったけど水辺のほとりのレストラン
昼間だったら眺めがよかったでしょう



PB134255.jpg


店内



PB134258.jpg


一日一本の赤ワイン(笑)



PB134257.jpg


もうこのブログのポル記事でもおなじみの
SALADA MISTA(サラーダ ミシュタ)
どのお店もトマトとにんじんが定番のサラダ..
でも旅行中このサラダが体調を整えてくれるのに
一役買ってくれていたと思います。
ドレッシングはナシか控えめですし、必ず食前に出てくるので
メインの前にしっかり生野菜を食べられるのは酵素栄養学てきに◎!



PB134260.jpg


タコのリゾットは、出汁がきいておいしいと思いました



サラダもリゾットもおかわり自由でしたが
ちと、物足りないかも...旅行の終盤でこのくらいおさえた食事は
返ってよかったかもしれませんが..


でも、この内容でワインをいっぱい飲んだから酔っちゃったよ~♪


一度ホテルに戻り、
いよいよこの旅行の母的メインイベント
オプショナルツアーの ファド に出かけました


この夜のメニューは たこのリゾット


PB134266.jpg



リスボンの暗がり



PB134268.jpg


バットマン猫がいた..



PB134269.jpg



こちらがオプショナルツアーのファドのクラブです



PB134270.jpg


混みあった店内 いい感じですね
地元の方方もいらっしゃるみたいだし...



PB134272.jpg


民族的な演奏と踊り


PB134277.jpg


ファド..


言ってもいいですか?


しょぼかったーー



踊りは地元の公民館で練習してる年配の人の発表レベルだし
正直ファドは3人の歌手が出てきたが、ひとりまともな歌唱を
していましたが、あとの二人は「この歌お金とって聴かせる?」ってレベル


私だけがそう思ったわけはなく、ツアーの方、口々に
「あの男の歌手、歌下手だよねーー」なんて声がそこここで
聴こえてましたから....



これで、オプショナルツアー代金9000円(笑)



娘が、


9000円払えばレディーガガが観れるね!


と言ったのがツボ、ははははって笑うしかないって感じでした
ファドを一番楽しみにしていた母の落胆ぶりが激しかった かわいそう~


というわけで、リスボン初日の夜は、
ちょっと残念な感じで更けたのでありました.....(笑)


なんでしょうねー、あのファドのクオリティは?
このファドクラブ、夜が更けるほどに盛り上がるのだと思います
午後10時くらいのオプショナルツアー適用時間はまだ「前座」だったのかな?


さーー、いろいろ観てきた ポルトガルも明日が最終日!
この夜の分も取り戻す気漫漫で床につきました



この記事は予約投稿です



●2012年11月 ポルトガル旅行記●
①ロンドン「ヒースロー空港」でハンバーガー
②トマール「Resutaurante Nabao」でバカリャウ料理
③ポルト「サンデマン」でポートワイン...いろいろ
④ポルトはずれ「REI DA SARDINHA ASSDA」でいわしの塩焼き
⑤コインブラと、お菓子カフェ「Pastelaria(パステラリア)」
⑥ファティマ「シスターズ(修道女)レストラン」で牛肉の煮込み
⑦ナザレ「PASTELARIA BATEL」で可愛いクッキー❤
⑧ポルトガルのマクドナルド
⑨オビドスでCarne de Porco a Alentej
⑩リスボンの夜「タコのリゾット」と「ファド」 
⑪リスボン最終日(?)カルデベルデとイカのソテー
⑫おまけのリスボン1「コロンボ」のフードコートLUNCH 
⑬たなぼたリスボン念願のサッカー観戦&マリオットバーガー
⑭おまけのリスボン2「マリオットホテルのバー」で生ハム盛り合わせ 
⑮リスボン最終日「ソラール・ドス・プレズンドス」のシーフード料理
⑯リスボン最終日その2「Laurentina o rei do Bacalhau」でバカリャウとファド



22:14 | ポルトガル | comments (9) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●オビドスでCarne de Porco a Alentejana(アサリと豚肉のアレンテージョ)





ポルトガルに戻ります...って、ひと月経とうとしてる..^^


Obdos(オビドス)は、城壁に囲まれた中世の面影を残す可愛らしい街
ポルトガルの街並みは..


時代を感じる建物、坂道、細い路地 洗濯物...


と何度も書いてますが街並みに色を添え、
その街を特徴づけるのは
コインブラは黒マントのイケメン大学生
ナザレでは黒装束の未亡人
ここオビドスは..


PB124177.jpg


愛らしい街をさらに彩る、ブーゲンビレアやランタナなどの花々でしょう。
11月の訪問でさえ印象的でしたから、春から初秋の美しさは
素晴らしいのだと思います。オビドスは印象が強くて、また行きたいなー



そして、オビドスの街を美しく鮮やかに照らしてくれた晴天にも感謝!
ラッキーでした



この街の入口...
アズレージェが美しく、手刺繍のテーブルクロスを売ってる
おばあさんが可愛い..


PB124165_20121208184721.jpg


この門をぬけると、メイン通り



PB124209.jpg




この可愛い街は、どこを眺めても切り取っても絵葉書のようでした




obidos_1_20121208191627.jpg


写真選ぶだけで時間がたってしまいます..



新しいフォルダー1_1



ツアー旅行でしたがオビドスでは幸いたっぷり時間があり
精力的に歩き回りました



オビドス城_1_1



ツアーの方方とも仲良くなって、お城はいいやという家族と離れ
お城&城壁ウォーキング(怖かったΣ(゚д゚lll) )



オビドス教会_1


人気のサンタ・マリア教会 



そしておひるごはんの時間になり...集合場所のレストラン


PB124210.jpg



ALCAIDE
(アルカイデ)さんへ..


20121112_215601.jpg


店内...



PB124211.jpg


窓際の席にすわった、その風景...


本格的に歩き回って、くたくた、汗もかいたので



PB124214.jpg


このおひるは、BEER、そしてお決まりのスープとパン


PB124216.jpg


そして、メインは
Carne de Porco a Alentejana
(豚肉とあさりのアレンテージョ)をいただきました
このお料理はポルトガル名物のようで、日本のサイトにも沢山
レシピがあるのつくってみたいなー


PB124219.jpg


デザートはメロンでした。
ポルトガルのメロンってとってもおいしい!


PB124221_1.jpg



レストランを出ると、再び美しいブーゲンビレア咲く路地を通り


PB124225.jpg


アイスクリームや..


PB124227.jpg


こちらもポルトガルでよーく見かけた、ドライフルーツの露店
娘が「干し無花果」を気に入って買いました。
おんなじ物が日本だと冨澤商店で見かけます。結構好き!



印象深いオビドスに別れを告げて...


私たちツアーは、



20121113_000749.jpg


ユーラシア大陸の最西端 ロカ岬へ..
ポル旅行定番の場所みたいで、最西端の地を訪れた「証明書」などを
発行してました。記念碑も証明写真を撮る渋滞ができてました



PB134236.jpg


こちらはさらに南下して、カスカイスという街の海岸にある


地獄の口


車窓から観るカスカイスの街は、もともとは漁師町
近年になってリゾートとして豊かになった...という印象


PB134241.jpg


そして、私たちは最後の滞在地、
ポルトガルの首都 リスボンにむかいました


リスボンでは、予想もしなかったハプニングあり
ちょっと稀有な出会いあり
なエキサイティングな経験をした街へGO~ 



●2012年11月 ポルトガル旅行記●
①ロンドン「ヒースロー空港」でハンバーガー
②トマール「Resutaurante Nabao」でバカリャウ料理
③ポルト「サンデマン」でポートワイン...いろいろ
④ポルトはずれ「REI DA SARDINHA ASSDA」でいわしの塩焼き
⑤コインブラと、お菓子カフェ「Pastelaria(パステラリア)」
⑥ファティマ「シスターズ(修道女)レストラン」で牛肉の煮込み
⑦ナザレ「PASTELARIA BATEL」で可愛いクッキー❤
⑧ポルトガルのマクドナルド
⑨オビドスでCarne de Porco a Alentej
⑩リスボンの夜「タコのリゾット」と「ファド」 
⑪リスボン最終日(?)カルデベルデとイカのソテー
⑫おまけのリスボン1「コロンボ」のフードコートLUNCH 
⑬たなぼたリスボン念願のサッカー観戦&マリオットバーガー
⑭おまけのリスボン2「マリオットホテルのバー」で生ハム盛り合わせ 
⑮リスボン最終日「ソラール・ドス・プレズンドス」のシーフード料理
⑯リスボン最終日その2「Laurentina o rei do Bacalhau」でバカリャウとファド



●お読みいただきありがとうございます。
とびどびポル旅行記、明日からも予定がパツンパツンなので
なんとか今年中に終わらせて、埼玉ネタもかかなくちゃっとおもっております
今しばらくお付き合いくださいませ ぺこり 



18:55 | ポルトガル | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●ポルトガルのマクドナルド

ポルマック


今日は仕事いっぱいで夜中になっちゃったので
簡単な番外編で....


海外食に結構弱い「くー(娘)」


ポルトガル滞在中2回もマックに行ってるの(笑)
情けないというか、なんというか...


↑はポルトのマクドナルド
日本と寸分たがわぬビッグマック

20121114 (2)



これはリスボンのマックで食べた日本ではお見かけしなかったバーガー
名前わすれちゃったなーー


20121114 (3)


こういうポップコーンチキンみたいなのも日本にはないよね



20121114 (4)


ポルトガルちっくなパンに、朝マックのソーセージが
サンドしてある感じです...
今一つ?とおもったけど食べ進むと


20121114 (1)


ソーセージが2枚重ねで、なかなかおいしい~♪


(たべかけ汚画像すみませーん ぺこり)


●2012年11月 ポルトガル旅行記●
①ロンドン「ヒースロー空港」でハンバーガー
②トマール「Resutaurante Nabao」でバカリャウ料理
③ポルト「サンデマン」でポートワイン...いろいろ
④ポルトはずれ「REI DA SARDINHA ASSDA」でいわしの塩焼き
⑤コインブラと、お菓子カフェ「Pastelaria(パステラリア)」
⑥ファティマ「シスターズ(修道女)レストラン」で牛肉の煮込み
⑦ナザレ「PASTELARIA BATEL」で可愛いクッキー❤
⑧ポルトガルのマクドナルド
⑨オビドスでCarne de Porco a Alentej
⑩リスボンの夜「タコのリゾット」と「ファド」 
⑪リスボン最終日(?)カルデベルデとイカのソテー
⑫おまけのリスボン1「コロンボ」のフードコートLUNCH 
⑬たなぼたリスボン念願のサッカー観戦&マリオットバーガー
⑭おまけのリスボン2「マリオットホテルのバー」で生ハム盛り合わせ 
⑮リスボン最終日「ソラール・ドス・プレズンドス」のシーフード料理
⑯リスボン最終日その2「Laurentina o rei do Bacalhau」でバカリャウとファド


●お読みいただきありがとうございます
 お返事おくれててごめんなさい きっと必ず!!

02:02 | ポルトガル | comments (9) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●ナザレ「PASTELARIA BATEL」で可愛いクッキー❤&サッカー観戦(?)

ナザレ (10)



ファティマから海岸の街ナザレの高台に到着し
初めてナザレの海と街を見下ろした時は感激しました


まさに絶景 雲が出てきましたが青空が見える状況で
この海と街に遭遇できたことに感謝!



そして街へおりると、その佇まいの雰囲気にはうっとりです


ナザレ (12)


ナザレの街の風景が他の都市と決定的に違うところは
女性の服装!ポルトガルならではの何枚もスカートを重ねた既婚女性


そして夫を失い未亡人になると黒ずくめの服装 


o0308023110329586429.jpg
(写真撮って良いですか?の勇気がなくて、
     こちらのサイトからお借りいたしました)



ナザレ (14)
遠くから撮らせてもらっちゃった、おばあさま


以前も書いた、ポルトガルらしい街並み


細い路地 古い建物 洗濯物 石畳...


ナザレはその風景に、この「黒いおばあさん」と、
海岸沿いの何とも言えない空気感がただよっていて
ポルトガルの中でも忘れられない、街並みでした
また行きたい...



そして可愛い「黒いおばあさん」たちが
のんびりと、パステラリアでお茶している風景がそこここにありました



ナザレ (1)




午後遅めに到着だったのですぐ陽が暮れてきました
ホテル近くの可愛い PASTELARIA BATEL  


ナザレに滞在したのは短かったのですが、おじさんがやさしくて2回訪問
ショーケースのお菓子たちの可愛らしさ今も思い出されます



テイクアウェイして、ホテルで食べたクッキー



ナザレ (8)



すぐに夕暮れがやって来ます。


ナザレ (13)



焦って海岸沿いの街並みをあるきます




ナザレ (11)



海に沈む太陽です


そしてこの日、ポルトガルでリーグ戦開催日
サッカーが大好きなポルトガル 海岸沿いのパブではTV中継
に興じる人々が沢山おりました。


わたしもわたしもーー!
っと、一軒のパブに入ってオリーブとBeerでサッカー観戦!



ナザレ (2)


対戦カードは FCポルトvsアカデミカ でした


しかし残念ながら、夕食の時間がせまっており
試合観戦は中断して、ホテルにもどりツアーのみなさんとレストランに..



ナザレ (15)



RESTAURANTE S. MIGUEL


リストランテ S. ミゲル 
あーー、ミゲルっていえば、ミゲル君って日本人が一番知ってる
ポルトガル人の一人ですね、もうひとりはクリスチアーノロナウドでしょう
ま、バスコダ・ガマやフランシス・ザビエルもそうですけど..


お店に入ると、さっきの試合、店内でも放映しておりました


ナザレ (18)


この日の夕食は、前日ポルトはずれで食べた絶品と同じ

いわしの塩焼き
Saldinhas Assadas(サルディーニャ・アサーダス)
でしたが、やはり観光客向けのこちらよりも
前日いただいた、現地の大人気店の方が新鮮さお魚のぷっくり具合も
抜群で32倍くらいおいしかったです


こっちのお店は、料理よりも何よりも...


ナザレ (16)


サッカーに夢中で、仕事は二の次って感じの店員さんが印象的でした...(笑)


さすがサッカー大好き国!!



ナザレ (3)



翌朝のホテル(Maru)での朝食、
窓からの眺めが ナザレだ...



ミゲル君が歌い出しそう... って旅情に水差したのは娘..



ミゲル君が「消臭力~♪」と歌っていたのはリスボンだし...



食後、海辺をお散歩


ナザレ (4)


人懐こい野良犬くんが、いっぱいいるんです



ナザレ (5)


母に駆け寄っていったこの子もなつっこくて..


ナザレ (6)



ヘアースタイルがポルトガル?



ナザレ (7)


カメラ目線!
観光客サービスか?
このワンすごーく可愛かった
うちの力丸にも逢いたいなーー!


もっともっと居たかったナザレに、しぶしぶお別れをして..



ナザレ (17)



カルダス・ダ・ライーニャの朝一へ..



そして、この後は 
夢のように可愛い村「オビドス」
ユーラシア大陸最西端の「ロカ岬」
ポルトガルの首都「リスボン」へ向かいました!!



●2012年11月 ポルトガル旅行記●
①ロンドン「ヒースロー空港」でハンバーガー
②トマール「Resutaurante Nabao」でバカリャウ料理
③ポルト「サンデマン」でポートワイン...いろいろ
④ポルトはずれ「REI DA SARDINHA ASSDA」でいわしの塩焼き
⑤コインブラと、お菓子カフェ「Pastelaria(パステラリア)」
⑥ファティマ「シスターズ(修道女)レストラン」で牛肉の煮込み
⑦ナザレ「PASTELARIA BATEL」で可愛いクッキー❤
⑧ポルトガルのマクドナルド
⑨オビドスでCarne de Porco a Alentej
⑩リスボンの夜「タコのリゾット」と「ファド」 
⑪リスボン最終日(?)カルデベルデとイカのソテー
⑫おまけのリスボン1「コロンボ」のフードコートLUNCH 
⑬たなぼたリスボン念願のサッカー観戦&マリオットバーガー
⑭おまけのリスボン2「マリオットホテルのバー」で生ハム盛り合わせ 
⑮リスボン最終日「ソラール・ドス・プレズンドス」のシーフード料理
⑯リスボン最終日その2「Laurentina o rei do Bacalhau」でバカリャウとファド



●お読みいただきありがとうございます
 ちょっと、ピッチあげて書かないと終わりませんね♪(´ε` )


23:15 | ポルトガル | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑