●ブラジル回想禄・最後のレストラン②

IMG_0012_20140730170352578.jpg


ブラジルでの最後のレストラン
Cantina Da Nana さんで何をたべようかな?



IMG_0021_20140730171406616.jpg


奥の炉にかけてあるのが、ブラジル料理
手前はアメリカ的料理

IMG_0020_20140730171337580.jpg

Moelaは砂肝の煮込み、フライドチキンはブラジル料理じゃないけど
ブラジルの鶏肉(フランゴ)はおいしよっ!
日本に出回っている安いブラジル産の鶏肉ちょっと残念だけどね....

IMG_0019_2014073017133503e.jpg

そして、そのおいしいフランゴ(鶏肉ね)で作られる
ブラジルの大人気家庭料理、チキンストロガノフ
このチキンストロガノフと、ラザニアがブラジル人は好きだよねー
チキンストロガノフは、ジェニーがホームステイでいたころによく作って
くれた思いでのお料理(画像
逆にブラジルに留学していた娘にとっても現地の大好きな味
家で「無性に食べたい!」といって再現してます(記事
チキンストロガノフは私たち母娘の思い出いっぱいのお料理

IMG_0016_20140730171310cfb.jpg

パスタやPizzaもあるのが、ブラジル料理に疲れた胃には
うれしかったりして...

IMG_0022_2014073017140822a.jpg

左から2番目の、クリチと鶏肉を混ぜたのに、上にポテトシューストリング
がかかった料理、これもブラジルで良く食べたわ


IMG_0004_20140730170233c03.jpg

シュハスコのコーナー
Cantina_Da_Nanaさんで一押しのお肉はなんといっても

ワニ肉 !

IMG_0023_201407301714117a6.jpg

ワイルドでボリュームのあるシュハスコをさっぱりいただくための
たっぷりのビネグレットソース

トマト・玉ねぎ・パプリカなどを細かく刻み、ビネガーとスパイスで合えた
ブラジルでは一般的なシュハスコのソース、簡単だしお肉の酸性を
アルカリに中和してくれそうなヘルシーなソースなので、日本でのBBQにも
おススメです


IMG_0006_2014073017030223f.jpg

こんもりお肉を持った、ブラジル食べ納めのシュハスコ
ほとんどが、ワニ肉です
癖がなくて、ちょっとチキンみたい、でももっと歯ごたえがあり
味わいも深いお肉でした

IMG_0007_201407301703033e2.jpg


ビネグレットも野菜もいっぱい


そして、もうおなじみ ミナス料理のどろどろデザート


IMG_0002_20140730170230aa3.jpg


少々食傷気味のどろどろデザートでしたが、
これで最後だとおもうとさみしい~


IMG_0009_20140730170306abc.jpg


この最後のコーヒーを飲んで....


ここから先の写真がないのです( ;∀;)
娘のPCにはあると思うのですが、数度のクラッシュを繰り返し
いっつもバックアップとっていない私、無くなってしまったよう....涙

その後キャンピングカーにお友達と乗り込み
空港への道すがら、スラムに住んでるラファエル君を娘は紹介してくれた
ラファエル君に会えるのは楽しみで、お土産の一つに大宮アルディージャの
オレンジ色のビブスを渡し

「うちのチーム(大宮)のエースもブラジル人の
            ラファエルって言うのよ」
(当時)


って言ったら


日本のサッカーなんて弱くてダメだよ


だって、ムハーー。憎たらしい~、ビブス返せ!
(↑このあたりサポーターなんで大人げない)と思ったんだけど


ほらね...


そういうおごりが、今回のWorld Cupの結果にも表れちゃってるわけ!!
おごっちゃいかんのよ!おごっちゃね。


って、4年たって思うわけです


そして涙のおわかれ


当時まだ9歳だった、ホストシスターのイザベラが
娘の首にしがみついて離れず.....
今もその光景は目に焼き付いています
周りももらい泣きしながら、イザベラを娘から離し、さようならをしました


今でも娘はイザベラやホストパパ・ママとFaceBookでつながっております
今はブラジルのアパレルメーカーに勤務する娘、ブラジルに仕事に行く日も
近いかなーー


以上、2014ブラジルWorld Cupがきっかけて書き始めた
ブラジル回想禄。長い間おつきあいいただき、ありがとうございました('◇')ゞ



■2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です


Cantina Da Nana Contagem




関連ランキング:ブラジル料理 | リオデジャネイロ








20:26 | ブラジル | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●ブラジル回想禄・最後のレストラン①




延ばし延ばしのブラジル回想禄を終わらせなければ....


ブラジルを発つ日、いつものように、
ホストママのポンジケージョの朝ごはんを食べ...


DSC08309_20140730172313e0f.jpg

(このフルーツいっぱいと、ポンジケージョの朝食とも
                お別れです。おいしかったなーー)


お見送りしてくださった友達なども一緒なので
今日はメルセデスのキャンピングカーで出かけました


IMG_0015_2014073017410323f.jpg


途中で立ち寄った、ホストパパの会社の事務所での一コマ


IMG_0013_20140730170353efb.jpg


この写真で注目してほしいのは、真ん中の背の高い女性
この方は、ブラジルでは「ムラータ」と呼ばれる
ブラジル現地人とポルトガル人のハーフから生まれた
種族というか人種というか...です
ブラジルといえばリオのカーニバルなど、カルナバルが有名ですが
あのカルナバルでの露出の多いハデハデなサンバダンス
伝統的にはムラータが踊るのだそうです。
この体型です!私の胸の高さに腰があるんです。
今でも、一流のクラブではその伝統を守って、ダンサーはムラタしか
採用しないそうなんです

映画アバターのネティエリみたいでしたよ!


imagesEVX2MCSN.jpg


というか、映画アバターを見たとき、モデルは
     ブラジルのムラータだなー、とすぐに思いました


芸術的なプロポーションですねーー。
ムラータさんたちが踊るサンバは、一度は観て損はない芸術でした


さて、横道にそれましたが...


IMG_0011_20140730170350597.jpg


ブラジル最後の食事をとったレストランは



Cantina Da Nana
           (トリップアドバイザー本店のページ飛びます)


ここには、3回ほど食事に来ているのですが、
ブラジルの地元の方がたのしむレストランです。観光客はいません。
そいう言うお店にいきたいものですよね。 


IMG_0010_2014073017030894a.jpg


入り口のイメージよりもずっと開放的な店内
ブラジル料理のレストランはほぼブッヘ形式....と何度も書いて
おりますが、当店は日本ではほとんど見られない

はかり売り のレストラン


IMG_0005_201407301702356c1.jpg


お姉さん美人~~! でも注目はお姉さんの前のはかり。
ここにブッヘで料理を盛ったお皿をのせて計量、その重さで金額が決まります


IMG_0003_201407301702325c2.jpg

Cantina Da Nana Contagem




関連ランキング:ブラジル料理 | リオデジャネイロ




さて何を食べようかな~♬


すごく長くなったので、続きます....


■2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です





17:24 | ブラジル | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●ブラジル回想禄・おわかれパーティ

BIMG_0015 (4)


約1年間のブラジル留学、ブラジルを立つ前日...
まずは通ったハイスクールを訪問し、クラスメイトや先生にごあいさつ



そして、夜は第3のホストファミリーが、
おわかれホームパーティを開いてくれました


牧場や精肉店を広く営んでいるSさんは、とてつもなくお金持ちで
ご自宅はミナスジェライス州でも有名な超高級住宅街
その超高級住宅街は全体が完全なセキュリティーで守られていて
入り口ゲートは厳戒なチェックがあります
なので、治安の悪いブラジルの中であっても、この敷地内であれば夕方ひとりで
ジョギングをしてもOK!だそう。
で、留学生にとって、この大金持ちの豪邸に暮らすことはあこがれなのか?
というと、そうでもないそうで、色々遊びたい輩には退屈で仕方ないのだとか.....。
なので、悪さをしそーなやんちゃな留学生ほどここに送られちゃうんだそうです。
あー、うちの娘がやんちゃ、というわけではありませんが...


夜訪問なので外観がわからないのですが、
車を停めて、ひろーーーいお庭を歩いてゆくと豪邸があるのですが
そこは通り越して、豪邸の裏の方へさらに歩いてゆくとそこには


BIMG_0015 (8)


なにやら離れのような建物があり、人々が集っています


BIMG_0015 (7)


すごい!離れのパーティールームというか、なんと!


BIMG_0015 (16)


ブラジルのBBQ シュラスコルーム なんですよ


すごーーい! 


BIMG_0015 (13)


しかも!庭にはこんな華やかなインコまでいる!



BIMG_0015 (10)


パーティルームはこんな感じでみなさん和やかに談笑されてます
中央にみえる小柄な女性がホストママで、娘の母である私をみつけると
にこやかに、お部屋を案内するといって全室案内してくれました


BIMG_0015 (3)


全然生活感のないリビング、こんなリビングが3つくらいありました
右上はお坊ちゃんの部屋ですが、3人いる子供たちのお部屋は
だいたいこの位のスペースでそれぞれのお部屋にシャワー&トイレット
があります。
右下はご夫妻のベッドルームにくっついてるトイレット



BIMG_0015 (6)

ひろーーいキッチンはもちろん素敵です
もちのろんでプールもあります
テレビを観る部屋とか、インターネットをやる部屋もあり
用途ごとに部屋がある感じでありました


ため息出っぱなしの豪邸をくまなく案内してもらった後は
いよいよ、ブラジルごはんのさよならパーティです


BIMG_0015 (9)


カクテルとパンのコーナー


BIMG_0015 (18)


ごはんとフェイジョン・トロペイロ のコーナー


BIMG_0015 (11)


可愛いオードブルのコーナー


BIMG_0015 (14)


これなんか、庶民のホームパーティでも真似できそう....な、楊枝ちゃん


BIMG_0015 (1)


ミナスチーズとドライトマトがたっぷりのサラダ


で....

BIMG_0015 (15)


で、先ほど窯でがんがん焼かれたシュラスコが、
がんがんサーブされます。なにしろお肉屋さんだしね...


BIMG_0015 (17)

どろどろ系ブラジルの煮込み料理も、オシャれにサーブされてました


BIMG_0015 (5)


デザートのチョコレートケーキ


BIMG_0015 (12)


ホストママやお友達と記念のショットを沢山撮り
おわかれパーティの夜は更けて... ホストファミリーとお別れするときは
涙もありました.... 超お金持ちでかつあったかーいファミリーにお世話になり
幸せになブラジル最後の生活をすごしたことに感謝し私も深ーくお礼の気持ち
をお伝えしました


パーティがお開きになり、第1ホストファミリーのお家に帰り
翌日はいよいよ日本に帰る日です


●2010ブラジル訪問の記事はすべてこちらです

そして娘が高校2年時に体験した「国際ロータリー青少年交換プログラム」
こちらが詳しいです 


00:16 | ブラジル | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●ブラジル回想録・Mさん宅にて和食のおもてなし




娘がブラジル留学中、現地での相談役(カウンセラー)として
大変お世話になったMさん

日系ブラジル女性人で日本語も堪能
        &とってもセレブなかわいらしい方でした


そろそろ日本食が恋しい頃でしょうから、我が家に来てね~♬


とお招きいただきました


IMG_0001_20140713060847558.jpg


ミナスジェライス州ベロオリゾンチの中心街の閑静なマンションがご自宅


IMG_0010_20140713060925bde.jpg


エントランスもアーティスティックです


IMG_0008_20140713060922390.jpg


広ーいリビングは白を基調としたモダンな雰囲気


IMG_0007_20140713060920f5d.jpg


バルコニーからはベロオリゾンチの街並みが見渡せます


IMG_0003_20140713060850d50.jpg


用意していただいたランチのメインは、日本人にはおなじみの うどん!
どろどろミナス料理を堪能しすぎて、まさに日本食が恋しくなっていた私たち
にはホスピタリティを感じる「おもてなし」でした
娘が留学中、Mさんを頼りにしていたのも納得!


上の写真のテーブルの上にお醤油が見えますが
九州のサクラ印のもの、ちょっと甘めのこのお醤油が、
ベロオリゾンチの和食では定番でした


IMG_0006_20140713060919427.jpg


天ぷら&うどん がメインのランチ


和食に飢えて、見た目にも痩せ始めていた父は、ほぼ涙目....(笑)


IMG_0005_201407130608535c8.jpg


この チコリの前菜の盛り付けがとてもきれい!
10代とおもわれるブラジル人の
住み込みのメイドさんが用意してくれたものです


卓上の食材を自分でアレンジした


IMG_0011_20140713060954ac1.jpg


豪華なぶっかけうどん 


ブラジルで海老天や大葉天がいただけるなんて、感激だな


IMG_0013_201407130609578f2.jpg


ピンボケですが、ごはんとお味噌汁も用意してくださいました


IMG_0009_20140713060923655.jpg


そしてデザートはフルーツ


心のこもったおもてなしに感謝感激の Mさん宅ランチでした


この時の印象的なやりとりをひとつ.....


Mさんは、ブラジルでの娘(Qoo)のことを沢山ほめてくださったのですが
その会話の中で


Qooは週末には積極的にビンボーニン(貧乏人)の
      子供たちにオリガミを教えてくれました



ビンボーニン(貧乏人)とはスラム街に住んでいる貧しい人々を指しているのですが、
日本では滅多に使わない「ビンボーニン」という言葉を連発されていて驚きました。

Mさんは日本語が上手ですが、日本滞在経験はないので
「ビンボーニン」というストレートな言葉の使い方をされたのですが
貧富の差の大きなブラジルならではの、一幕でありました


IMG_0012_20140713060955ba0.jp<br />g


Mさん宅でのショット
日本からブラジルにわたったお母さんも大変お元気でした


娘が高校時代に体験したブラジル留学のシステムは
【国際ロータリー青少年交換プログラム】です。
私たち家族が体験した大変お勧めの留学プログラムです。
このブラジル回想録の最後には当交換留学プログラムについても、
もっと触れたいなーとおもいますが
興味のあるかたはまずは こちら から......


*************************************************

ブラジルWorld Cupが終わっちゃって、さみしいなーー
なんて言ってるヒマはなく、Jリーグが再開します。
週末はNack5スタジアムに行くぞ!
ブラジル回想禄もあと2話の予定なので、どうぞお付き合いを.....


■2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です


06:11 | ブラジル | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●ブラジル回想録・カッサーシャ

IMG_0001_2014071205595281f.jpg


ブラジルで良く口にしたのはSKOLのBeerと共に..

こちら、カッサーシャで作るカイビリーニャ

カッサーシャはサトウキビからつくられる蒸留酒
こちらもミナスジェライスが産地だと、改めて知りました

お店でも良く飲みましたが、
滞在させていただいたご家庭のキッチンで
グラスにライムをいれて砂糖をまぶして
氷を投入、カッサーシャをつぶして
カシャカシャとシェイクして作ってもらった
カイビリーニャがおいしかったなー

口当たりが良いのですが、
強いお酒で...そのせいか画像がなくて
ブラジルのお酒のサイトからお借りしました


●いつもコメントありがとうございます。レスは必ず!
 本日はコメ欄しつれいします


05:59 | ブラジル | trackbacks (0) | edit | page top↑

●ブラジル回想録・動物園の帰りの牧場レストラン




ある日のベロオリゾンチ...


IMG_0001_201407110041141a0.jpg


動物園&水族館に行きました


IMG_0004_20140711004118dfe.jpg


のどか~♬

大きな施設でした。おなじみの動物たちでしたが
動物はおなじでも広大な敷地内の植物が全然ちがうのです
でも、前回PCのクラッシュで画像が無くしちゃいました( ;∀;)


帰りは郊外のレストランでランチ


IMG_0005_20140711004119acd.jpg

残念ながら店名が解らないのですが、
こちらも広い土地に建つのどかなレストランでした

店内も広いですし、平日でお客さんは少なかったのですが
調理する一角は大変活気がありました


IMG_0009_20140711004152c8a.jpg


を焼いております


IMG_0012_20140711004236f9c.jpg

で調理しております 
感動するなーー、この光景


こちらももちろんブッヘ形式で好きなものをチョイス


IMG_0011_20140711004156c64.jpg


この頃にはミナス料理も大分慣れてきて、
    盛り付けたお皿ははいつもこんな感じでした


どっかんお肉料理・生野菜・ケールやオクラなどの温野菜
ライス・フェイジョンなどの豆の煮込み
当店のお肉は実においしいかった


お肉も沢山いただきますが、野菜もその分沢山

IMG_0008_2014071100415197d.jpg


ブレブレごめんなさいですが、野菜とフルーツはどこの
レストランも充実していました


IMG_0007_20140711004149491.jpg


こちらはデザートコーナ―。
わきのほうに、例のドロドロ・デザートのボールが確認できますが
ここのところ記事を書くために調べて分かったのですが
手前にある二つの四角い塊
ゴイアバ(グアバ)のジャムというより羊羹状に固めたものと
ケイジョ・ミナス(ミナスチーズ)が見えます
この二つをお皿にもりつけ一緒にいただくのがミナス料理の代表的な
デザートで、その名も

Romeo e Julieta [ホメウ イ ジュリエッタ]
ロミオとジュリエット 


と、言うのだそうです

たぶん、ホストパパは私の前でロミオとジュリエットを食べて 
ムゥイント・ボンと言ったのだと思うのですが、写真がなくて残念。

こちら に、私が検索した「ロミオとジュリエット」の画像が沢山あるので見てください


ロミオとジュリエットを知らなかった私は


IMG_0013_20140711004237cb1.jpg


こんな練乳プリン系デザートやら


IMG_0014_2014071100423943e.jpg


ライム系デザートいただきました

甘いです、とにかく甘い!
交換留学で日本にやってきたジェシカが、日本のケーキを
食べて「味がない」と言ったのも納得の甘さです(笑)


食後は.....


IMG_0016_20140711004240ed5.jpg


気持ちの良い、庭(牧場?)をお散歩..
いい腹ごなしです


が..


IMG_0018_201407110043070ec.jpg


あら?さっき食べたフランゴ・コン・キアボのにわとり?


IMG_0019.jpg


たらふく食べたシュハスコ牛さん?


IMG_0017.jpg

さらに沢山いただいた、ぶたさん??

食後に遭遇すると、ちょっとショッキング、人懐こいんですもん

清潔な環境で大事に育てられています
お肉料理がおいしいわけです。こんなに丹精込めて
育てられているのだもの...


この頃(2010年)ちょうど、乳がんの治療が終ったばかりで
食事に関しても、肉食をすべきか悩んだ末に肉食再開していた頃で
【お肉を食べる = 動物の命をいただく 】
ということに真面目に向き合っていた頃でもあるので....


IMG_0020_20140711004310638.jpg


なんともつややかで、すべすべのぶたさんのお尻に..


ありがとう おいしいお肉でした
  本当にありがとうございました
 と


祈らずにはいられない気持ちになった事を、今でもよく覚えています


そして忘れちゃいけないことだよね



00:51 | ブラジル | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●ブラジル回想録・オウロ プレット「Casa dos Contos」でミナス料理

オウロプレット (8)

ミナス州滞在中、特に印象深かったのは
ミネイロンスタジアムでのブラジルリーグのサッカー観戦と

世界遺産 Ouro Preto(オウロ プレット)です


オウロプレット(Ouro Preto)は、石畳と坂、そしてバロック建築の教会がつくりだす美しい風景のある街です。1897年にベロオリゾンテに移されるまでミナスジェライス州の州都でした。ここに17世紀に金の鉱山が発見され、オウロプレットを中心にいくつもの街が誕生しました。しかし、金の枯渇とともに街の賑わいは失われました。時間が止まったかのように往年の町並みが現存し、1980年に世界遺産に登録されました。
All about より

娘が住んでいたミナス州コンタージェンから車をひた走り 100km超え
こんな山の奥に何があるのだろうか?と少々心配になる頃、
突然街並みが広がり、オウトプレットのランドマーク的広場に到着します


オウロプレット (1)
                                   wikiからお借りした画像



驚きました!こんな山の奥深く標高の高いところに
ヨーロッパを思わせるような街並みと建造物がいくつもいくつも
建っているのです..


オウロプレット (2)


ブラジルのミケランジェロといわれる彫刻家アレイジャジーニョの手による
サン・フランシスコ・ヂ・アシス教会を代表とするバロック様式の建造物は
ミナス・バロックといわれるそうです


200px-SFrancisOuroPreto-CCBY.jpg


写真撮影は出来ませんでしたが、中も大変絢爛豪華!
ゴールドラッシュといわれる時代そのものでした


オウロプレット (24)


山地の街だけあって、すべて坂道


オウロプレット (26)


趣があります


さて、ひとしきりオウロプレット見学をしたら、おなかペコペコ
ここで現地でも人気のレストラン


Casa dos Contos 

            トリップアドバイザーのレビュー記事に飛びます


に入りました


オウロプレット (4)


店内は洞窟っぽい....というか「金鉱」っぽい雰囲気です


オウロプレット (5)


金鉱っぽさを演出しているわけではなく、実際かなり古い歴史のある建物よう..


オウロプレット (6)

さて、全くなじみのなかった ミナス料理

ミナス州滞在中、5.6軒のミナス料理のお店に行きましたが
私のミナス料理のイメージは...

どろどろ..

なにやら、「どろどろ」した食べ物がお鍋やボールに入っていて
それをブッヘ形式で、自分の好きなように盛っていただく
って感じかな? とにかく、みんな「どろどろ」なんです

オウロプレット (7)


良い感じでしょ。興奮します。
みんな「どろどろ」ですよ


オウロプレット (14)

好きなものを...といわれても、味の想像がつかないんで
ちょっと難儀でなのです


私が知っている、ブラジル料理や食材は
フェイジョン・フェイジョアーダ・パステウ・コッシ―ニャ
フランゴ....くらいのなので

わかりやすそうなお鍋から料理を選びました
上の写真は、どうやら豚肉の煮込み


オウロプレット (12)

フェイジョアーダです


オウロプレット (9)


こちらも有名なミナス料理

Frango com quiabo (フランゴ・コン・キアボ)

鶏肉とオクラの煮込み料理


オウロプレット (11)

これはなじみのあるジャガイモをピュレ状に煮込んだ

オウロプレット (10)


ピュレ・デ・バタータ


これらに、写真がないのですが
フレッシュな野菜類がたっぷりのコーナーがあり
好きなお料理を自分のお皿に盛っていただきます


オウロプレット (16)

一皿目は、Frango com quiabo (フランゴ・コン・キアボ)を中心に...
パプリカや玉ねぎ、ズッキーニなどを細かく刻んでつくるさっぱりとした
酸っぱいビネグレットソースが右上にみえます


オウロプレット (17)


二皿目は豚肉の煮込み中心にライスも
ライスはオイルと一緒に似たもので、日本のごはんと全く別物であり
インドのものともちょっとちがった味わいです


オウロプレット (18)


三皿目は覚えてませんが、目玉焼き食べてます



オウロプレット (15)


そして デザートのコーナーです
固形のフルーツも見受けられますが、フルーツジャムと
ブラジル人が大好きなコンデンスミルク系ドロドロが沢山並んでいます

残念ながらお皿に盛った料理がないのですが
この、いろんな甘いどろどろを、くだんのミナスチーズと一緒に食べるのが

超 ムィント ボン ❤

なのだそうです...

で、肝心のおいしいかったかどうか?ですが
煮込み料理は、内臓に加え、血で煮込んだものが多く
灰汁をとる習慣もないのかなー?といった点、私にはワイルドすぎました
でもミナス料理はとてもおいしい、というのが一般的な評価なので
機会があったら是非ミナス料理を食べてみてください
ほんとに煮込みドロドロオンリーって感じなので、ここに
シュハスコ的焼いた肉料理が加わった、準ミナス料理のようなお店のほうが
食べやすかったです、そんなお店はまた後ほど


正直、ブラジルは遠い、そして、内陸部ど真ん中のオウロプレットは
さらに遠い..... また、再び訪れることはあるかなー?


オウロプレット (20)


と思いながら歩いた、オウロプレットの街並みを
今一度掲載させてください

オウロプレット (21)


広場近くの市場



オウロプレット (22)


この建物とブーゲンビレアは
ポルトガルのオビドスにそっくりです ルーツだからね


オウロプレット (23)


足元には沢山咲いていたポリゴナム 日本名はヒメツルソバです
私の好きな花、オウロプレットで観れるなんて...



オウロプレット (31)

ちょっと残念な小雨の降る日でしたが、時折晴れ間が


オウロプレット (32)

オウロプレットはかつてはミナス州の首都でしたが
ゴールドラッシュの時、オウロプレットを中心に多くの街が存在しました
ここから沢山の街並みが見えました


オウロプレット (28)


いつか、また訪れたい.....


●Restauranto Casa dos Contos HP


Casa dos Contos




関連ランキング:ブラジル料理 | リオデジャネイロ




*************************************************

World Cupはネイマールの骨折が判明し、ブラジル窮地ではありますが
ネイマールのあの、けが後のコメントにただただ、感動....
準決勝は明日水曜早朝!ブラジルがんばれーー!


■2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です


00:28 | ブラジル | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●ブラジル回想録・コンタージェン「Pizzaria Bianca 」のPizza

IMG_0008_20140706063858011.jpg


ブラジル備忘録、一軒目のレストランは軽めのピゼリア
娘がお世話になったミナスジェライス州・コンタージェンにある


Pizzaria Bianca (ピゼリア・ビアンカ)さん


地元の人が気軽にPizzaを食べるお店


IMG_0007_20140706063857812.jpg


宅配もやってます


IMG_0001_5_201407060638163f5.jpg


PizzaといったらBeer!
        なつかしいSKOL BEER

Beerの奥の美少女は、ホストシスターのイザベラ


IMG_0002_1_2014070606381788f.jpg


テーブルにはオリーブオイル って前置き長いんですが...


IMG_0003_20140706063819158.jpg


チーズまみれのフライドポテト

おいしいものは脂肪と糖で出来ている。ってCMを思い出しますねー
2010年当時はあのCMのような、ダイエット系のお茶はなかったなー


IMG_0005_20140706063854aeb.jpg


そして Pizza!

ブラジルのPizza、 具が多い~♪...(*´з`)

ブラジルのPizzが具が多いのか
この店のPizzaが特別具が多いのか

Pizzaを食べてる感があまりなかった
Pizza生地の存在がないのよ・・

IMG_0006_201407060638550a1.jpg


ベーコン・ベーコン・ベーコン・オニオン!
べーコン・ベーコン・ベーコン・パプリカ!
って感じですが、
最後に ミナスチーズが載っかってるのが
いかにもミナス州のPizzaですね

白い塊が、ミナス州名物のミナスチーズ

くせのない、軽めのしろいナチュラルチーズ、
ブラジルのモッツァレラチーズって感じかな??
ミナスの人はこれが、もうーー大好きで、
ホストパパはいつもデザートにミナスチーズを一緒に口に放り込んで

ムィント・ ボン!! (最高おいしい)

って言っていたのがなつかしい

●ミナスジェライス州コンタージェン Pizzaria Bianca 
 トリップアドバイザー紹介ページは こちら 


Pizzaria Bianca




関連ランキング:ピザ | リオデジャネイロ





*************************************************
ブラジルWorld Cupは、ネイマールの怪我が残念すぎるよねーー。
監督も苦言を呈してましたが、ノーファール?? 
ネイマールのマークのきつさは尋常じゃなかったのでしょう
アルゼンチンが順当に勝利し、私は今、コスタリカ対オランダ戦
を見ながらブログ書いてます。延長戦、すごい試合です




07:06 | ブラジル | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●ブラジル回想録1「ミネイロン・スタジアム」のフェイジョン・トロペイロ

CIMG3737_20140704001949451.jpg


ブラジル・World Cupもベスト8が出揃いました
残念ながら日本にとっては苦い苦いブラジルワールドカップと
なってしまいましたが.....

1次リーグ敗退が決まる以前も以後も、報道のされ方が極端で
私は、マスコミ報道にちょっとうんざり。
4年後に向けてこれからも応援しましょう。

日本は負けてしまったけれど、やはりWorld Cupのサッカーは
すばらしく楽しみはつきません。
応援していた我が国とガーナが1次リーグで敗退してしまったので
ブラジルを応援するよーー!


IMG_0001_20140705221011c79.jpg
                            (期待でいっぱだった開幕戦)


で、、ちょっとにんまりしたことがあるのですが
4年前に観戦したミナスジェライス州のミネイロンスタジアム
スタジアムごはんが、今、ブラジルワールドカップの会場で人気なんですって
                  (ヤフーニュースの記事はこちら


これ、ほんとにおいしくて、私4年前のブログの記事ですごくおいしいって
書いているのです
でも、料理名がわからなかったのですが、
今回、ワールドカップのおかげで、改めて料理名が解った次第です

フェイジョン・トロペイロ

という、ミナス州の郷土料理でした(記事はこちら
汁気がなくなるまで煮たフェイジョン(豆。この地方ではうす茶色のムラチーニョ種が多いという)に、トヘズモ(カリカリに揚げた豚皮)やトウモロコシ粉かアングー(練ったトウモロコシ粉)を混ぜたもの。がごはんにかかっています。


_h353_w628_m6_ofalse_lfalse.jpg
4年前よりきれいになったミネイロンスタジアム


この味を日本で再現するのはむつかしく
思わず遠いブラジルに思いをはせてしまったーー

というわけで、ブラジルワールドカップの期間中
ワールドカップ観戦ごはんや、書ききれなかったブラジル備忘録を
書いてみたいなーと思っています


■2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です


00:41 | ブラジル | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

●ブラジル・ミナス州「OKA DO MILHO」のポン・ジ・ケージョ

CIMG3656.jpg



いきなりブラジル....


だって、カメラ新調したこの人も、
痩せの大食いおっさんのこの人も、
新しいオーブンレンジがうらやましいこの人
みんなポン・デ・ケージョの記事をかいているんですもん
なんか、なつかしくなっちゃってねーー




CIMG3660.jpg




このお店コーン専門のランショーネなんだそう...




CIMG3658.jpg



ポン・ジ・ケージョでかっ!!

でもってこのコーンのジュースは、砂糖入りつめたいコーンポタージュスープってかんじで
なじまなかったなぁ~




CIMG3661.jpg




やたら大きいけど、中身はやっぱりポンデケージョ
ブラジルのポンちゃんはだいたい、日本で売ってる3倍くらいチーズが入ってると思われます^^





DSC08309_20110113225949.jpg


毎朝焼いてもらっていた、マリアのポン・ジ・ケージョ..♥
レシピ、メールするね!って言ってくれたのですけど、いまだに
来ておりません^^  (過去記事



というわけで、仕事がつまっておりコメ残せず心苦しいですが
みんなのブログは楽しく拝見しております



今日は..



P1090163.jpg



この記事を書こうとおもったのに、途中で消してしまっってめげたワタシでした



この、はげしくおいしそうな物体はなんでしょう~?


おたのしみに...


■2010ブラジル旅行記は、すべて こちら です



OKA DO MILHO




関連ランキング:ブラジル料理 | リオデジャネイロ







23:02 | ブラジル | comments (19) | trackbacks (0) | edit | page top↑