スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

●鴻巣免許センター「食堂けやき」のカツカレー

IMG_0001_1_20140811053344e10.jpg


運転免許の書き換えで伺った、鴻巣免許センター


お腹がペコペコだったので、まずは食堂で腹ごしらえ
こういう、三角巾つけてるおばちゃんがいるような食堂って
キライじゃないなーー。だんだん少なくなってるしね

で、やっぱりこれだよね カツカレー

もったりした黄褐色のカレーソースに、厚さ5mmだけど揚げたてのとんかつ
透明感のない白米...  想像通りのおいしさで、満足しました



   IMG_0001_2_2014081105334618e.jpg


免許更新も無事終了... 安全運転安全運転



ちゃんと食べログに登録されてました(笑)


けやき



関連ランキング:定食・食堂 | 鴻巣駅





スポンサーサイト
05:38 | 埼玉・鴻巣市 | comments (9) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●鴻巣市「ごうじんち」さんの更科蕎麦

*9/1まで夏季休業の情報ただきました。ご訪問の際はご確認ください

2012-06-18 (5)


鴻巣市の田園地帯、農業を営む大きなおうちが
ぽつんぽつんとあるような、のどかな場所にある



ごうじんち さん



2012-06-18 (2)



ご自宅の一部をお店として営業しています
店内は新しく、こざっぱりとしてちょっと喫茶店風
感じのよいおかみさんが出迎えてくれます


当店は、ご主人が浅草の名店で修行し、
ご夫婦でお蕎麦屋さんを開業するまでのあれこれを
「人生の楽園」というテレビ番組で紹介されたのだそう..



2012-06-18 (3)



営業はお昼のみ、
かき揚げセットをお願いしました
そのかき揚げがとてもおいしい



2012-06-18.jpg



スマホ画像だと伝えきれないのですが
にんじん かぼちゃ さつまいも 等々根菜&お芋類のかき揚げ
彩りも豊かで、まるで手毬のように可愛いです
そして野菜のやさしい甘味が口にひろがり、滋味あふれる..
とうい味わい



2012-06-18 (4)



おかみさんが丁寧にすってくれたわさび
おそばが楽しみです



2012-06-18 (6)



精製度の高い二八そばはとてお上品
かつお節の香り高いたかいきりっとからめのつゆ
こしのしっかりしたおいしいそばです



ただそばを頻繁に食べ歩いていないので不案内ですが
好みでいうとは「挽きぐるみ」な田舎蕎麦だったりしますが..



同行の父が食べていた 更科蕎麦の
繊細さと、みずみずしさには感動!!
更科蕎麦って、ほとんどいただいたことがなかったので
おいしさに開眼しました



2012-06-18 (1)
   写真ぼけちゃいました^^ でも色合いの違いは分かるかな?



2012-06-18 (7)



+200円で追加できる茶碗蒸しもおいしいです


少し前に伺ったお店ですが、また行きたいな!!


更科蕎麦がいただけるのは週末、と聞いていますが
詳しくはお店に確認してください
こだわりおご主人、そばがあまり香らない8月はお休みだそうですよ




手打そば ごうじんち




関連ランキング:そば(蕎麦) | 鴻巣駅





01:30 | 埼玉・鴻巣市 | comments (7) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●鴻巣市「馬力屋」の川幅うどん

DSC07730.jpg




荒川とは、埼玉・山梨・長野の県境である甲武信ヶ岳を水源とし、
奥秩父から埼玉県内を横断して東京湾に注ぐ、総延長173kmに及ぶ河川で
あり。川幅は埼玉県御成橋付近で2.5kmにもなり、日本最大である。



と、いうわけでここ鴻巣市で、荒川が日本最大の川幅になる、というところから

川幅うどん が

誕生し、現在では鴻巣市の町おこしグルメとなっているようです

今日ご紹介のお店は、市内には何店も川幅うどんを売りにしているお店が
ある中の、御成橋のたもと近くにある


馬力屋さんです


IMG_4733_20100811095035.jpg



伺ったのは4月(遅くてすみません)、食べログのミニオフで伺いました。
ご一緒したのは、食べログ埼玉名食べロガーでありお姫様的存在の美女と
やはり埼玉と京都を代表する食べロガーであり、
ごっつい浦和レッズサポーターのナイスガイ2名
この浦和サポーターさまは、もう本物。
だって、お一人は京都から参戦してるんですから、すごいよっ!
ま、サッカーのお話はおいておいて..



DSC07729.jpg


ちょっと甘めの田舎風な濃い目のつゆに
もちもち~っとした、川幅うどんが思いのほかよくからんで
とてもおいしいです。正直予想していた以上に美味しく
ちょっと感激!


馬力屋さんは禅味会というおそばの会に属するお店です。
禅味会のお店も埼玉に何店舗もあります。禅味会とは?といわれてもポカーンなんです
けれど、私の禅味会イメージは、ふっとい蕎麦と鴨料理もおいしい。って感じかな


なのでふっとい蕎麦も試しました。


DSC07734.jpg


そうですねぇ~。季節柄かお蕎麦の香りが今ひとつで
うどんのほうがはるかに美味しく感じました。
それに、やっぱり蕎麦は細いほうが好きかも...



鴨のほうは..


IMG_4716.jpg


やはりメニューも充実



みなさん


IMG_4717.jpg


もつ煮だったり


IMG_4713.jpg

鴨わさだったり...


IMG_4728.jpg

「抜き」の鴨じるだったり...
      (写真は鴨の首のところ)

IMG_4715.jpg


鴨じゃないけどからすみだったり....
          


で、日本酒をぐびり 


私は車で、当店では呑めずだったので、うらやましかったわぁ~。
今回たのんでいませんが、禅味会さんは鴨焼きもおいしいのよ




川幅うどんと禅味会の味、両方が楽しめる良いお店でした
さすがに繁盛所していましたよ。



この後、さいたま市にもどって、私も車を自宅において2件行きました
最終的には、サッカーの話ばかりになってしまい、姫にはわるかったなぁ~
続きは後ほど..
(ずいぶん前に行ったレポで恐縮ですが、この後の2軒もすごくいいお店なんだわ)



手打ちそば 馬力屋





↑このときご一緒した皆さんの記事も掲載されております。是非!
 ただし、川幅うどんはうどんキチもとい、
     うどん通さんには受けが悪いみたいですが..笑




●お読みいただきありがとうございます!
 これからエクササイズするので、レスとご訪問は午後に!!


10:09 | 埼玉・鴻巣市 | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

【閉店】  Mシェフを偲んで....

DSC024751a_20081122160230.jpg


11月8日のサッカーの試合の後、本来であれば
サポーターの友人たちと別れ、鴻巣市のイタリアンレストラン
Aさんのワインの会に行く予定でした。


しかし、ワイン会は中止になりました。


ワイン会の6日前の11月2日に、オーナーシェフである
M氏が41歳という若さで急逝されたために...



A( お店の公表を控えております )



イタリア語で「さぁ、行こう」という意味のイタリアンレストランは
シチリアで修行をされた、Mシェフにより2004年にオープン。
モダンでありながら暖かみのある建物は、鴻巣市ののどかな田園風景に
不思議ととけ込んでいます。
オープン以来、シャンソン歌手である私の母が、お店でLiveを開かせてい
ただていた関係から、家族ぐるみでお世話になっていたお店でした。
埼玉のお片田舎にあるとは思えないクオリティの高さ、なによりもMシェフの
お料理やワイン対する情熱が感じられるお店でした。
オープンして4年、常連さんも増え、全てはこれからというときだったのに..


DSC02507.jpg


あまりに突然の早すぎる死は、やりきれないもので
私はしばらく考え事ばかりしていました。


たとえば、私が書いた記事について


Aは私にとっては、実家の両親を含む家族とすごす大切な特別な
レストランだったので、1人でも多く人にこのお店を紹介したい・・・
そうしたら、美味しいお料理と、大切な人と過ごす楽しい時間をつくっていただい
ている事への、少しでものお礼になる。との思いで記事をかいていました。
それが、こんな悲しい気持ちで自分の記事を読み返す事になるとは..と嘆いたり


最期に伺った日、私はあろうことかデジカメを忘れてしまったのです。
「今日、カメラ忘れちゃったの.. 」
といったときの、シェフの、ちょっとがっかりした顔が思い出され、悔やみました。
私は、「もうじき一眼レフを買うから、そしたら晴れた日にランチの写真を撮りにくるわ」
とシェフと約束をしてお店をあとにました。


その約束を、果たすことができなくなってしまった。


9月に一眼レフを買った後、チャンスは何度もあったのに....
私はいつも思っていたのです
「Aさんだったら、これからいつでも、いくらでも行くことができるわ」.と


ブログを始めて一年余、新店をもとめることで、Aへ通う足が
遠のいていたことを、後悔する日々が何日が続きました。


ブログも少しお休みを頂きました。
その間、たくさんのコメントをただいた中に..


「シェフの人柄や仕事を語りついであげることが、シェフの供養になるよ...」


との文章をみつけ、、
もう悔やんで、悲しんでもなんにもならないと気が付いた私は
その日に時間をつくり、当然のごとく休業をしているAにでかけました



DSC02483.jpg



朝は曇っていたのに、午前中の仕事を終えて、お店に到着したころは快晴に....



いつもであれば、ウェイティングの出来ているランチタイム


DSC02473.jpg


ウェルカムボードには臨時休業のお知らせがありましたが
私が、お店の写真を撮っている最中も、来店し、このボードを
見て帰っていくお客さんが後を絶ちませんでした
オーナーと客を失ったレストランを撮影するのは、決して嬉しいことでは
ありませんが、何かをしたいと思う私に、できる行動というのがこれしかなかったのです



DSC02488.jpg


エントランスに近づいて・・



DSC02502.jpg



いつも私たちを迎えてくれていた、シチリアのポートレートと
当時メッシーナの選手だった柳沢(現京都サンガ)のミニTシャツの先に、



DSC02505.jpg



11月8日のワイン会のフライヤーを見つけたときに....
本当に悲しい気持ちになりました。



ワイン会を、私はとても楽しみにしていました。
前回のワイン会の記事を読み返しては、今度のワイン会でのワインとイタリアの
食材を期待してにやにやし、あと、何日...と指折り数えていたのです。



当日も配られるはずだった、ワインと食材のリストが載った手書きのフライヤー..



DSC02504.jpg



自宅に戻った私は、それを拡大しプリントアウトして、ひとつひとつネットで調べ、
ひとりバーチャルワイン会を開きました。私なりの追悼の行動として...
ワイン1本、チーズの1つ...Mシェフがこのワイン会のために選んだ
一品であっただろうから


それを、私の記録として、前回のワイン会の記事と同様に追記に
記しておきます。興味のある方は見てくださいね。



IMG_8965.jpg




お通夜には、実家の両親と家族と出かけました。
ご家族の姿を見るのはつらく、お弟子さんであろう若いシェフを始め
従業員の方が号泣されている姿を見て、シェフの人柄を改めて感じました。
誰もが彼の死を悼んでいました。


お通夜の席で伺った話では、生前、Mシェフは「風邪一つひかない」と
ご自分の健康に自信をもっていたそうです。
けれど、実際、オーナーシェフというのは過酷な仕事であったとの
ことでした、そんな中で、ワイン会を開くということは通常の業務でさえも
大変な中、さらなる労働時間が加わることとなることでしょうし、それを
おしてもワイン会に力を入れていた、Mシェフの、料理とワインにかけた情熱
は計り知れないものです。


普段はとても控えめな方でしたが、お料理の食材やワインの話になると
変わらない控えめな物腰の中、瞳をきらきらさせてお話しなるのが印象的
でした。


そんな彼の情熱が、知らず知らずのうちに、彼の健康を害していたのかな?
とおもうと、つらすぎるという気持ちなかにも、彼の死というのは神様に、
選ばれてしまった。そして召されてしまったのかな?と思わずにはいられません。
しかし、それは残された家族の方にはつらすぎる死であることにはかわらないのですが...



そして、帰り道。私たち一家は、早速レストラン難民になりました
お料理もお酒も、お店の雰囲気も全員が満足するレストランがみつからないのです。



自分の記事を読み返したとき、動画もあったせいか、幸せで無邪気な光景が
あふれていて我ながら感心したのですが
Mシェフを失って、レストランという場所が、家族や恋人友人・・愛する人との歴史
をつくる重要なステージであるということを、改めて、身に染みて感じました。
私たち家族は、何度、Aで幸せなひとときを過ごしてきたことでしょう..



IMG_4955_20081125104855.jpg




Mシェフのお料理は、もう二度といただくことが出来ないけれど、シェフと家族の
記憶として、私の記事が私自身の宝物になりました。
Mシェフは、私がAの記事を書いていることを喜んでくれては
いたけれと、インターネットに通じた人ではなかったようです。
いわば、根っからの職人だったのでしょう。きっとモニターをとうして
記事を見てはいないはず...


だから、この記事を書き終えたら
全て記事をプリントアウトし、彼の墓前か仏前に届けたいとおもっています。



小さなお子さんがいて、お店に出ることはなかったけれど、中休みには、
一生懸命、仕込みを手伝っていたという奥様にもお礼を言いたい..
ご家族が心安らかに過ごせる日は、まだ先かも知れないけれど
その日がくることを影ながら祈っています。



そして、今、私は、お店のウェルカムボードに書かれた
「お店の再開の時には、改めてご連絡をします」という記載と、
ある情報から、Mシェフ亡きあと、必ずいつか、Aが再開されるとこと信じています。



0808224_20081125112025.jpg
          


再び、Aで大切な人と乾杯ができる日が来ることを、ずっとずっと祈っています




Mシェフ、今までありがとう、そして、ごちそうさまでした。
あなたのお料理、Aで過ごさせていただいた楽しいひとときを
一生忘れません。天国でどうぞ、安らかに...。



                     
                                        Kyoko007


DSC02477.jpg





※過去の記事
●訃報に... 
●鴻巣市Amuninni(アムニンニ)のワイン会に行きました
●鴻巣市Amuninni(アムニンニ)の生ウニソースのリングイネ
●鴻巣市Amuninni(アムニンニ)のフォエグラ....

アムニンニの記事をこちらのタグにもまとめてあります ・amuninni

実弟の書いたmixiの記事はこちらです

《お願いです》
アムニンニのレビューを書かれた方で、もしもこの記事を読まれた
方たがいらしゃったら、どうぞトラックバックをしてください。
また、アムニンニを訪れたことがある方( でも、そうでなくとも )
コメントを残してくださったらとても嬉しいです。どうぞ、おねがいいたします。




●追記:長い記事をお読み頂き、ありがとうございました。
 このの記事を書かないと、気持ちの整理がつかず、新しいお店のレビュー
 を書くことができませんでした。
 お店の再開に希望がもてたことが、今は一番うれしいです。
 このことがあって、私は今まで以上に大切にレストランの一皿一皿と向き合う
 ようになると思います。
 今後は私自身の仕事も佳境にはいりますが、また、ゆっくりペースですが
 新しいお店をご紹介して行きたいと思っています。皆様どうぞよろしく。
続きを読む
11:48 | 埼玉・鴻巣市 | comments (29) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●鴻巣市「 手打ちそば処 いちい 」の十割蕎麦

DSC02292_1.jpg



蕎麦食べ歩き夫婦である両親が
おいしいお蕎麦やさんをみつけた..ということで、母とふたりで伺ってきました。


鴻巣市「いちい」さん


鴻巣駅からほどなく(徒歩約7分)の、住宅街。家屋の一階が店舗というつくり。
平成15年冬OPEN


DSC02296.jpg



評判を聞いて遠方から見える方もいるそう...。実力店です。



お野菜の天ぷらと、枚数限定の十割の田舎蕎麦をオーダーしました。



田舎蕎麦は..


IMG_8644.jpg


全然見えないのですが、浅漬けと甘い花咲豆の煮物がついています。
こういうのうれしい~。


実は、なかなか気難しいご主人との情報を聞いていたのと、
HPに「挽きたて、打ち立て、ゆでたて」を提供するという三立ての
フレーズがあったので、写真を取るのにすごく緊張していまいまして....
もちろん一眼ももっていったのですが、お客さんも多かったので
TOPの一枚しかとれず、以外はコンデジで猛スピードで撮りました。


ご主人の人柄は後ほど..



IMG_8646.jpg



太い麺が一本、これを最初に何もつけずいただくのですね。
栃木県芳賀郡益子町産のそばを当日分を石臼で自家製粉して提供されているそう。
薫り高く、十割でありながら喉ごしがよいお蕎麦、とてもおいしいです。
これはたしかに、間違いないお店です



081102i_20081101224718.jpg



野菜の天ぷらと舞茸の天ぷら、ごま油の風味がよく、これも納得の美味しさです。


と、そこへ、ご主人がやってきて..母に話しかけます....
「Kyoko007母さんに、以前お勧め頂いた、那須のお店にこちら(たまたま相席していた蕎麦通らしきおじさま)といってきました。あの店はすばらしい....」
と、母・相席の蕎麦通おじさま・店主さんでひとしきり那須のお店をふくむ、蕎麦の四方山話...



私はポカーンなので、ひたすらお蕎麦を掻き込みます。



おいしい~
   おいしい~
      おいしいよーーーう



ほんとうは、もう一枚食べたかった....
          できれば鴨せいろを......


蕎麦談義で盛り上がっていたので、頼む折り合いを見つけられず断念..^^


でも、皆さん!11月からはいよいよ新蕎麦の季節です
このお店は、また伺って紹介したいですね~


   IMG_8653.jpg



このお店、お蕎麦は絶対的にお勧めできます。
それと、いろんな意味でバランスがいいなぁ~と思いました。


いわゆる、蕎麦道みたいなお店よりも、お店の方の対応は柔らかいし
お店のしつらえも、凄く好き!


店内にはいろりのある席があり、私たちはそちらに着席しました。そこから小さいのですが美しいお庭が見えてとても気持ちがよいです。
お店の端々に置かれている、小さなコーナーもセンスがよい。でも、けっしてお洒落すぎていない..たとえば「ジャズが流れる蕎麦家」っていうのもモダンで良いですが、そうではない、手入れの行き届いた、個人のお宅によばれたような居心地の良さでした。


081101.jpg



右下の小さな椅子は子供用..
お店を作った時に、大工さんにつくっていただいたそうですが..



IMG_8655.jpg



わかるでしょうか?
子供が座りやすいように、ご主人が手を加え、座面をすこし削ったんだそう..



そんなご主人のお店です



DSC02295.jpg


(追記:ごめんなさい、お店のOPENの時期について、当初昨年夏のOPENと記載して
 おりましたが、私の聞きかじりで誤りでした。15年冬が正しかったです。
 申し訳ありません。市井さんにもご迷惑おかけしたことを深くお詫び致します)
 




●手打ちそば処 いちい
〒365-0054 埼玉県鴻巣市大間537-3  TEL:048-541-5465

●食べログさんもどうぞ..
 そば処 いちい (そばどころ いちい) (そば / 鴻巣)




●いつも楽しいコメント、応援ありがとう
          応援が励みです。1クリックで応援よろしくね!
 
                       


                        thank you ~ ♥  

00:10 | 埼玉・鴻巣市 | comments (27) | trackbacks (0) | edit | page top↑

【閉店】鴻巣市Amuninni(アムニンニ)のワイン会に行きました

・現在都合により、店を休業されています。
                      Kyoko007

           


IMG_7726.jpg



8月初旬、鴻巣市の大好きなイタリアンレストランAmuninni(アムニンニ)さん主催の
ワイン会に行ってきました。記事が遅くなっちゃった理由は後ほど...



アムニンニさんのオーナーシェフM氏はシチリアでイタリア料理修行を
された本格派な上に、大のワイン好き..昨年から定期的にワイン会を開催、
今日は3回目のワイン会です。



ずっと行きたかったワイン会にやっと行けました。わくわくです。


 
     0808221.jpg



席に案内されるとテーブルにはイタリアの地図にアルファベットが書き込まれた手書きの
小冊子がありました。



     IMG_7661.jpg

      
今日のワインの詳細とお料理のご案内が書かれています。



テイスティングするワインはスプマンテを含め10種類。
そんなに沢山のワインを飲めるでしょうか?ちょっと心配。


「アムニンニ主催第3回のワイン会、みなさんどうぞおたのしみください」
とのMシェフのご挨拶&スプマンテ(発泡酒)の乾杯で始まりました。


今回、お料理はワインを引き立てる軽めのもの......
                   でもね、本当においしかったのですよ~。


フロアーの中央にしつらえたテーブルに、まず登場したのは....
       


     IMG_7667_1.jpg


イタリア産ブラックオリーブ(奧)と
                グリーンオリーブ(手前)

私は、肉厚なグリーンオリーブが気に入ってしまいました。これだけでも
ワインがおいしくいただけそうです。


前菜的なお料理とテイスティングのワインは、この中央テーブルに取りに行く
スタイル。お好きなだけどうぞ....



     IMG_7668.jpg


モッツァレラ・ブッファラ(水牛乳)と自家菜園プチトマト
アムニンニさんの野菜はほとんどが自家栽培、新鮮で、かつ丁寧に仕事された
野菜がとってもおいしいレストランでもあるんですよ


      IMG_7679.jpg



いよいよ一番目のワインが登場。Mシェフ自らサーブの白ワイン。


ファジオ インソリア 2006 (シチリア)  
シチリアを代表するインソリア種100%。金色に反射しエキゾチックなフルーツを思わせる香り                                    (小冊子より)



   0808224.jpg



うっとり~、かるくシャープなあじわいでした。
こんなかんじで、小冊子の解説をふむふむと楽しみつつのワイン三昧.....




     0808161.jpg




お料理もワインも続々と...



自家製フォカッチャ3種は左から
   ・アンチョビ ・ローズマリー ・オリーブオレガノ



     0808222.jpg



このサラミとぼほ脂のみのベーコン(?)は、このワイン会でも特に感動した

チンタ・セネーゼ

という、イタリアのいわばブランド豚の加工肉、よく運動させて育てているのに脂肪の
多いお肉が特徴なんだそう、この脂のみのベーコンってちょっと圧巻、でも、
バターと同じ役割として、これを先の自家製フォカッチャに乗せて頂くとふんわりと
口に溶け、甘い脂の香りが広がって絶品でした!
( チンタ セネーゼ All about はこちら )


     IMG_7698.jpg


そしてアムニンニさんといえば、チーズが充実しています。今日Mシェフが

選んだチーズは 「ナポレオン・ヴュー」
        ・ピレネーにある山の名前「ナポレオンの鼻」から名をとった 
         今、パリで人気のチーズ
         羊飼いであるドミニクさん自ら製造熟成まで手がける農家製
         羊乳100%の手作りチーズ 10ヶ月熟成 (小冊子より)

 
羊のチーズは苦手って思っていた私が、止まらなかったチーズ
                         (実は今日も食べちゃった~)





前菜は、「イタリアのおいしい~~食材」が

が満載。小冊子に追加しての、シェフ自身の解説にも熱が入っていました。
普段はキッチンでのお料理に集中していらっしゃいますから、そういう意味でも
楽しめたワイン会でした.



     0808225.jpg


お馴染み「ピッツァ・マルゲリータ」も中央のテーブル
におかれ食べ放題。薄いライトな生地で、かつチーズがとってもおいしいPIZZA!


「アサリとトマトのイタリア風煮込み」こちらも、
ソースを自家製フォッカチオにつけて頂くと最高!
ここからは、Mシェフは厨房に戻って、調理!!お料理も各自のテーブルに
サーブされます



     0808226.jpg


「自家製の茄子とパルミジャーノチーズの重ね焼き」!
おいしい~!最後のメインは
「鶏肉のロースト ジャンイール風  
                ~シチリアのまかない飯~」>




ここまでスプマンテ(発泡酒)含む白ワイン5種、赤ワインも5種
計10種類のワインを頂いていています....

赤ワインに進む頃から、酔いがまわってきてかなりよい気分に....
テイスティングも、気をしっかりさせていないと.....^^
これだけのワインを飲み比べたのは初めてです。普段ですと白・赤各一種類つづ
のワインを飲むくらいでしょう、このよう飲み比べるってことで一つ一つのワインの特徴が
はっきり感じられ、大変楽しめました。



だた、かなり酔う....^^



最後はね「自家製レモンのシャーベット」
っって小冊子には書いてあるんだけど
どうしたのでしょう、カメラに写真も残ってないのよ~~


めずらしいわねぇ~、わたしとしたことがデゼールの写真を撮っていないなんて...



     0808223.jpg   


アルファロメオのジュリエット...乗りたい..



ワインは白赤ともに、呑みすすむうちに香りが芳醇になり、力強かった、
特に最後に頂いた赤ワインは本当においしかったです。
合わせて2本ほどのワインを頂いたでしょうか、テイスティングにはワイン強さも
ひつようですね
ワインもお料理も大満足の、そして何より、Mシェフのワインとイタリア食材
に対する情熱を感じるワイン会でした。

料金は、今回、¥6.000- とワインのクオリティーから考えると信じられない
ようなお値段。次回は11/8(土)の予定です。(お酒を頂かない方は¥4.000-です)

     
続きを読むにはワインリストを記載しましたのでどうぞ.....




この大切なワインリストが載った小冊子....酔っていたのかなくしてしまい
昨日、ランチに出かけて、再度頂いてきました。なので記事のアップが
遅くなってしまいました。
だけど、昨日はワインリストはもらったのに、逆にカメラはわすれてしまい......
(おばかでしょう~~)

是非次回はお天気の日をねらって、自然光で取ったとってもきれいな
ランチをレポしますね~


恒例、Mシェフが書いてくださった、チーズリストだけ家で写真を取りました


     IMG_8073.jpg

●アムニンニさんの過去の記事も見てね!
鴻巣市Amuninni(アムニンニ)の生ウニソースのリングイネ 2008.3.30
鴻巣市Amuninni(アムニンニ)のフォエグラ....^^ 2008.3.29


●Amuninni(アムニンニ)  HP    
   埼玉県鴻巣市天神3丁目681-1  048-542-0015(TEL・FAX兼用)



●ブログランキングに参加しています、応援が更新の励みです
                          クリックで応援完了!応援してね!

      
  あら~WEBマダムさんの追い上げで2位になっちゃいそうだわぁ~
  応援してね~。 →  にほんブログ村 グルメブログへ  
  
  
    是非、もう1つクリックしてねーー!→  banner_03.gif    


皆さん、レスポンス等遅れてしまってごめんなさい!ぼちぼちと書いて
いきますの、どうぞよろしくです!         






続きを読む
06:23 | 埼玉・鴻巣市 | comments (30) | trackbacks (0) | edit | page top↑

【閉店】Amuninni(アムニンニ)の生ウニソースのリングイネ

・現在都合により、店を休業されています。
                      Kyoko007

           


   IMG_4915.jpg



レネエちゃんのお別れ会vol2。鴻巣市のイタリアンAmuninni(アムニンニ)さん
お料理はプリモピアッドに入りワインも白・赤と2本、こうなると調子づいてしまいます。
                                         (vol1はこちら



パスタは3種、ゴルゴンゾーラのペンネ。説明不要の美味しさ。


IMG_4916.jpg



TOPの写真のパスタはウニのクリームソース


IMG_4918.jpg



私がこのお店で必ず注文するのは小エビと生ウニのペペロンチーノ。
これは、もう~、お勧めです。コースのパスタのラインナップにあるので是非お試しを....


IMG_4926.jpg



生うにで2種も頼んでしまいました。食べ比べたかったので...

でも生うにのクリームソース君には、悪いコトしちゃったなぁ~~
クリームソースとしては、ゴルゴンゾーラに軍配が上がり、
生うにソースしてはうにうに加減がど~しても、ペペロンチーノのほうが
際だっていたので......
単品でこちらをたのんだら、さぞや美味しかっただろうに.....

一品はトマトソースなどにすべきでした...
お皿のコンビネーションって重要だなぁ~、って思ったりして...


パスタのソースは絶品です。


IMG_4919.jpg



丸パンとガーリックトーストを追加で注文、ソースもきれいに食べました。
もったいなくて残せませんね。写真を取り忘れましたが、私は丸パン派。


こちらのパスタは少し平べったいリングイネ。
シェフのこだわりのパスタです。メニューにあった説明書きから...


当店で使用しているPodere il Casale (ポデレ・イル・カサーレ)社製
リングイネはトスカーナ州カサーレ農場で無農薬栽培されているセモリナ粉
をアブルッツォ州の名人ザッカーニ氏の手でブローズ型を使って成形、ナイフ
で手切りし薪で低温乾燥させます。セモリナ粉の味と香りがしっかりした
最高品質のパスタです。



0803274.jpg



もっちもちのパスタは本当に美味しかった。この麺は夜のみ登場だそうです。


IMG_4939.jpg



最後のワインも赤で....。
こちらのレストランは、ワイン自慢レストランでもあります。


IMG_4962.jpg



この3本が今、レアなワインなのだそう....。


0803277.jpg



お店のいろんなところにワインが....
写真を取り忘れてしまいましたが、店内に大きなワインセラーがあります。
また↑の右下の写真はバーカウンター。ちょっとしたお酒とおつまみを
たのしむスタイルでも利用できますよ。



さて、セコンド・ピアット(←あんまり使い慣れない言葉ですが....笑)はお魚から


IMG_4937_1.jpg




真鯛のアクアパッツァはシェフの技術を感じさせる火入れ加減。
鯛の香りもよくフワッフワッでしっとりした身が本当に美味しい。
そして、これもソースにやられます。



お肉料理は子羊のグリル。イタリアンらしくジェノバソースを少し付けて
いただくのがアムニンニ風。
ナイフを入れると、ローズ色のお肉。羊がちょっと苦手な私でもおいしく
いただけます。


   IMG_4941_1.jpg



ドルチェは2種。クレーム・ブリュレと


IMG_4952_1.jpg



フルーティなソルベ


IMG_4955.jpg



でも、私はもう別腹も入らないくらい、お腹いっぱいでした.....笑


  IMG_4953.jpg



薫り高いエスプレッソ。胃がすっきりするような気がします。


久々に伺い、おいしかった。大満足です。
いつも食べ過ぎてしまいます。


今回は私のコンデジ「CANON IXY」が最も弱い照明のタイプで写真がちょっと荒い
のが私的にとっっても残念。こんどはランチに伺って自然光で撮影したい。
自家製菜園などもあるので、是非レポしたいです。



IMG_4876.jpg



単品メニューの一部、HPも参考にしてください。


0803278.jpg



そしてレネエちゃんとはJR北本駅で、笑顔でさよなら~♪


IMG_4984.jpg



また、日本にフォエグラを食べにおいでねぇ~~



●Amuninni(アムニンニ)  HP    
   埼玉県鴻巣市天神3丁目681-1  048-542-0015(TEL・FAX兼用)



●応援が励みです。1日1クリックおねがいします♪にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ


23:30 | 埼玉・鴻巣市 | comments (17) | trackbacks (0) | edit | page top↑

【閉店】鴻巣市Amuninni(アムニンニ)のフォエグラ....^^ 





両親の第2の娘である、AUSSIE (オージー)のレネエちゃんがいよいよ
3月いっぱいで、オーストラリアに帰国ということで、レネエちゃんのリクエスト。
(前回のお食事の記事はこちら


「フォエグラが食べたい~♥♥♥」


IMG_am0010.jpg




AUSSIE のレネエちゃんは「フォエグラ」と言います(^o^)


IMG_am0003.jpg




ということで、実家と仲良しのイタリアンレストラン、
鴻巣市のAmuninni(アムニンニ)さんへ....


埼玉のこのあたり、地元の方なのかな?海外で料理修行後、実家の土地でレストランを開業!
というケースか?田園の中のおいしい一軒家レストランが何件かあるんです。
しかも美味しい!!


アムニンニのオーナーシェフはシチリアで修行とのこと。


IMG_am0001.jpg



お出迎えしてくれるのは、メッシーナ時代の柳沢選手(現京都サンガ)のミニユニフォーム達


IMG_0am005.jpg



えー今日のゲストはレネエのニューヨークのお友だち、ジェイミーちゃん
ニューヨーカー、ジェイミーちゃん24歳 、AUSSIE のレネエちゃん24歳
日本娘Kyoko007ちゃん4じゅう....ウン......負けられないっっっ^^。


IMG_am0001_2.jpg



ハイネケンで乾杯後、アミューズはパルミジャーノのピスケット。これファンです。


IMG_am0008.jpg



最初のワインは軽めの白で...



チーズの盛り合わせ


IMG_00am01_1.jpg



いつもしつこくチーズの名前を聞いてメモをとっているので、今回は


IMG_0am07.jpg



シェフがメモにしてもってきてくださいました。興味のある方は、ポップアップ
してくださいね。私は白カビタイプのベルエトワールっていう軽めのチーズが好き
あとはゴルゴンゾーラのピカンテは大好物。


IMG_0am009.jpg



Pizzaはマルゲリータ。こちらのPizzaは薄い生地のローマタイプ。生地の小麦の味、
チーズの味がしっかりしていてホントにおいし~~。ヴオーノ♥



IMG_am0010.jpg



レネエが食べたかった。っていうか私も食べたかったフォアグラは今日は大きいの
がないと言うことで、小さめの物を一皿ずつサービス。取り合いになりません。
ちょっと甘めのバルサミコソース。 


IMG_fo0002_1.jpg



むはっ~ん♥おいしい。


IMG_00am13.jpg



母の大好物。パルミジャーノのリゾット。





パルミジャーノの塊の中のMIXING画像は動画でどうぞ!!
イケメンのシェフもご登場~~!


そして、次のワインはシェフのお勧めの赤。


IMG_amu001.jpg



この赤ワインはとてもおいしかった~。今後はちゃんとワインも勉強しよう!!
では、今日はこの辺で...


リゾットはメニューにはないので、あらかじめ予約してくださいね!
今回は、全てアラカルトで構成していますが、コースも良いです。


IMG_00am01.jpg




気になる夜のコース料理のメニューはこちら、一品料理が美味しいので
パスタのみでなく、メインのたべられるコースがお勧めです。
(お値段等ポップアップしてみてください)



次回はこだわりのパスタとメインのお料理です。



●Amuninni(アムニンニ)  HP    
   埼玉県鴻巣市天神3丁目681-1  048-542-0015(TEL・FAX兼用)


●応援が励みです。1日1クリックおねがいします♪にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ


22:04 | 埼玉・鴻巣市 | comments (16) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。